<< 週末からはついに全カード行われ | main | 昨年ソフトバンクが3番打者で苦しんだだけに >>

スポンサーサイト

  • 2007.04.08 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


昨年よりも難易度はかなり高い気が 〜順位予想

さて全球団が終わったところで、
恐らく野球ファンならば誰もが一度はやってみるであろう順位予想に入っていく。



<パリーグ>


大型補強を見せたソフトバンクが第一の優勝候補。小久保・多村と故障離脱が懸念される新戦力は今の所順調。新外国人アダム・ブキャナンが打線を厚く出来れば松中の負担も減り良い流れになるだろう。投手は相変わらず強力で、ルーキー大隣こそ故障で出遅れ必至だが5枚はほぼ磐石。リリーフも新外国人ニコースキーが層を厚くする。

このソフトバンクに対抗する球団は何処か。
1番手は前年日本一の日本ハム。打線のスケールダウンは痛いが、稲葉・セギノールの中心軸がしっかり立てば昨年同様の小技路線で大きな不安は無い。グリーン・金子洋と楽しみな新戦力が現れていることだし。何より投手はライバル・ソフトバンクに強い選手が揃っており、2位に終わってもプレーオフで引っ繰り返す、という展開に持っていければ万々歳。ダルビッシュ・八木に刺激を与える存在が現れればソフトバンクと双璧なす先発陣が形成可能。

前年2位の西武だが、松坂の移籍後もカブレラの負傷などパッとしないニュースが続く。それでも戦力を纏めるのが上手い球団だから大崩れは無いと予想する。懸案の投手陣ではルーキー岸の実戦力の無さが気に掛かり、先発が期待される外国人も4人も居ては起用する方も難しいだろう。反面僕が先発以上に不安視するリリーフ陣は岩崎・山本歩ら新星が現れており何とか埋まりそうだ。この勇気ある抜擢意欲が先発陣にも欲しい。

今季はWBCも行われず今の所順調なロッテ。ズレータという大砲が加わったものの彼一人だけでは苦労する。ベニーが04年ぐらいの成績を残せれば良いのだが。TSUYOSHI(西岡)もそろそろ3割打ちたい年数だし、視力回復手術を敢行したサブローもセンター定着が必須な人材で相変わらず野手は苦しそうだ。とにかく野手が変わらなければ昨年同様質は高いが物量不足の投手陣に負担が掛かり低迷する事だろう。

楽天は当たり前といえば当たり前だが上昇機運しか感じないチームであり、今季は最下位脱出は間違いないと思われる。更なる浮上のためには田中もそうだが個人的に挙げたいキーマンはキャッチャー嶋。ノムさんの眼に叶うことが出来たのか色々と戦略を指南されており、一気の正捕手定着・投手陣安定化に期待大。打線は量・質ともに他球団より落ち気味だがそれでも昨年中々だった機動力をさらに充実させれば向上の可能性は十分。

球団名「バファローズ」廃止の見通しを立てた事でますます見放された感のあるオリックス。当然清原・ローズ・ラロッカというロートル大砲に頼っていたら浮上の芽は無いのだが、期待の若手という位置も人材不足気味だから難しい。投手は割かし安定している反面爆発力無く、昨年崩れた勝利の方程式も未だ見通しが立っていない。

以上のことから順位を予想すると、ソフトバンクはシーズン1位になれてもクライマックスシリーズで敗れるのではないかと思う。確かに強力なのだが04年以降毎年左投手に弱く二級線のピッチャー相手でも苦戦する試合が多々あった(西武・山崎、近鉄・山本とか)。昨年も日ハムの八木・武田勝相手にからっきしでそこにダルビッシュも加わってくるのだからかなり苦しく、その他では西武・グラマンや楽天・有銘にも弱さを発揮した。小久保・多村の獲得はその梃入れという思想もあるだろうが、個々の対左成績で見ると決して悪くなく「良く解らないが負ける」という現象だから直すのは容易ではなく、この相性の悪さが改善されない限りレギュラーシーズン1位も厳しいと推測する。
といっても先発5本柱は強力で、日ハムがソフトバンクを上回るには後一人安定した先発が欲しい。金村の復調は必須項目だが、登板過多だったリリーフ陣も不安要素があるので負担を減らしたい所だし。
ソフトバンク・日ハムの一騎打ち、3位は西武・ロッテ・楽天の争いが予想される。楽天の評価は過大かもしれないがそれでも戦力の伸びは他2球団を凌駕してさえいるからどうしても期待してしまう。カブレラ抜きでも戦える野手な半面手薄な投手陣の西武と、クオリティ高い投手陣を誇るが野手のモロさが改善しきれていないロッテ。針の揺れは微妙だが、新星抜擢の機運がある投手陣の西武に軍配が上がるか。いずれにせよ楽天の上昇度によって順位が左右されそうだ。
オリックスは周知の通り、かなり苦しい戦いが予想される。新外国人アレン・カーターの2人を中心に全体の底上げを図っていく事が今後の課題だろう。



