スポンサーサイト

  • 2007.04.08 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


自由気ままに語る・8

現段階でオリックスに在籍している、
ある意味馬鹿といえる約2名についてはあえて多くは語りませぬ。



まあ中村の故障のケア云々に対しては、
僕としてはその気持ちは解らなくもない。
オリックスはその辺に費用かけてなさそうだし何せ92年の長谷川から05年の加藤菊地原大久保までオーバーホールに金掛けた事なかったらしいからな


だがそういう事は代理人抜きで語れと。
中村だけでなく故障者が続発した昨年だから、
これは中村だけでなくオリックス選手皆の問題として捉えろと。

代理人に自分の要求だけ伝えて後は任せる、という方式が、
どうしても自分の事だけしか考えていないように写る。





とりあえず別館を更新。
もうすぐエキサイトベースボールのHPが来季バージョンになるとあって気合でやった。(どうでもいい)
とりあえずオリックス・川越投手に何か菓子折りを送ってあげたい気分である(逝け)

先日見事に消えた代打データについては、
市販の2007年度ベースボールレコードブックに先を越されたので断念…

自由気ままに語る・7

光速の異名を持ち重力を自在に操る高貴なる女騎士などという、
13作目の某国民的RPGの主人公のキャッチフレーズに、
T豚Sを語る際と同質の笑いがこみ上げて来るのを抑えるのに一苦労である(逝け)






まあそんな事はどうでもいいので、
年も明けたということでプロフィール欄を改造する事にします。



どれぐらいの方が僕の下らんプロフィールを見て下さっているのか解りませんが、
気を遣ったのが「好きな選手」を書く際。

12球団5人ずつ必ず挙げるという制約を設けたからああなったのですが、
何故そんな制約を設けたか。


12球団すべて好きという野球ファンの方は少数だと思います。
僕もそうでは無いです。

こうした状態で「好きな選手」を挙げるとなると、
どうしても好きな球団に人数が偏ってしまいがちになると思います。

そんな事を考えながら、
こうして独りよがりの制約を創った訳であります。

知識が少ない、あるいは嫌いな球団の選手は中々挙がりづらいものですし、
5人並べるのも一苦労。
逆に好きな球団であっても、数多くいる好きな選手の中から、
特に厳選して5人を選ぶという思考を働かせなければならないので、
中々趣深いものでした。(どうでもいい)



挙げた60人の中で引退・移籍したのは3人だけ。
だけど改造するにあたって、この内容も大幅に変更したいと思います。
名前が外れても好意度が下がったという訳ではないです。





以上、どうでもいい報告でした。
しばらくは別館を利用してデータ系の充実を図りたいと思います。

自由気ままに語る・6

先日神動画を見てどうしてもスーパーマリオ64がやりたくなったので、
実家に放置してあったニンテンドー64を引きずり出して、
家族が寝静まった夜中にプレーしまくった。




つうか15分クリアーなんて常人じゃ出来ない。

そんな事もあって120枚スターを目指してのプレーだったが、
久々という事もあって、モタモタとしか進まず。
2時間経過しても、120の半分も集まらないスター。
動画のような幅跳び連発→速攻クリアーなんて、
勇気がなくてとてもじゃないが出来なかった。
結論:凡人は凡人なりにゲームを楽しめばいい(マジ逝け)





やっぱ実家はいいよね。
「劣化した」と言いつつもちゃっかり紅白見ている母親とそんな母にスペランカー多村伝説なんぞ語るオレはアレだけど、
心が安らぐというか。



なんて気分になりながらも普段通りにネットサーフする僕であるが、
それでもこんな時期にこんなニュースが入ってくるのを見て、
心の中でこの国に対して絶望するのであった。(はいはい)






という訳で来年も相変わらず普段着で、
このヘナチョコブログを運営して参ります。(どうでもいい)

自由気ままに語る・5

ついに奴隷制度ともいえる法案が可決する見通しになってしまった。
来年から働く身とあってはこれだけで欝になるのに十分な要素である。
もちろん、残業代ゼロ案の事である。


「働いたら負け」というニートの思想が、
現実化しつつあるのではと思わされる近頃の政府には、
働く者全てに関わってくる問題とあって、
T豚Sと違って笑って済ませられるものではない。



年末という事もあって、
野球以外の事例にも色々口を出したくなる僕は自分でもどうかしていると感じるが、
近年の「モノ」は、どの方面を見ても、
デフレスパイラルに陥っているかのような錯覚があるのは気のせいか。


ビジュアル重視ですぐに続編タイトルを出したがるゲーム会社。

「マスゴミ受け」する選手だけが受け入れられるスポーツ界。

既成のシナリオばかりとなったTVドラマ。

ニヤニヤして愛想振り撒くだけの女性タレント。

ネタはそっちのけでキャラで売ろうとするお笑い芸人。

「萌え」という単一の嗜好しかできなくなったおたく。

バレないからと平気でゲーム音楽や野球応援歌などからパクって曲を作る歌手。





と、僕の狭い守備範囲の脳で精一杯の事象を挙げてみたが(氏ね)、
中日・落合博満監督「日本一を狙えるのは今年が最後のチャンス」というコメントを思い出しながら、
年越しすることとなりそうである。(何でも落合かよ)
あ上記の事はもちろん全てに当てはまる訳ではないですので気分害されたとしたら紀藤真琴に申し訳ない(帰りますよ)











つうかこれは本当に人間がプレーしているものなのでしょうか(逝け)

自由気ままに語る・4

西武ライオンズフロント携帯電話事件。
近年の苦しい興行面故、金額の事についてはとりわけ語る気は無い。

だがこれをやってしまったら社会的に恥ずかしい、という事を簡単にやってしまう。
阪神フロントあくび事件には信憑性が薄いと思って触れなかったが、
フロントの人間性も年々低下しているのか、と思うと情けなくなる。




携帯電話の普及でコミュニケーションが便利になったものの、
反面人の気持ちを理解できる能力が落ちている。
赤田の心には自分が目の前に居て交渉しているというのに、
蔑ろにされたという思いが一生残っていってしまうだろう。



スポニチの記事では、
「交渉担当者は携帯をマナーモードに切り替えることを忘れずに…」
と冗談交じりで占められていたが、
交渉の場でなくてもマナーに気遣う場面はいくらでもある。

何時受信するか分からないのだから、
いくら呼びかけがあっても守る事が出来ない場合が多い。
そして通話したら「目の前のものに注意がいかなくなる」。
その位の事を理解していたかどうかフロントに問い詰めたいし、
少なくとも赤田はそれを理解出来ていた。



交渉の場では「人の心を傷つける」で済むが、
体を傷つけてしまう可能性も否定できない運転中という立場にまで持ち込まれてしまったら、それは秩序の崩壊を意味する。
僕自身も歩行者という立場から良く携帯片手にハンドルを握る運転手を見かけるから、
もう崩れかけてやいないか。


赤田が「金額の問題じゃない」というのは、
フロント内のこうした秩序の崩壊を嘆いていたからではないだろうか。

自由気ままに語る・3

格ゲーオワタ\(^o^)/ 

















ついさっきまで、これを攻略するのに夢中で夜通し起きっ放しである。

犯人トリックも全然解らないから、
ググりまくってようやくエンディングにたどり着いた。(駄目じゃん)

本家とは違って、
「犯人名を入力する」だけでは駄目な所が難しすぎた。
その前の選択肢が完璧に合ってないと解けないとは…
これも本家に洗脳されていたから、
僕の頭の中に柔軟性が無くなっていたのだろう。(逝け)


クリアできずに犯人殺戮モードに突入した後はもう震える一方である。
中学時代に本家やった時の事を思い出してしまって、
自分は何てヘタレなのだと改めて実感したのであった。

自由気ままに語る・2

歩行者の方は気を付けましょう。



昼間でも交通量が少ない交差点しかも歩道狭くてでかいマンションによる死角があるにもかかわらず果敢に歩道縁石ショートカット折してくる軽トラックに(逝け)






いやああの瞬間は本当にビビッた。

横断歩道に達するのが後1秒早かったら、
某有名ネタレトロゲームみたいに「ざんねん!!わたしのじんせいはこれでおわってしまった!!」となってた事請け合いである。







火曜日の朝刊読売新聞・テレビ欄にあった広告で一目置く文章があった。
「ハンドメンドの喜び」(うろ覚え)







これを補強補強と騒いでいる某球団関係者に見てもらいたいと思ったのは僕だけではないはずだ(マジ逝け)
つうかその代表格はこの新聞が持っている自称球界の盟主球団だし

自由気ままに語る・1

いや別にシリーズ化でも何でも無いですただこれからこういった流れ記事があったときに備えて1を付けただけ(どうでもいい)





週間ベースボールの広島・のインタビュー記事を読んだ。

「目指すは東出と12球団1の二遊間」という目標を持ちつつ、
今頃更なる精進に励んでいることだろう。
巨人監督・原辰徳発祥の「ジャイアンツ愛」という言葉が、
原の指揮官としての変貌とともに形骸化しつつある印象なので、
一流選手の階段を上部まで駆け上がり、
東出との愛が万全に達した暁には、若者に向けて、
「梵英心と東出輝裕の『愛』講座」が開かれん事を切望している今日この頃(逝け)
ウィキペディアでも「定義が難しい」なんて書かれていることだし…




個人的には「愛」と「恋」とは別物だと思うのだ。
この区別が曖昧化しているから、
近年簡単に出会う割にはすぐ捨てる、という男女関係が増えていると思う。
だから愛を知らない者恋はまだ早い。

梵・東出にはそこら辺にメスを入れて欲しい、と言ったら期待しすぎだろうか(マジ逝け)






なんて事を思いながら、夕刊フジブログの、
江尻氏のON愛による支離滅裂記事を堪能して一日を終えるのだった。

代打選手のユニフォームはだいだい色、ナンチテ

[ー。ー]つ<<<;´w`)帰りますよ川相さん





そんなこんなで更新スピードが極端に減退している、
最近のこのへっぽこブログでありますが、
僕自身モチベーションが上がってこないという現実がありまして。
(それを勝手極まりないという)



というのも、先日こんな事を宣言した直後、
早速代打成績を纏めてアップしようとしたところ、






うっかりデータ消失してしまいましたとさ。




   . . .... ..: : :: :: ::: :::::: :::::::::::: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        Λ_Λ . . . .: : : ::: : :: ::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::
       /:彡ミ゛ヽ;)ー、 . . .: : : :::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i . .:: :.: ::: . :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/;;:   ヽ ヽ ::l . :. :. .:: : :: :: :::::::: : ::::::::::::::::::
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ ̄


11月頭から密かに始めていて、
とりあえず集計は終えて後は打率計算だけだったから、
何度も↑のAAが頭に浮かぶほどショックだった…(どうでもいい)


つうか何やってんだよオレ。
肝心のデータを大事な所で紛失するなんて、
コンピュータ技術者としての資質が全くもって欠けてるではないか。
こんなんでやっていけんのかよ…
日本野球以前に自分の将来を何とかしろよバカ。







覚えているもの・辻(M→Bs)の打率.500(確か24打数12安打)
何でこんな切り札を簡単にトレードさせるんだこのロッテは

T豚S(笑) 〜vol.2

下手にテレビ番組見るより、
光栄歴史シミュレーションゲームデモプレーを延々と見続ける方が面白いと感じてきた、
どんどん時代の先端から取り残される僕であります(どうでもいい)







まず私事で申し訳無いのだが(いやその為のブログだろ普通…)、
先日通販で生まれて初めて同人誌なるものを買ってみた。
とあるゲームキャラが題なのであるが、楽しませて頂いた。多謝。

ゲームといってもレトロゲームしかやらない僕は、
そちら方面での守備範囲は広島・嶋の外野守備並に狭い。
だからプレーヤーに対して媚売るようなキャラクターには嫌悪を抱くのかもしれないが、
やはり製作者側が無理にベタベタと設定を付けず、
良質のゲーム並びにキャラクターを作り上げるべきだ、と感じている。
今は製作者のオ○ニーというか自己満足に塗り固められるものが少なくないので







と、このヘナチョコブログらしからぬ話はこれ位にしておき、
タイトルの件。


最初は「T豚Sは早く横浜球団を売り払えよ」と、
割と軽めの話で済んでいたのだが、
今現在「マスゴミの毒だからT豚Sは放映免許失ってくれ」等と、
強く願うようになってしまった。



そんな思いでとある日、
ネットサーフを繰り返していると、
横浜球団絡みの件で信じられないものを見てしまった。
といっても数年前の事象なので乗り遅れは否めないが。













横浜・古木克明“安室ダンス”で失策減らす


横浜の古木克明外野手(23)が早ければ来春の沖縄・宜野湾キャンプで、
沖縄・アクターズスクールに入校することが14日、明らかになった。
プロ野球選手としては超異例の“ダンストレ”でリズム感を養い、守備難の克服を目指す。

発端は峰岸球団社長の一言だった。
「守備にはリズム感が必要。エラーが多い古木は、ダンスを習ってリズム感をつけるべき
今季は22本塁打を放ちながらリーグワーストの20失策を犯した若き大砲に、
驚きの“矯正計画”を提案した。

これに一役買おうというのが、
横浜のキャンプ地の沖縄・宜野湾市内にある沖縄・アクターズスクール。
過去に安室奈美恵、SPEEDらを輩出するなど、
歌やダンスを通じて人間性を磨くことを目標とする、全国屈指のアイドル養成所だ。

過去に、お笑い芸人が同校の短期レッスンを受けたことはあるが、
野球選手の入校は例がない。
「昔からラジオ体操についていくのがやっとだった」とダンス経験のない古木には、
小、中学生対象の初心者向けレッスンが用意される予定だ。

沖縄・宜野湾での秋季キャンプでは、守備面の強化に取り組んでいる。
今季は内、外野を兼任していたが、来季は外野一本でレギュラー獲りを狙う。
それだけに「はっきり言って踊るのは恥ずかしいけど、守備につながるのなら」と、
未知なる世界に興味津々の古木。
さらなる飛躍のため、プライドを捨てて踊りまくる。




( ゚д゚)

(つд⊂)ゴシゴシ

(;゚д゚)

(つд⊂)ゴシゴシ











(;゚ Д゚) え?






(ポルナレフがありのままに起こったことを話す〜より)


横浜を応援する前に言っておくッ!
おれは今T豚Sの姿勢をちょっとだけ体験した
い…いや…体験したというよりはまったく理解を超えていたのだが……

あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!

『古木が守備強化のため練習に取り組んだと
 思ったらいつのまにかダンスしていた』

な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
おれも何を見たのかわからなかった…

頭がどうにかなりそうだった…

地獄の特守だとか居残り練習だとか
そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ

もっと恐ろしいアイドル嗜好の片麟を味わったぜ…








あまりの事に固まったので、
以下、落合博満の名言で占めたいと思う。

「練習でできないことは試合でできない。また、練習でできるようになっても試合でできないこともある。試合でできるようになったらその質を高めていく。」