<< FA移籍について | main | 過去5年のドラフトを分析する 〜阪神 >>

スポンサーサイト

  • 2007.04.08 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


過去5年のドラフトを分析する 〜日本ハム

<指名人数> ※()内は逆指名人数
2004年=8人
2003年=6人(1人)
2002年=7人
2001年=7人(1人)
2000年=7人(2人)


<投手:野手>   <高校生:即戦力>
2004年=5:3    3:5
2003年=4:2    3:3
2002年=2:5    3:4
2001年=3:4    3:4
2000年=3:4    2:5


<上位2指名のバランス>
2004年=投手・バランス
2003年=投手・バランス
2002年=バランス・高校生
2001年=投手・即戦力
2000年=バランス・即戦力



注)糸井嘉男(03年自由)は投手に入れた


僕の尊敬する三原脩氏が初代社長・代表に就き誕生した球団。当初は大幅な血の入れ替えを敢行したこともあってか即戦力中心のドラフトだったが、初優勝(81年)+三原氏退陣を境にバランス型ドラフトへ移行し現在に至る。
よく言えばバランスが取れている反面、悪く言うと目立った点の無いドラフト。そんな指名が続いた。それも東京ドーム開設の88年以降からである。

81年以降優勝は無いが、93年=2位、96年=2位、98年=2位、00年=3位と最後まで優勝争いを繰り広げたシーズンがポツリポツリと存在している。これぞ「好指名だが、凄みが無い」ドラフトの結果である。

そんな球団が変わったのが、北海道移転を翌年に控えた03年ドラフト。2巡目で指名した須永英輝は、「巨人以外には行かない」という趣旨を西村健太郎(現巨人)と共に公然と言っていた選手。それをヒルマン監督の「この選手が欲しい!」という一言を受けて形振り構わず指名。ヒルマンの交渉術で見事モノにした。
01年は寺原隼人(現ソフトバンク)、02年は高井雄平(現ヤクルト)を回避していたのに、この意欲的な指名には震えた。
そして04年に1巡目指名したのがご存知ダルビッシュ有。球界再編の混乱と人気球団が即戦力にしか目が行かなかったことから、すんなりと入団させることが出来た。
昨年のドラフトも、ソフトバンクと競合の末野手で一番人気の陽中寿を獲得できた。この3年間はまさに意欲的だった日ハムフロント。

その成果を示すように、現在の戦力は充実期にある。野手の移籍選手の多さが気になる点ではあるが、森本稀哲(98年4巡目)・田中賢介(99年2巡目)の25歳コンビが1・2番に定着したので、若手は今後彼らに引きずられるように台頭してくるだろう。
その若手は、佐藤吉宏(01年4巡目)・尾崎匡哉(02年1巡目)・市川卓(04年5巡目)・鵜久森淳志(04年8巡目)・そして前述した陽。である。これでも引退宣言したSHINJO以外にベテランが多いことを考えればまだ足りないので、今後も高校生の逸材の指名に抜かりを無くさないで欲しい。


ベストの年を挙げれば、まだ結果は出ていないが04年だ。
やはりダルビッシュの指名は大きいが、彼が失敗した時の事を考えての即戦力投手4人の指名も評価できるし、高校卒スラッガーを2人獲れたのは万々歳。
3年後の日ハムを早く見てみたい、と血わき肉踊っている人間が此処にいる。

スポンサーサイト

  • 2007.04.08 Sunday
  • -
  • 01:36
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック