<< 過去5年のドラフトを分析する 〜横浜 | main | 岡田彰布暴言集 >>

スポンサーサイト

  • 2007.04.08 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


過去5年のドラフトを分析する 〜オリックス

<指名人数> ※()内は逆指名人数
2004年=4人(1人)
2003年=7人(1人)
2002年=7人(1人)
2001年=14人(2人)
2000年=9人(1人)


<投手:野手>   <高校生:即戦力>
2004年=3:1    0:4
2003年=4:3    2:5
2002年=3:4    2:5
2001年=5:9    1:13
2000年=4:5    3:6


<上位2指名のバランス>
2004年=投手・即戦力
2003年=投手・バランス
2002年=投手・即戦力
2001年=バランス・即戦力
2000年=投手・バランス



注)内海哲也(00年1位・現巨人)・開田博勝(00年5位)は入団拒否だが一応加えた


ここ8年間で3人もの入団拒否選手(上記2人以外は98年1位の新垣渚)がいる苦しいドラフト事情。
阪急時代から主力=即戦力選手の方程式が成り立ち、ここ最近でも印象の強い高校卒選手はイチロー(91年4位)ぐらいだろう。
そんな伝統があるから、00〜01年に行った「契約金ゼロでの選手獲得」でも主となったのは即戦力選手、しかも25歳以上の選手が多かった。しかし彼らは出来高金を手に入れた選手すら3人しか現れず全滅状態。この試みは完全に失敗だったのだが、もしも契約金ゼロ選手が全員高校卒だったらどうなっただろうか気になるところではある。

即戦力指向は行き着くところまで行っており、今更高校生主体に変化するなんてこともまずないだろう。この5年で指名された高校卒はわずか8人。1年当たり1.6人は異常な少なさであり、とりわけ01年の1:13が威圧的である。
即戦力中心でも、しっかりと根をはってモノになってくれれば阪急黄金時代のようになるだろうが、球団合併(04年・近鉄と)の影響もあってか退団選手が多い。
00年=6人(2人拒否)、01年=8人、02年=4人と半数以上の選手が引退か他球団に所属している。これでは「単なる数合わせ」と言われても仕方ないのではないか。

そんな中、この3年で辛うじて戦力となっている選手を挙げると、早川大輔(01年5巡目)・本柳和也(01年9巡目)・後藤光尊(01年10巡目)。
主戦力に成長したのが大久保勝信(00年2位)・平野恵一(01年自由)・加藤大輔(02年自由)。
3年間で合計6人はまあまあ合格と言えるが、何せイチローをはじめかつての主力選手がほとんど退団してしまっているのだからまだまだ足りない。それを補充するために大量に即戦力を獲得したのだと思うが、やはり方向性の見えない大量補強はほとんど意味を成さないのだ。

こんな状況ではベストのドラフト年を考えるのも煩わしいが、あえて挙げるなら03年か。
主戦力は一人も居ないが、退団選手が今のところ一人も居ない点を評価した。
柴田誠也(2巡目)・松村豊司(6巡目)が先発ローテーションに入ってこないと3年後は苦しいだろうが、まだ前年までと違って期待感がある。まあ淡い期待となると思うけど…

スポンサーサイト

  • 2007.04.08 Sunday
  • -
  • 04:05
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM