<< 影のヒーロー 〜7日 広島vs巨人 | main | FA移籍について >>

スポンサーサイト

  • 2007.04.08 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


過去5年のドラフトを分析する 〜中日

<指名人数> ※()内は逆指名人数
2004年=11人(1人)
2003年=7人
2002年=7人
2001年=7人
2000年=8人(1人)


<投手:野手>   <高校生:即戦力>
2004年=6:5    0:11
2003年=3:4    2:5
2002年=3:4    4:3
2001年=3:4    3:4
2000年=5:3    3:5


<上位2指名のバランス>
2004年=投手・即戦力
2003年=バランス×2
2002年=野手・高校生
2001年=野手・バランス
2000年=投手・バランス




星野仙一前々監督時以外のドラフトはフロントに熱意が感じられない、という印象だった過去の中日ドラフト。
今でも落合博満監督のファクターを受け、というよりは前面委任しているという感じなので、やっぱり熱意を感じることは出来ない。

星野第二期政権の97〜98年には、星野の意向が存分に反映された。
前年の最下位に危機感を覚えたのか、1位指名で川上憲伸(97年)・福留孝介(98年)という即戦力中の即戦力選手を獲得。トレードやFAで盛んに即戦力を求める星野ならではの指名に驚かされたが、それも99年の優勝を境に沈静化。1位指名も朝倉健太(99年)・中里篤史(00年)という高校卒選手に切り替わり将来に備えた。
それでも00年は小池秀郎・佐野重樹とトレード選手で失敗、01年はFA市場に入り川崎憲次郎を獲得したがこれも失敗し、星野は中日を去る。

山田久志前監督から落合就任1年目まではフロント主導でドラフトを行うのだが、この3年間がチグハグした物となってしまう。
01年は何を思ったのか、上位2人をキャッチャー(前田章宏・田上秀則=現ソフトバンク)で占めるという指名を敢行し失敗。廃部した河合楽器勢2人(4巡目・久本祐一、6巡目・山井大介)の緊急指名が出来なければ球史に残る失敗ドラフトだっただろう。
02年はコンセプトこそバランス型指名だが、1巡目の森岡良介がどうかという程度で他6人は全滅状態。
03年は筒井和也(現阪神)・小嶋達也(現大阪ガス・今ドラフトで阪神入団濃厚)を獲り逃す脆弱ぶりを発揮。

次々と失敗ドラフトを繰り返した所に現れたのが、04年優勝という勲章を引っ提げた落合である。
04年はそれまでのバランス型ドラフトとは常軌を逸した、11人全員即戦力という極端な指名を敢行。翌年も10人の指名(即戦力は6人)と、大量獲得を続ける落合。
当然退団選手も多く、70人枠のうち落合就任以降に入団した選手は40人を超えており、いかに落合が血の入れ替えを積極的に行ってきたかが解る。
恐らくは名古屋という土地柄、どうしても生え抜きに対する周囲の甘さがあったはずで、それを落合ならではの厳しさで変えようとしている、そう目に映った。

ただ03年までに指名された有望な高校卒選手が、04年以降の即戦力選手や移籍選手により過酷な状況となっている点は見逃せない。土谷鉄平(現楽天・00年5位)・仲澤忠厚(現ソフトバンク・00年7位)に至っては移籍後大幅に出番を増やしている。
1軍で結果を出している森岡は難を逃れそうだが、中川裕貴(03年1巡目)や堂上剛裕(03年6巡目)が放出されれば、それは中日=落合に乗っ取られたチームになった事を意味する。そうならないためにも、フロントは落合に依存せずチーム編成について思う事をぶつけて欲しい。


ベストなドラフト年、比較的フロントのミスが無い00年だろうか。(それでも洗平竜也のあのノーコンぶりに「スカウトはどこを見ているのか」と思った事は確かだが)
下位指名の岡本真也(4位)が主力にのし上がり、土谷(鉄平)も落合により解雇されたが、楽天での活躍を見る限り担当スカウトには見る目がある。
致命的な故障を負ってしまった中里が完全復活すればさらに秀逸なものになるだろう。

スポンサーサイト

  • 2007.04.08 Sunday
  • -
  • 23:39
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック