<< 自由気ままに語る・18 | main | 花火乱発注意報 〜24日 西武vs楽天 >>

スポンサーサイト

  • 2007.04.08 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


センバツ開幕、まさに球春

街角のテレビでタイムリー打たれた佐藤だけ確認できた。


>ジャックさん

「野球小僧」4月号にコリンズのインタビューが載っていましたが、2塁打が欲しいなどといった趣旨のコメントがありました。まあ長距離打者が居ないチーム事情(居てもポンコツ)だけに、中距離の意識を持てという事なのでしょう。本塁打云々はおかしいですが、オープン戦でも長打を見せた由田・岡田の成長待ちで…という事で無理やり納得しています(逝け)。

清貧球団・広島ですら二岡を獲ろうとした際そういう噂が立っている程ですからね。唾付けや札束構成逆転劇などといったマネーゲームは昔の自由競争時代からそうでしたが、あの時は優秀な人材が少なかった。よって天才選手が現れればどんな手でも使って…という風になっていましたが現代では同じように獲得しても、本人の取り組み次第では全く戦力にならないケースも多い。前時代的ですね。
選手会側はこれを機に希望枠撤廃せよと紛糾していますが、どうしても臭いものに蓋をするように「ウェーバー制導入により過去の裏金は皆無かった事にしよう」という思想が見え隠れしているのではないか、と思ってしまうのがなんとも。膿を出そうと思うなら、選手会に属する現役選手達から進んで告白するのが筋ではないでしょうか。最もこれをやったら一気に野球人気は暴落するでしょうが。(見て見ぬフリをしてきたツケですね)


>ドナドナさん

クローザーがしっかりしているチームは確かに地力があります。しかし分業制が進んでも先発・セットアッパーに人を得ないチームはやはり苦しいと思います。巨人はというと、手段を選ばず獲得した選手を手薄なポジションにはめ込み、後は自分で何とかしろ、というような投手スタッフですから、先発→中継→抑えという一本のラインが見えてこない。久保も林も野間口も真田も、リリーフの際は「豊田にバトンを繋ごう」という意思が見えない。
豊田も昨年は前半好調で中盤以降につれて調子を落としましたが、それ以前に先発がゲームを作れない・リリーフが失点する、といった試合が続くにつれて調整登板の機会も失い…というシーズンでした。年齢的な面もあり盛り返すのは苦しく、仮に盛り返しても3年先も安泰…という訳にはいきません。だから西村や福田辺りを新しくクローザーとして成長させて欲しいと願っています。

スポンサーサイト

  • 2007.04.08 Sunday
  • -
  • 21:44
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2007/03/23 11:01 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2007/05/11 1:48 PM
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM