<< 自由気ままに語る・16 | main | プロの舞台で執念・意地に燃える田中を見てみたい >>

スポンサーサイト

  • 2007.04.08 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


NPB's dreams 〜第1夢

ご存知のように、この所毎日のようにオープン戦が開催されております。
主力組はシーズン中に万全のパフォーマンスが出来る様試行錯誤し、
控えだった選手はレギュラーを勝ち取らんと、
二軍暮らしの長い選手は何とか上に定着せんとばかり結果に貪欲です。


この時期の注目選手、という点は普段の日記で散々書いているので詳しく触れません。
まだ主力選手がフルスロットルといきづらい時期ですが、
今季は果たしてどんなペナントになるのだろうか、
各選手の奮闘を見ているとそんな気持ちにさせてくれます。



しかし上の方はどうもそんな熱いペナントに興味があるかどうか不明なのが、
この世界の歪な所というべきでしょうか。
よくナベツネこと渡辺恒雄・巨人会長など背広組の事が取り沙汰されますが、
それはある意味仕方ない事でしょう。
会社の事業が本業である方が多いから、長期的視野が無くてもまあ諦めがつきます。

最近は野球OBにもそんな事を考えているのでは、と考えさせらる人が現れます。
つまりは結果重視で、簡単に名誉に飛びつかんとする。
「何のための」名誉なのかはこの際問題としません。


現在それが顕著なのが次回オリンピックへの準備でしょうね。
2008年開催される北京五輪、
その指揮を執るのは言わずと知れた星野仙一氏なのですが、
何でもその星野氏が、
早大・斎藤佑樹プレ五輪出場を呼びかけたらしいじゃないですか。


確かに昨年の甲子園大会で一躍有名になった斎藤ですが、
まだ大学1年で実績の何も無い投手でもあります。
六大学リーグで通用するかどうか分からない段階で、
こうして声を掛ける事自体おかしいじゃありませんか。

プレ五輪は8月という事でまだ先ですが、
春季リーグは斎藤にとって初めての大学野球、
どれだけ通用するのかはまだ誰にも解りません。、
気持ちを焦らせて故障、という最悪のパターンになったらどう責任を取るのでしょう。
将来の大エースとなれる素材が、
上の都合で潰れたりしたらたまったもんじゃありません。


早大の応武監督はその事を十分理解し、
しっかりと斎藤に助走させてやりたいと考えたからこそ、
斎藤を派遣リストに加えなかったのでしょう。

それなのに星野氏は憤慨し、
「自分のところさえ良ければいいという考えでは、野球界は盛り上がらん」
と一喝しました。
自分の事しか考えていないのはどっちなんでしょうね。
話題先行で選考していると疑ってみたくもなります。
金メダル獲得という名誉を野球界にもたらす為、
さらにそれをメディアを通じて日本全国に知らしめる為に、
人材配給源となるアマチュア球界を踏み躙るのでは本末転倒です。


仕舞には応武監督に対する人格批判ですよ。
先日とある講演会で観客に向かって、
「彼はプロに入りたくて入れなかった人間らしいし(プロ側に)ひがんでいるんじゃないかと思ってしまう」だと。

仮にもスターである斎藤の事を考えての行動をとっただけで、
ここまで言われなければならないとしたらアマチュア野球の監督は辛いですよ。


それに選手選考のための視察は結構な事ですが、
まだ五輪本選は1年以上も先の事であり、
それまで在籍する全選手の事を見続けなければならないという、
かなり辛い作業であります。

だから球界に関係する発言ももっと慎重になってもらいたいものです。
これも上記と同じ講演会で吐いたらしきものですが、
「マー君(田中将大)、あれは面白い。いいですわ。楽天はマー君でもっている」
という楽天全選手に対する侮辱に値する発言、冗談じゃない。
これじゃあ田中以外の選手は「俺達の事はどうでも良いんだな」なんてガックリしてしまうじゃないですか。


今年の楽天は田中以外の選手もとても面白いんですよ。
エースの岩隈が開幕からいける見込みで、一場有銘の成長も楽しみです。
台湾勢の林コンビも居るし、青山・渡辺恒樹も目下絶好調、
ローテーションに入らんかという勢いです。
これも田中加入という相乗効果がもたらした産物なのでしょう。

だからどのメディアも田中を取り上げる際は、
そんなチーム全体としての変化にちょっとは触れてもらいたいものですが、
仮にもOBである星野氏自身こんな発言していたらますます一部の有名選手にしか目がいかない風情を作ってしまうじゃないですか。
斎藤・田中という「甲子園の二大スター」の名目を必要とするよりも、
もっとやるべき事は他にあるはずですよ。


星野氏の野球に対する情熱は解ります。
それが理解されているからこそ五輪監督という重大なポストを任されたのでしょう。
だからといって「どんな犠牲を払ってでも金メダルを目指す」と言わんばかりの姿勢には正直納得できません。

バベルの塔の例を出すまでも無く、
頂上だけ上辺だけを見ていたら、どんなものでもいつかは崩壊が始まるんです。
この時期に具体的な選手名をポンポン出すよりも、
とにかく予選開催まで現場に足を運び続ける、
そして上記の講演会のようなヘンな馴れ合いなどせずに、
ただひたすら選手達のプレーぶりに目を向ける。
これが出来なければ選手選考する資格が無いと思いますよ、冗談抜きで。
(だから積極的に足を使えるという点で若い人材中心の首脳陣というのは重要なんです、失礼な話ですが)


昔と違って、
今の野球は選手全体のレベルがかなり底上げされて来ました。
だから選考する方も、ふるい落としてという事ではなくて、
選手全体をその気にさせるような前向きな選び方をして欲しい。







初回から長くなりましたが、これから週一で思う事を書き連ねていきたいと思います。

スポンサーサイト

  • 2007.04.08 Sunday
  • -
  • 06:03
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2007/03/12 12:07 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM