<< 対照的なトップドラフト指名生 〜OP戦13日 ヤクルトvsオリックス | main | T豚S(笑) 〜vol.4 >>

スポンサーサイト

  • 2007.04.08 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


yahooで「星野 わしが育てた」で検索すると凄い事に(どうでもいい)

こんなネタが生まれるのは笑いたいけど笑えない…
つうかジェフにまで「私が育てた」なんて言っていいのかよ


>ジャックさん

星野仙一→欲しいの銭一 とはよく言ったものです(逝け) 僕もかなりの落合信者であります

僕は星野を一発勝負向きの監督と思っていますので、五輪を勝とうという意識で挑むのならば適した選択でしょう。しかし今はWBCが行われる時代であり、そもそも無理して勝とうとしなくていいのではという考えがどうしても離れないです。
メディアはやはり国民的スターと呼ばれるON(とくにN)の存在が忘れられないのでしょう。実力も凄いが、パフォーマンス性や記者への対応といった要素もほぼ完璧。しかし今はそれが両立できる選手が現れないので、メディア受けする選手に注目が偏っているのだと思います。
成績もそうですが、走塁・守備など一つ一つのプレーに一生懸命な選手を選んで欲しい。前回のWBCは「全力疾走の勝利」と言ってもいいぐらいイチローや川崎といった俊足選手が機能していましたから。故障がちな松中でさえも全力疾走します。だから五輪首脳陣も視察の際はそういった事に目を向けて欲しいのですがね…

スポンサーサイト

  • 2007.04.08 Sunday
  • -
  • 21:14
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM