スポンサーサイト

  • 2007.04.08 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


マスゴミがもたらした堀内巨人の低迷 〜前編〜

初めに言っておきますが、僕は堀内恒雄・巨人前監督は名将だとは全く思っておりません。いくら評価したくても代走元木とかやるからな
しかし、彼一人のせいで低迷したとも思いません。

2004〜2005年の巨人低迷の原因はいろいろありますが、
僕はその一つに、マスゴミの情報操作を挙げます。
采配干渉とも言うべき発言の数々。堀内はかなりやりづらかったと思います。
それをここで、僕の解る範囲で取り上げたいと思います。





<2004年>

「青天の霹靂」との言葉を残して就任した堀内。長年巨人というチームを「いちや報いる」という名言を残した解説者の立場で見てきた彼の主な方針は以下のとおり。

・清原、ペタジーニを一塁で競争させる
・先発ローテーションを5人で回す
・守備を作ってから打線を作る
・采配では動かない
・3時間を切るゲームをしたい


ということ。
親会社も日テレ系のマスゴミも、1年目は黙って彼の采配を見届ければよかったのですが、やはりこの業界には足を引っ張る方が多かったようで。
まず清原・ぺタについて。「清原使え」と噴出したのが開幕してからですが、開幕前にはおかしな解説者が「ぺタレフト・清原ファーストで何が悪いのか」などとのたまっていたのが印象に残っています。「守備を作ってから〜」という堀内のコメントはもう忘れたのでしょうか、それとも聞いていないのでしょうか。
そして「先発を5人で回す」というとおり、先発の一層の強化を図る堀内ですが、「抑えってそんなに重要なのかな」などと発言してしまったことにより、これまたマスゴミは騒ぎ出す羽目に。もちろん堀内にも非はあるのですが、「抑えを確立しろ」と毎日のように煽る解説・キャスターには「先発を強化する」という理念が全く伝わっていないのか、早くも不安に駆られた記憶があります。

そしてチームは6月一時首位に立つのですが、その時は清原の2000本安打カウントダウンもあり、「一塁で競争」の方針は脆くも崩れ去っていた時期でもありました。マスゴミの唱える清原偏重は凄まじいもので、「清原出場によってチームは求心力が付く」「清原が打つことによりチームは盛り上がる」などと吐き気がしそうな発言を連発し、堀内を動かしていました。

しかし結局清原は骨折、チームも6月下旬に中日に首位を譲ると2度と浮上できませんでした。
ペナントも終盤になると、毎年恒例となる「巨人V逸の原因」といった類の発言も酷かった。「特に前半なぜあれほど河原にこだわったのか」「求心力のある清原が使われないのが痛かった」といったコメントで、まるで堀内が全て悪いとでも言っているかのようです。河原は一時期1軍で投げ打たれましたが、抑え固定といったほどの起用ではありませんでしたし、清原に至っては些細なことで故障する方が悪い。むしろ「抑えを、抑えを…」と煽って、先発要員の久保・木佐貫を抑えに回すなど堀内の采配を狂わせたのはマスゴミのせいでは無いでしょうか。

オフになると、巨人はペタジーニを解雇。球団までもが清原の温室となっている中で、堀内は起死回生の策を出します。

・清水をファーストにコンバートさせる
・高橋、二岡、小久保を中心にスピード野球を展開する


1年間指揮を取って、「守備を作ってから〜」という理念の障害と感じた存在は、紛れも無く清原ローズでした。ですから、センターの守備が怠慢なローズをレフトに固定し、肩が弱い清水をファーストに回すことで守備を強化する事が狙いでした。しかしこれがスポーツ紙に掲載されるや否や、ほとんどの解説者・全国の清原ファン(あえて巨人ファンとは言わん)にダメ出しを喰らい、計画は頓挫してしまいました。
まあこの瞬間、僕は巨人の05年優勝は無くなったと確信したのですが、案の定この後のキャンプでは、「清原vs堀内」関連の報道が何度もされることになったのです。もはや巨人はチーム一丸となって戦うことは不可能でした。

読売新聞に余す所なくツッコむ

あと4時間もしたら朝刊が配られてくる時間帯にこういう事を書く僕自身もどうかと思いますが、
それでも書かずにはいられない。

何がというと、金曜の読売新聞・朝刊の17〜19面に載ってある。
「頂点を極めろ GO!GO!ジャイアンツ」という激励ともいえる特集ページ。

そこに載ってあった、宮本氏(元巨人)と陣内氏(日テレ)の対談がツッコミ所満載なので、この場でぶった斬っていきたいと思います。
まんま転載スマソ




宮本「(チームの雰囲気について)原監督は、組織の力をとても重んじます。個々がプレーするのではなく、チーム全体で戦うことを目指しています。つまり、選手各人が自らの役目を果たすつなぎの野球です。「みんなで勝とう!」と、チーム一丸となれたことが開幕ダッシュにつながったのでしょう。」


>ほう、小久保の役目もバントですか?
 ポイントゲッターに必死になってバントのサイン出す采配を躊躇なく褒められるって凄いですね。



陣内「正直言って、今年はチームの雰囲気が今まで以上に明るいと、現場で取材していても強く感じています。」


>アンタらが堀内が監督の時暗い雰囲気で報道してたからね。


宮本「原監督は若い選手をドンドン起用するでしょう。僕らOBもビックリしますが、1軍に上げた選手をドーンと即スタメンで使う。これはすごいことだと思います。2軍で調子を上げたところで、緊張する間もなく試合に出るから、若い彼らも結果を残せる。第1次原監督時代で、日本一になった時と同じやり方ですよ。」


>最近は小関ら途中入団組に取って代わられてますが?
 つうか高みからチーム見渡せるOBなら、もっと自由な発想持った方いいんじゃないのか?例えば開幕前に巨人の全選手の事知っておくとかさ。いちいち自分が予想も出来なかった事にビックリしているよりはずっといい



陣内「若い選手の、やる気がとてもよく伝わってきます。『チャンスがある』と思うと自然にノッていけるんですね。若手選手が活躍するとベテランも、うかうかしていられない、だから、よりチームが活性化されるのだと思います。今年のジャイアンツの野球は新鮮に感じますね。」


>だからそれが通常の新陳代謝なんだよ。
 新鮮に感じるのは今まで足りないポジションは全て外注で済ませてきたからなんだよ。その名残が今も少なからず残っているチームの体質に不満は感じてないのか?



宮本「(新戦力について)開幕から李承火華に4番を任せていますよね。原監督は、精神面、肉体面の両方で強い打者を軸にしたかったんだと思います。見事な決断ですね。」


>「WBCはルールがおかしい」と何遍も嫌らしく言って来る輩が精神的に強いといえるのか問いたいですね。
 外国人頼みの影で松井に続く和製大砲の育成考えてるかどうかの方が重要課題なんですけど?



陣内「でも心配なのは、選手の故障。私も多くのファンも気にしています。」
宮本「今は我慢の時ですね。でも少し見る角度を変えれば、チームはピンチでもそれは若手にとってのチャンスになる。彼らには、このチャンスをぜひモノにしてほしいと思います。」


>小関・木村・古城・實松らトレード組がはびこっている状況で「若手のチャンス」といっても説得力ねぇよ


陣内「原監督が開幕直後から若手選手を起用してきたことで、このピンチにも耐えられているのですね。」


>つうか、ぜんぜん耐えられてねぇぇぇぇぇぇぇ!!


宮本「あと新戦力でいえば、先発のパウエルと抑えの豊田の存在は大きい。特に豊田の加入で中継ぎ陣の負担も減って『勝利の方程式』が出来上がった。バランスの良い、全員野球が出来る編成になったと思います。」


>実際には林と久保の負担増えまくってるんだけどね
 全員野球とかいって2人以外のリリーフ頼りないから負け試合でも駆り出される場面目立ってるのによくそんな台詞吐けるな



宮本「(今後の戦況について)熱い戦いが続くでしょう。今戦列を離れているベテラン選手が、これから戻ってくる。最後は阪神とのマッチレースになるのでは……と予想します。全員野球が出来る今年の巨人なら、そこも勝ち抜ける!


>セには巨人と阪神しか存在しないと思い込んでいる発言出たー!!
 

陣内「小坂選手が加入したことで今年は仁志選手の出場機会が減っているじゃないですか。でも、そんな仁志選手が、チームの勝利のためにと必死になってベンチを盛り上げ、出場した時にはガッツあふれるプレーを見せてくれています。そんな様子を見ると優勝を期待せずには、いられませんね!」



>あなたの中では、「淡白=ガッツ」何でしょうかぜひ教えてください
 仁志と原の不仲説が出回ってるのにお気楽もいい所だ




その利益はいったい何処に行くの?

昨日の新聞のテレビ欄を見たら、
日本テレビの「スポんちゅ」「画期的野球改革」などといった言葉があった。

どれどれ、と見ることにする。もちろんこの番組を見るのは初めてだ。
キャスターが長嶋一茂という時点で糞番組の予感がぷんぷん漂っているが、気にせずにコーナー開始を待った。



早速始まった。
要約すると↓の通り。




「ゆうボール開発!身近にキャッチボールを!」
「これで選手も人気者!ビックリマンチョコ・プロ野球版発売!」






ハイ2つ目は何をかいわんやですね。全然改革じゃねぇ
最初に取り上げたゆうボールの方は純粋にいい案だと思ったのに、これで台無しにしている感あり。

しかしこの2つ、売り上げた利益は何処に行くのだろう。
まあ普通に考えれば日本野球機構だと思うが、その後きちんと12球団に分配してくれるのだろうか。

うがった見方をすれば、日テレ=巨人ということで、2つとも巨人が発案したものだから利益も全部巨人独り占めということになったり…そして昨日の内容は単なる宣伝、と…
というのは流石に考えすぎか。

他局でもこの2つの情報はやるのだろうか。
だとしたら、僕の見方は取り越し苦労なのが濃厚になるのだが。