スポンサーサイト

  • 2007.04.08 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


今オフの編成をシミュレーションする 〜阪神タイガース

昨年の日本シリーズ大惨敗を引きずるかのごとく、中日に遅れをとっている今年。
ともにベテラン重視というチーム構成は変わらないが、中日はその後ろに森岡・平田ら大成長しそうな選手が控えており、危機的な割には将来性がある。しかし阪神には…
未だに星野仙一前監督(実質GMだったのだが)の遺産で戦っているに過ぎないから、今後も下り坂になることが予想される。果たしてこの閉塞感を打ち破る秘策は今のフロントにあるのだろうか。30億問題で頭を悩ませている場合ではないぞ。


・現在のチーム状況

昨年猛威を振るった猛虎打線、見事に今年は衰退した。昨年の打点王・今岡誠が極度の不振に落ち込んだ挙句に故障離脱したのは痛すぎるのだが、1番の赤星憲広、4番の金本知憲の成績後退、春先好調だった濱中治の停滞…というように、至る所で問題が発生している今の阪神打線。かといって小技・采配を駆使して点を取る工夫も見られないから、得点力が著しく衰退するのは当たり前だ。
スローイングはまだしも捕球面も打撃成績も衰えてきた矢野輝弘の後釜、大型内野手だがどこか頼りない鳥谷敬とコンビを組めるだけの内野手の後釜、というように、今ドラフトから積極的に改革を推し進めていかないと間に合わなくなる。否、もう既に間に合わなくなっている。
そんな頼りない野手により負担を強いられているのが投手陣。岡田彰布監督は開幕前「今季は先発陣に頑張ってももらわなアカン」などという事を語っていたが、それが出来ず今季も強力リリーフ陣頼み。そのおかげで、藤川球児・久保田智之・ウィリアムスの3人はいずれも手負いを抱えるハメになってしまった。先発陣も、昨年と代わらぬメンバーにせいぜいオクスプリングが加わるだけで、むしろ下柳剛の年齢的後退、杉山直久・安藤優也の不安定化が目立ち昨年より確実に退化している。
投手で問題なのは、野手と違って20歳代前半〜中盤の選手が数多く居るにも拘らず、一向に新戦力が現れて来ない事にある。せいぜい故障明けの金澤健人・太陽・中村泰広がチョロっと復帰するだけだから、チーム状態が上向かないのは必然とも思えてくる。
野手はベテランが若手の成長を阻んでると(百歩譲って好意的に)捉えれても、投手陣がこの有様では、結局首脳陣の若手抜擢に対する腰が重すぎると言われても仕方ないだろう。一にも二にも、首脳陣の意識改革が必要な球団である。


・戦力外選手

A=野口寿浩 片岡篤史 萱島大介 筒井壮 葛城育郎 町田公二郎 スペンサー 伊代野貴照 オクスプリング
B=(秀太・前田忠節) (上坂太一郎・石橋尚到) 藤原通 桧山進次郎 庄田隆弘 三東洋 ダーウィン

Aの中で疑問に思われるのは野口だと思うが、2番手捕手の役割も浅井良の存在の方が大きく、ファームにも岡崎太一・狩野恵輔が控えているので不必要だと思いAと予想した。他、萱島・伊代野もこのままチームに居ても出番は無さそうなので入れた。
こうしてみると、片岡・桧山のような「老害」的存在だけでなく、20歳代中盤だが、もう大きく成長する見込みの無い選手があまりにも多すぎやしないか。やはりチームの流動化を止めてしまうと、この年代の選手の質に深刻な影響を与えるのである。


・3年後の主力候補

阪神ファンは若手の抜擢候補としてよく喜田剛・林威助といった名前を挙げるが、年齢的には27歳と決して若手とはいえず、しかも守らせる場所が無いぐらい守備に難がある2人を強く推せる気にはどうしてもなれない。2人より4歳若い桜井広大もこのタイプで、毎年ファームでハイレベルな成績を残しても一向に抜擢されないのはこの辺りの理由による。
逆に守備力を取っ掛かりにして一軍を狙うのが、昨ドラフトで入団した前田大和と、楽天から交換トレード(牧野塁と)でやって来た坂克彦だ。打力が頼りないという一般の評価を覆すように、ファームで順調に成績を伸ばしている両名。どちらかがセカンドに定着すれば内野はとりあえず安泰だろうが…
赤星の後退で、センターを務められる外野の育成も急務になってきた。候補としては赤松真人だが、セカンド守備にも取り組むなどどうも回り道を余儀なくされている気がしてならない。
投手は昨ドラフトで入団した岩田稔・金村大裕・渡辺亮・鶴直人・若竹竜士の他、玉置隆・辻本賢人が本格派に成長する楽しみはあるが、広島みたいに素材が「荒削りな本格派」に偏っている印象が強く、彼らの未来は不透明。
何だかオーダー組む前から暗黒気配が漂っているが、3年後を考えると…

  野手              投手
1 赤星   中      先 井川     リ  藤川
2 坂    二         福原        久保田
3 鳥谷   遊        安藤        渡辺
4 濱中   右         杉山        金村
5 林    左         能見        太陽
6 関本   三        玉置        江草
7 桜井   一   
8 浅井   捕



・重点補強ポイント

・外野手(スラッガー・チャンスメーカー両方必要)
・スラッガータイプの内野手
・完成度の高い投手


野手は、内外野ともに総取替えという腹積もりでいかないとチームに新風をもたらすことは到底不可能だ。何せ24歳以下が内外野併せても6人だけ。
まず外野の話をすると、桧山・町田・葛城辺りが淘汰された後の人材確保に努めたい。高卒・即戦力どちらでもいいが、最低2人は新たな人材を獲得したい、それもスラッガー・チャンスメーカー両方。
内野は、とりあえず前田大・坂というチャンスメーカータイプは若手にも居るので、補強ポイントはスラッガータイプ。それも喜田・藤原ら大卒スラッガーが出番無く苦労していることを考えると、高卒の素材を獲得してじっくり育成したい。
投手では、阪神に不足しているのが完成度の高さ。特に下柳が大ベテランの域ながら未だに重宝されている点を見ても、一定の制球力・投球術を身につけた投手を獲得したい。
後は野口が本当にチームを去るのならば、穴埋めとして捕手を1〜2人ぐらい獲ることぐらいか。


・具体的なドラフト

まずは一番の整理ポイントである外野。高校生ならやはり第一候補は上田剛史(岡山)ということになるだろうが、スラッガーという観点で見るならば、ある程度打撃の柔らかさを持ち合せた中山慎一郎(兵庫)・大田翔平(島根)・木村直貴(福岡)辺り。走力が光るのが川頭了(長崎)。即戦力組は、社会人の池辺啓二(23歳)ぐらいの打撃力を持った選手が欲しい。
内野の高校生スラッガーに話を移せば、今年はショートにスラッガーの素材を持った選手が多い印象。球団が密着マークしている堂上直倫(愛知)しかり。こういったタイプはプロ入り後サードや外野にコンバートされることが多い。今の阪神にはショートに鳥谷がいるので、恐らく堂上はサードコンバートを視野に入れての獲得だろう。堂上を獲れなかった場合の候補としては、須田和也(茨城)・田澤航平(千葉)。スラッガーというより3拍子タイプだが、森亮介(福井)も好素材だ。
投手であるが、高校生では斉藤佑樹(東京)・前田健太(大阪)ぐらいしか見当たらず、完成度の高さを求めるならばやはり即戦力組からだろう。3年前に中日から強奪して阪神入団のため社会人に入った小嶋達也(20歳)は、どうも順調に成長曲線を描けずに今日に至っている。内海2世か そんな訳で彼も素材重視の人材。他、スカウトがチェックしているのが宮本賢(早稲田)で、これは賢明な選択。クセのある球筋が無いことが欠点だが、バランスが素晴らしい左腕。社会人では、筑川利希也(23歳)が球威も完成度も両立しており面白い存在だ。


・お薦めトレード

特になし。トレードは星野政権から始まりその後も散々行われているので、それが今日の基盤の脆弱ぶりに繋がっている可能性も否定できない。
よってしばらくはドラフトを中心に基盤を固めていくのが賢明だろう。

今オフの編成をシミュレーションする 〜千葉ロッテマリーンズ

2005年の覇者・千葉ロッテ。
思えばこの年のオフ、バレンタイン監督大リーグ復帰騒動が起こったことがケチの付き始めだった。
これに慌てたロッテフロント、3年契約出来高払い含め約15億円という契約を結び何とかロッテ残留にこぎつけたものの、今度は外国人の移籍騒動
一時はベニー以外全員自由契約扱いとなり、その隙を突くかのごとくオリックス・巨人が触手を伸ばす。フランコ・パスクチは残留したものの(パスクチに触手は伸びなかったが)、セラフィニはオリックスに、李承火華は巨人にそれぞれ好条件で移籍。
さらにはショート・小坂誠巨人に金銭トレードするというニュースが飛び込んできて、ああバレンタインとの契約がこれらの騒動を招いてしまった、と思わされた。
これゆえ、自慢のバレンタインの日替わりオーダーがまったく冴えずにこれまで戦っているロッテ。
果たして来期以降、優勝戦線に踏みとどまれるのか。


・現在のチーム状況

上記の主力3選手が抜け、ドラフト以外で新たに獲得した選手はバーン1人。
そのバーン、セラフィニと比べるとどうしても見劣りし、実際開幕から起用するも不安定な投球が続いている。その為シーズンが進んでから慌ててミラーを獲得、野手でもワトソンを獲得。ワトソンは何とか補填になったが、ミラーは背信投球ばかりで全く戦力にならなかったのが痛かった。バレンタインの外国人獲得術にも陰りが見えてきたようである。
チーム全体としては、完全なる打高投低。日替わりオーダーが冴えないのも、昨季30発打ったが抜けて貧弱になったからだろうし、西岡剛・今江敏晃の成長スピードが停滞し、共に3割をきっているのも要因。しかし最大の要因は、昨年好成績を挙げたボビーマジックの主役ともいえる面々が揃って成績を落としていることに他ならない。
堀幸一・サブロー・大塚明・橋本将・フランコといった選手だが、彼ら5人に共通している事は、皆30歳代なこと。つまり「今年だめなら来年は」という年齢でなく、これからの成績浮上が難しいのが辛いところ。
そんな中で新戦力はというと、大松尚逸・青野毅が台頭。打力だけなら来季以降チームの命運を握るといっても過言ではないが、お粗末なのが守備。大松はセンター、青野はセカンドを守ることが多いが、とてもじゃないが任せるのは不安。まあそれでも使っていかねばならないが…大松は肩も平凡だし将来的にはレフトだろう。
投手は割かし正常だが、それでも年齢構成がネックになりかけている特にリリーフ陣。神田義英が出て来なかったら…と思うと末恐ろしいが、それでも中心的存在が小林雅英・薮田安彦・藤田宗一の30歳代中盤に差し掛かっているトリオではいつ崩れるか解らないし、彼らのサポート役も高木晃次・小宮山悟と超ベテランの名前が並ぶ。
一方の先発には、21歳の成瀬善久が台頭したこともあり洋々。ここ数年で大量獲得した他の高校卒投手も順調に成長しており、とりあえずは無難といったところか。


・戦力外選手

A=林孝哉 垣内哲也 戸部浩 バーン ミラー
B=(寺本四郎・喜多隆志) 代田建紀 (フランコ・ワトソン) パスクチ (諸積兼司・井上純) 田中良平 (小宮山・高木)
注)()内はどちらか1人

整備したいのが外野である。35歳以上の選手がフランコ含め5人というのもさることながら、主力が左打ちに集中しすぎの感あり。逆に内野は数的に足りないので、あえて瑞季は入れなかった。
投手は昨年からメンバーが固まりつつあるので、徐々に新陳代謝して数年後に備える…そういったことをイメージして人選した。

・3年後の主力候補

野手なら断然大松青野であるが、今年の主力の衰退ぶりを見るに彼らに続く人材がもう2〜3人欲しい。
昨ドラフトのトップ指名(即戦力組)の根元俊一は、ファームでは文句なし。しかし1軍では全然通用していない。西岡とチャンスメーカー役を全うするにはもう少しバッティングを小さくしなければならない。同じくファームでは素晴らしい早坂圭介も、あと2年ぐらいが正念場。横浜からトレードで獲得した南竜介はまさに拾い物。竹原直隆が足踏み状態なので、キッカケさえつかめば一気の上昇は有り得る。捕手はまだ里崎智也が正捕手でいる可能性が高いが、2番手捕手を金澤岳・青松敬鎔が争う。
投手も、今季台頭した成瀬を筆頭に、先発は三島輝史・木興拓哉・古谷拓哉。リリーフは内竜也・浅間敬太・手嶌智・相原勝幸・川崎雄介辺りが候補となる。
以上のことから3年後の陣容を予想すると、次のようになる。

  野手              投手
1 西岡   遊      先 清水     リ  小林雅
2 根元   二        小林宏       薮田
3 青野   指        久保         内
4 外国人  右        成瀬        川崎
5 今江   三        古谷        神田
6 福浦   一        渡辺俊       相原
7 大松   左
8 サブロー 中
9 里崎   捕



・重点補強ポイント

・走・守に優れた外野手
・直ぐにリリーフが出来そうな実戦派投手
・ディフェンス重視の捕手
・スラッガータイプの一塁手


外野手はスラッガーの資質ある選手が多い反面、意外にも守備・走塁で魅せる選手が少ない。いやサブロー・大塚を除けば一人もいないと言って良く、当然ここが第一の補強ポイント。年齢的にも23歳以下の選手が皆無なので、高校生を交えて2〜3人獲得していきたいところ。
投手では、上記で名前を挙げた選手、特に高卒選手が順調に成長するとは限らないので、大卒・社会人ドラフトでは昨年同様、この辺りを埋めていくのがベストといえそうだ。特に左腕・変則モーションは歓迎されるだろう。
毎年捕手の絶対数が少ないのもこのチームの特徴。辻俊哉・田中雅彦は内野転向の勢いもあるので、補充は絶対にとはいわないが必要。金澤・青松に信憑性はまだ無いので、煽るためにも年齢の近い今年人材豊富な大学生捕手がベスト。
ファースト・福浦和也の後釜も欲しいところだ。当然スプレーヒッター・中距離タイプが候補となるが、西岡・今江・青野がこのタイプなので、スラッガーの方が好ましいと思う。

・具体的なドラフト

まず外野手という観点で見ていくと、高校生では、まず挙がるのが上田剛史(岡山)。走塁・守備もさることながらバッティングも非凡ゆえ、アスリートタイプ故の「一軍で全く打てず通用せずで終わる」ことは無さそう。石崎友也(愛媛)も特徴のある選手で、彼が打つと何故かチームが盛り上がるムードメーカー的存在は貴重だ。大学生では、既に一流の走塁力を持つ前田将希(早稲田)、走・守のバランスと巧打が特徴の野本圭(駒澤)辺りか。
次に即戦力投手。左腕では、大隣憲司(近畿)・金刃憲人(立命館)といった希望枠候補
が思い浮かぶが、既に数球団がマーク済みということであっては苦しいだろう。完成度の高さで選ぶなら、大卒=宮本賢(早稲田)、社会人=鈴木誠(21歳・もちろんマック鈴木じゃないよ)辺りか。右腕だが、サイドスローの西崎聡(23歳)も候補に上げたい。
大卒捕手が人材豊富、と書いたが、打力重視の面がある金澤・青松に打ち勝つには肩の強さを重視して選びたい。となると嶋基宏(国学院)・田中大輔(東洋)が第一候補か。
一塁スラッガー候補としては、個人的には「一塁と外野しか出来ないという男らしさのある」左投げ左打ちの選手に惹かれるものがある。精神的に強そうだし…という訳で武藤大将(岐阜)・早藤勇気(滋賀)をマーク。右投だが伊奈龍哉(滋賀)も視野に入れたい。

・お薦めトレード

加藤康介 ⇔ 西武・後藤武敏or阪神・喜田剛

スラッガータイプの新人は獲得してもそう簡単に成長しないものであり、空白期間を埋めるトレードは重要だ。
投手層が厚く、これから出番減が予想される加藤。クオリティ高い他投手の中、カーブ・チェンジアップに頼りきりでストレートにキレが無い彼の立場は苦しい。
彼を、投手の絶対数が不足気味の西武か左腕に餓えることが予想される阪神に放出し、代わりにスラッガータイプの野手を獲ろうという意図で理想を掲げてみた。

今オフの編成をシミュレーションする 〜説明

甲子園大会も終わり、
気が付いてみれば高校生ドラフトまであと一月…

もうすぐ各球団も戦力外リスト作るだろうし、
そろそろ始動するか…と作業開始。



でもとりあえずは、前回項目分けしたものの説明をば。


・現在のチーム状況

ここではチーム成績は二の次にして、選手の一軍での成績・年齢・生え抜きか否か、という観点でチームの状態をあぶりだしていく。

・戦力外選手

僕自身の独断な戦力外リストで、選手の年齢・一軍成績・ファーム成績を元にして判断
A=おそらく今シーズン限りでの解雇が濃厚な選手
B=編成上解雇した方がいいんじゃないか、と思われる選手
あくまで独断なので好きな選手が入っていても怒らないでね(逝け)

・3年後の主力候補

これも年齢・一二軍の成績を元にして判断
挙がった候補でスタメンを組んでみて、足りないところが補強ポイントとなるだろう

・重点補強ポイント

チームの年齢構成・投手野手の人数・選手の成績やタイプを元にして判断

・具体的なドラフト

主に重点補強ポイントに即しているアマチュア選手を挙げる

・お薦めトレード

球団によっては無いこともある




といったことで次回から、昨年の順位順にやっていきたいと思います

今オフの編成をシミュレーションする 〜導入部

トレード期間も終わったところで、
次にやってみたいと思っているのがこれ。



やはりファンという立場で外野から野球を見ている性分、
いろんな所に切り込んでモノを見たいという欲望が僕の中に満ち溢れております。(どうでもいいよ)

ということで、今オフに行われる各球団の選手再編成をば。
まずは導入部ということで、いくつかに項目分けをする段階。


・現在のチーム状況
・戦力外選手
・3年後の主力候補
・重点補強ポイント
・具体的なドラフト
・お薦めトレード



といった項目を取り上げていきます。



具体的なことは次から始めますが、
僕はアマチュア選手の情報は「野球小僧」という雑誌に頼っているので、8月号発売まで待ってください(駄目じゃん)