スポンサーサイト

  • 2007.04.08 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


巨大軍団攻略法? 〜24日 ソフトバンクvsオリックス

ついに2007年シーズン開幕である。(二度も言わんでいい)





ソフトバンクは昨年の沢村賞投手・斉藤和が登板。
常時150キロ前後のストレートに加え、
フォークボールも140キロオーバーと手が付けられない状態にまで進化した、
というのが昨シーズンの印象。


この日もその実力とネームバリューで相手にプレッシャーを与える。
相手投手・川越は何度も言うが昨年のゲームメイク率100%の投手。
だが斉藤和ほどの威圧感・体力が無く、
「自分のペースで試合を作る」という本来の持ち味が失われ、
「失点を抑えなければ勝てない」という思いが力みに繋がる。
結局8安打を浴び6回途中で降板した川越を尻目に、
まさに斉藤和のペースになるはずだった…



しかし15連勝した05年は、
キャンプ中の故障で出遅れ4月はわずか1試合の登板。
昨年も序盤は鳴りを潜めて尻上がり、というシーズンだったから、
今季はこの現象を改善しなければならないはずであったが、
改善できず。

それとも日本球界復帰のローズオリックスの4番に座ったことで、
川越が受けていたような「名前負け」をしてしまったのか、
本来のピッチングとは程遠く7回途中4失点。
4四球とコントロールが乱れ、濃厚と思われた開幕戦勝利を逃してしまった。



こうなるとオリックスのペースである。
今季のソフトバンクは確かに巨大戦力であるが、
「空母」にあたる存在の斉藤和を予想外の降板に陥らせた事で、
質は高いがセットアッパーが定かではないリリーフ陣を混乱に陥れた。

ラロッカ・ローズ・北川と並んだ、
ややもするとロートルで機能しないと思われたクリーンアップが爆発し、
9回に見事勝ち越し点を奪い勝利を手にした。


ソフトバンクとするとやや痛い負け。
セットアッパーの1番手である藤岡が打ち込まれての敗戦が、
彼を2年目のジンクスに嵌らせる結果とならなければ良いのだが。

花火乱発注意報 〜24日 西武vs楽天

ついに2007年シーズン開幕である。






開幕投手は、
2年連続となる西口と2年ぶりの岩隈。

両投手とも変化大きいスライダーが武器であるが、
球質が軽いという欠点も持ち併せている。

果たしてそんな両投手の持ち味が出尽くしたのか、
両チーム併せて5本塁打と大規模な花火大会となった。
草野のプロ初本塁打まで飛び出したのだから、
その凄まじさは推して知るべしだ(逝け)




西武は赤田、楽天はフェルナンデスと、
主力選手が一人ずつ欠けたこの試合。
影響が出たのは長打をフェルナンデスに依存する形となっていた楽天の方で、
39歳のベテラン・山崎武が4番という辺りが苦しさを象徴しているオーダー。
代役?の草野はよく打ったが、
打ち合いに勝つにはやはり主砲が居なければ…



昨年1試合も登板が無かった川岸・松本が早くも出番を貰えば、
ルーキー岩崎は初登板でホールドをマークした。
新たな人材が次々と排出される日本プロ野球、
今季も昨年に負けぬ熱さとなりそうな予感である。

センバツ開幕、まさに球春

街角のテレビでタイムリー打たれた佐藤だけ確認できた。


>ジャックさん

「野球小僧」4月号にコリンズのインタビューが載っていましたが、2塁打が欲しいなどといった趣旨のコメントがありました。まあ長距離打者が居ないチーム事情(居てもポンコツ)だけに、中距離の意識を持てという事なのでしょう。本塁打云々はおかしいですが、オープン戦でも長打を見せた由田・岡田の成長待ちで…という事で無理やり納得しています(逝け)。

清貧球団・広島ですら二岡を獲ろうとした際そういう噂が立っている程ですからね。唾付けや札束構成逆転劇などといったマネーゲームは昔の自由競争時代からそうでしたが、あの時は優秀な人材が少なかった。よって天才選手が現れればどんな手でも使って…という風になっていましたが現代では同じように獲得しても、本人の取り組み次第では全く戦力にならないケースも多い。前時代的ですね。
選手会側はこれを機に希望枠撤廃せよと紛糾していますが、どうしても臭いものに蓋をするように「ウェーバー制導入により過去の裏金は皆無かった事にしよう」という思想が見え隠れしているのではないか、と思ってしまうのがなんとも。膿を出そうと思うなら、選手会に属する現役選手達から進んで告白するのが筋ではないでしょうか。最もこれをやったら一気に野球人気は暴落するでしょうが。(見て見ぬフリをしてきたツケですね)


>ドナドナさん

クローザーがしっかりしているチームは確かに地力があります。しかし分業制が進んでも先発・セットアッパーに人を得ないチームはやはり苦しいと思います。巨人はというと、手段を選ばず獲得した選手を手薄なポジションにはめ込み、後は自分で何とかしろ、というような投手スタッフですから、先発→中継→抑えという一本のラインが見えてこない。久保も林も野間口も真田も、リリーフの際は「豊田にバトンを繋ごう」という意思が見えない。
豊田も昨年は前半好調で中盤以降につれて調子を落としましたが、それ以前に先発がゲームを作れない・リリーフが失点する、といった試合が続くにつれて調整登板の機会も失い…というシーズンでした。年齢的な面もあり盛り返すのは苦しく、仮に盛り返しても3年先も安泰…という訳にはいきません。だから西村や福田辺りを新しくクローザーとして成長させて欲しいと願っています。

自由気ままに語る・18

うおーっ!!
わたしは さけびごえを あげ しゅとけんの なかへ
ホップ ステップ ジャンプ・・・ かーるいす!!

わたしは こうしんするひまもなく ちからつきてしまった。











と某迷作名作アドベンチャーゲーム風に語った所でこんにちは。



住まいを札幌→埼玉へと移した影響で、
全く回線に繋げる暇が無かった今日この頃。
生活に慣れるまで非常に大変な毎日である。(当たり前)


とりあえず、ヤクルトの伊藤支配下登録されたそうですね。
心からおめでとうと言いたいと同時に、
本当の勝負はこれからだと声を掛けてあげたい。

一方世間を騒がせた中村紀も、
支配下登録された模様だがこちらはまあ当然だろう。
というか田中からホームラン打ってから急に打てなくなったな
心意気でこれからもバットを振ってもらいたい。

「焼肉おごれ」などと思ってているようでは成長しない

マスゴミの手にかかれば 松井秀>イチロー となるのだから不思議だ(どうでもいい)


>ジャックさん

落合は「1980年を境に選手の野球への取り組みが変わっていった」とも言ってましたね。一流になれても超一流にはなれない、と危惧されている現在の選手ですが、一昔前は中心選手はフル出場・エースはフル回転が当たり前という時代でしたから人々も現代の「分業制・役割分担」という流れを受け入れられないという側面もあるのでしょう。(僕も4〜5年ぐらい前まではそうでした)特にメディアの選手の取り上げ方を見ているとそんな感じがします。「思い出は大切に」という精神は確かに大切ですが、それで進化を止めてしまっては何もならない。そこら辺の両者のバランスを考える時かもしれません。
スカウトの注目の的となっている中田ですが、あれだけ投打の才能が素晴らしいと逆にどっちの道を進めばいいか解りかねてしまいます。本人は投手志望な今の所ですが、球団側が野手で、という事になったらどう折り合いをつけるのか。鬼才選手でもそういった壁が常に存在する辺り本当に野球は面白いと思いますが。

過去の登板内容はあまり芳しくなかったダルビッシュ、土曜は素晴らしかったですね。ムラの多さが気掛かりですが松坂にしても4年目まではそんな感じでしたから今後の成長曲線に期待して良いのではないでしょうか。

NPB's dreams 〜第2夢

いよいよパリーグ開幕に向けカウントダウン、という所まで来ました。


精力的な補強を重ね「最強」と評されるようになったソフトバンク。
その名に恥じない戦いぶりをシーズンも見せてくれるのかが第一の見所でしょう。
そのソフトバンクと昨年優勝を争った西武、彼らを退けて王者になった日ハム
戦力低下が揶揄されてますが、フロント主導のチーム編成で天下を取っただけに、
隆盛を維持し今季も優勝争いの輪に加わって欲しい。
05年の優勝から一転下位に沈んだロッテの巻き返し。
球団設立3年目でそろそろ結果が求められる楽天も大いに楽しみであり、
この所勢いの無いオリックスも新首脳陣で挑むだけに期待感が抱ける。
不肖ながら僕もこのペナントを予想させて頂いた訳ですが、
いざシーズンが始まってみれば何が起こるか解らない。
「野球は筋書きの無いドラマ」の通り想像も付かない展開となっていくのです。
05年のロッテ然り昨年の日ハムしかり、
開幕前低評価だったチーム一気に階段を駆け上がる、なんて事もザラであり、
そんな事が起こるからペナントは面白い。




さて先週はプロ野球OBはもっと野球界全体のことを考えろと、
北京五輪監督・星野仙一氏の例を取って述べてみました。
最も彼の問題は自分の功績(と勘違いしている事)を自慢したがるタイプであり、
散々現役選手に対して「私が育てた」なんて台詞を吐いていますが、
選手が成長していく最大の要素は、
選手自身のたゆまぬ努力に他ならないのです。

中日を代表するセカンド・荒木にしても、
「指に接着剤が付いているようだ」とまで語った悪送球癖を、
猛ノックを受ける事で修正できた本人の努力、
何より猛練習に耐えうることが出来たポテンシャルのおかげ。

阪神のリリーバー・ウィリアムスもそうです。
母国オーストラリアで付けた自信をメジャー挑戦で打ち砕かれ、
苦労を重ねた事で精神的にも強くなり、
必殺・鋭角スライダーを引っ提げて日本プロ野球に順応する事ができた。


だから事実かどうか判らない事象に対しても、
「私が育てた」なんて一喝しながら阪神SDとしてノホホンと過ごしておらず(具体的にどんな仕事をやっているのかは不明ですが僕にはそう見えます)、
フロントという立場で次代の日本代表監督となれるような人材を育てて欲しいのだけど、
そのためのロジックもあまり確立されていないですから難しいでしょうか。
(正直中日と阪神がデッドヒートを繰り広げていた昨年もこんなコメントを発せられると白けた気分になるというものです)


最もこれはOB云々というよりも
フロント、つまり背広組の意識に問題がある事だと思っていますよ。
ロジックを確立しようにもそもそも本業が野球でないのだから、
大抵のフロント組は基本的には仕事に対して無責任。
そしてその責任はほとんどが現場に向かっていってしまう。
当然監督も首の挿げ替えにより中々育ってこない。


選手獲得にしてもそうでしょう。
育てる手間が惜しいから一人の選手に1億という契約金を払ってでも、
即戦力となる選手をモノにしようとする。
選手育成はアマチュア界に依存して、
出来上がった者だけを獲ろうという姿勢は褒められたものではありません。
僕としては、成功するかどうか解らない選手に大金をはたくよりは、
トレーナーや練習設備の充実に当てた方が選手育成もはかどりますし、
ずっと安価でずっと効率的だと思うのですがどうでしょう。



なんて事を考えていたら、
先日寝耳に水なニュースが飛び込んできました。

西武球団がアマチュア選手に「栄養費」とやらを不当に渡していたそうじゃないですか。
これは西武球団は当然叩かれてしかるべき事件ですし、
対象となった早大野球部の清水選手の親「西武と契約したら契約金から返す約束だった」なんて責任逃れなコメントも頂けず、
先日のドラフトで入団拒否したもう一人の対象・木村選手もイメージ悪化は避けられない。


しかし僕が思うに、これも自前で選手を育てようとせず、
安易に有力選手を獲得しようとした果ての末路ですよこれは。

裏を含めた選手争奪戦、つまりマネーゲームですか。
こんなのは昔から散々言われてきた事であり、
その原因の一つとして、
「何としても○○が欲しい」という気持ちから次第に、
「他球団にだけは行って欲しくない」という気持ちに変わっていった挙句、
「唾付け」と呼ばれる金銭授与行為が行われる、といった事でしょうか。
それを緩和するべく実施されたドラフト制度も、
一応は機能していましたが江川事件などでその理念は薄まっていき、
そして93年の逆指名制度でボロボロになった。
赤字経営で苦しむ球団が多発しているというのに尚も、
多額の費用がかかる逆指名に向かうという矛盾を生み出してしまった。

04年後半に起こった、
現楽天・一場に対する栄養費授与にしてもそう。
楽天球団に入った事は僕自身も良かったと思っていますが、
3球団も疑惑があったにも拘らず、
結局はその3球団と同じく自由枠を経ての入団という事になったのですから。
「今回の事は丸く治めよう」という球界の空気を感じてしまいましたよ。
(一応僕としては自由枠の権利無し+契約金ゼロで入団が望ましかったと思っていますがそれは一場にとって厳しすぎるでしょう)


この球団の即戦力志向はどこかで悔い改めなければならないと思うんですよ。
前回も言いましたが、今の野球は全体のレベルが上がっている。
だからバリバリの即戦力候補でも、
いざプロでの勝負になったら一歩間違えれば全く活躍できない事もあるのです。
そうして球団にしてみれば契約金も水の泡となり、
また新たな即戦力選手の獲得に躍起となる。
そして即戦力となれない選手はすぐに切り捨てられ、
選手の「使い捨て」思考が強まっていく…となったら、
日本球界にとってかなりのマイナスです。


特に近年は有力選手がFA権を手にする時代であり、
1人でも多く穴埋めとして即戦力を確保したいと考える球団があるでしょう。

しかし現在アマチュア界の人材配給減の一つである社会人野球の衰退という要素もある。
クラブチームの成長独立リーグの形成など、
それを塞き止める動きが出ているのですがまだ足りない。
ですから「成長途上にあるが野球を続けられない」という人材が現れたら、
時には即戦力指向の気持ちを捨て、
積極的にそんな選手の受け皿役を担って貰いたい。




話はガラリと変わりますが、
昨年の高校生ドラフトで最初に入札を受けた選手。
田中をはじめ増渕、前田、大嶺、堂上の5人ですが、 ※1
今回のオープン戦でいずれも出番を貰っているのは嬉しい限りですよ。
この世代は決して田中・斎藤だけじゃないんです。

また単に「それだけ彼らの素材が優れている」というだけでもない。
「高卒選手は体作りが先」という意識を持たれがちなのがプロの世界ですが、
こうして先入観を打ち破ろうとしている首脳陣も素晴らしい事です。


開幕直前にして嫌なニュースが先行してしまった今季ですが、
こうしたわずかな変化から、
新たなドラマが作り上げられていく野球界。
開幕を楽しみに待つことにしましょう。





※1 大嶺は練習試合での登板だったが、OP戦の中止で急遽開催された試合ということで実質登板を果たしたと言って良いでしょう

個人的にはパ=岩崎、セ=金刃 と予想>新人王

昨年の梵には賛否両論が挙がったものの、
守備面での貢献度からすれば妥当でありましょう。(今更過ぎ)


>ジャックさん

有難う御座います。僕もかなり不真面目な学生生活を送っており、こうして回り道をする羽目になっていました。

田中の存在もあり、新人選手の頑張りが何かと注目されるこの時期。パは絶対新人王といわれていた大隣が出遅れており混沌とした状況ですね。東北福祉大の栄光を食い止め日米大学野球で快投と大学4年時は脂が乗っていた岸、プロの壁を打ち破らんと奮闘している現在ですが、この開幕前の経験がシーズンで生きれば新人王は目の前でしょうね。
巨人フロントのドラフト案についてはまあ機会があれば取り上げます。僕としても納得出来ないものだったので…

元気な2番手外野手 〜OP戦17日 ヤクルトvsソフトバンク

今季のオープン戦は、
レギュラーから一歩離れた立場の外野手が異様に元気な点が目立っている。


前述のオリックス・坂口しかり、
横浜・下窪や日ハム・金子洋糸井
阪神も赤松が溌剌としており、広島も内野手登録だが尾形が良い。



さてレギュラーと控えの差が激しくなった、
オフの補強でそんな陣容となっているソフトバンク。
上記の観点からすると、城所の好調ぶりが目をひく。
現在の打率は坂口さえも上回る5割ジャストで、
俊足・強肩ぶりも坂口と同タイプ。

埋め尽くされた感のあるソフトバンクのレギュラー陣で、
当然彼のような若手が路頭に迷う事を懸念していた僕であるが、
やはり新参者・多村が驚きの色を隠せなかったほど、
練習体制がしっかりしているチーム。
松中という見本となるチームリーダーもいるから、
それに続かんとする若手、という図式は揺るがない。
この日は外野コンバート挑戦中の江川も、
途中出場で2打数2長打で2打点を挙げる大活躍を魅せている。


話を城所に戻すと、
1〜3年目はファームでも打率2割〜2割5分台の間をウロウロするなど、
自慢のシュアなバッティングがなかなか生かせずにいた。

それでも昨年は一軍が貧打に泣いていた事からチャンスが巡り、
好走塁など果敢なプレーで存在をアピールした。
しかし打撃は三振率4割超えと対応力が身に付いていなかったのも事実であった。


前世紀はイチローという、
スーパーマンが健在だった日本球界の外野。
彼の後釜となれる存在は中々現れない。
実績だけを見ればヤクルトの青木が最も近いが、
イチローは足・肩・フィールディングも超一流。
青木の守備もかなりのものだが、手が届いてるとは言い難い。

城所や坂口は実績こそまだまだであるが、
備わっている潜在能力はかなりのものがあるだろう。
果たして「イチローの後継者」のレールに乗る事が出来るだろうか注目である。

スーパースター誕生へ 〜OP戦17日 ロッテvsオリックス

近鉄時代にスペシャルアドバイザーのラソーダ氏から、
「スーパースターになれる素質がある」と評された男が現在ノリに乗っている。

それは2002年ドラフト1巡目(外れだけど)の外野手・坂口であり、
テニス界でシャラポワがブームになると、
すかさず「彼女との結婚が目標」なんてぶちまけるひょうきんな性格でもある。



毎年ファームで好成績を挙げており、
一軍定着は時間の問題かと思われているものの、
少ないチャンスの中、打撃でなかなか結果が出ず一・二軍を往復している。

それでも昨年、
開幕戦で途中出場ながら盗塁を決めた時は出てくるかと思った。
だが森山にしてもそうだが、
中村負広前監督の空虚な巨砲主義が幅を利かせていたためか、
代走要員はほとんど価値観を置かれていなかった。

そんな思いを爆発させているのか、
このオープン戦は目下4割超えと絶好調。
コリンズ監督の目指す野球と合致したタイプなのも強みで、
本日も第2打席に3塁打を放つなど3安打した。
こうした勢いのある選手が1番に座ると相手にとっては怖い。



一方ロッテの核弾頭である、
TSUYOSHIは不振が続いており結果がなかなか出ていない。


登録名変更を機に名実ともにスターへと成り上がる、
そういった目論みが感じられた今オフ。
しかし楽天・ささやき戦術に対する舌禍からリズムを崩したのか、
波に乗れない試合が続くこのオープン戦。

確かに過去2年は連続盗塁王など輝かしいが、
その反面物足りなさも覗かせている。
ショート守備は水準以上だが、
前の小坂に比べるとどうしても見劣りする。
打撃もシュアでそこそこパンチもある反面、
球際の強さが無く際どいコースを攻められると脆かった。

スターの称号を得るには、盗塁王もそうだが、
最低でも3割・ベストナインを獲るぐらいの気持ちで挑んで貰いたい。
日本代表のチームメイトのソフトバンク・川崎という良いライバルもおり、
競争に打ち勝てば名実だけでなく精神的にも一回り成長を果たすだろう。

リリーフタイプに集中する新外国人

育成枠2人も含めて総勢5人、期待したい反面不安も大きい。
昨年のガルバのような「安い選手」を大量獲得して補おうという作戦は頷けるが…


>ジャックさん

浪人といえばヤクルト・城石ですね…という冗談はさておいて。
僕はこの度一般企業に就く訳ですが、年齢は数えで25とかなり遅いです(一場と同じ)。プロ野球団と同じく一般企業も即戦力の人材を求めているらしいので、高レベルを目指すためなら決して回り道では無いと思いますので、頑張って下さい。

平井と岡本。防御率は平井の方がかなり上ですが、無失点に抑えた試合という観点では岡本の方が上、という逆転現象が昨年は興味深かったです。平井の先発は03年途中からでしたよね。あの時はリリーフで助走をつけたという事で勢いをもってして好成績が出ましたが、翌年2年目のジンクスになるというのが未成熟という感じがしました。
6番手の先発は吉見だと思ってましたが、落合の構想通り長峰・佐藤亮のどちらかになりそうですね。