優勝 日本ハム
2位 ソフトバンク
3位 西武
4位 楽天
5位 ロッテ
6位 オリックス




<セリーグ>


優勝争いの中核となるのはやはり中日だろう。投手陣は先発も中継ぎも物量・質ともに豊富で、敢えて言えば絶対的セットアッパーの不足ぐらい。野手のレギュラー陣の高齢化は気がかりな所だが、若返りという課題は他球団も同様に突きつけられておりそれを解決できる空気とはいっていないので相対的に見て中日の有利さは変わらない。

この中日の対抗馬となると、正直難しい。
05年に中日連覇を食い止めた実績のある阪神が今季も第一候補となる。だが野手では中日以上に主力選手が高齢化しているのがネックであり鳥谷・濱中がクリーンアップに定着するようでなければキツイ。これは05年シーズン前にも同じ事を考えたのだが予想を裏切られて優勝した阪神。だが連覇チームが出ないのと同様2度も同じことが続くとは考えづらいし、投手陣の未完成ぶりも足を引っ張ることとなりそうだ。

毎年高評価が予想される巨人だが、補強により陣容が安定しないのがこの球団の悲しき性。そのバランスの悪さは本編でたっぷり語ったので記述しないが、最も肝心な要素である「戦力を纏める能力」が原の中から消え失せているのではと感じてしまうのが低評価せざるを得ない最大要因。「野球をやるのは選手だから、選手の自主性が必要」とは良く聞く言葉だが、その「野球をやる選手」に進むべき道を示した上で自主性を煽らなければ意味が無い。ヘッドコーチに伊原が加わったものの厳しさだけでは選手達が変わるとは思えない。

ある意味昨年が優勝できる最大のチャンスだったかもしれないヤクルト。打線は明らかに戦力低下が目立ち、ツギハギで乗り切るという魂胆が見え見えなのも痛い。投手も高津・木田の両ベテランが踏ん張れなかったら総崩れになるのが明らかな陣容で、今季は戦力充填に費やした方が良いかもしれない。

僕が大穴と予想しているのは広島であるが、上記3球団が戦力低下の不安を持ち併せて戦わなければならないのに対して見通しはかなり明るいと思われる。何より昨年中日と互角の戦いを演じているように王者へのコンプレックスが無く、黒田以外の先発試合で勝率が上がれば確実に前年より良い戦いが出来るというのが強み。ただしプレーオフを勝ち抜くには昨年ビジターで2勝しか出来なかった阪神より上になる事が絶対条件だが。

横浜は巨人から工藤・仁志という大ベテランを獲得して意識改革を図る。門倉や佐伯など責任を果たせない選手に苦しめられる結果となった昨年だが、この両者が加わる事によって粒揃いの若手の殻が破れる事が望まれる。特に工藤という生きた良い見本を得た投手陣のスケールアップに期待である。


そんな事で順位を予想してみる…
難しいのはやはり巨人であり、このチームの事はここ数年は「○○なら優勝争い、そうでないならBクラス」なんて仮説を立てながら予想している。(例:05年=清原起用に拘らなければ、06年=小坂を上手く活かせば…)だが今季はその仮説すら思い浮かばない。強いて挙げれば姜・金刃の若手先発を定着させる事だろうか。それにはバック(守備)の安定化など課題は山積みだろうし、一遍に解決できるとは思えない。
もう一つキャスティングボードを握りそうな球団が広島。戦力は巨人に及ばないものの反対にブラウンの指導・起用方針に一過性があるという強みがあり、この組織力の強さで順位を上げる事に期待である。
投手陣の駒が豊富ながら決定力が無いのはヤクルトも同じだが、未完成の選手揃いの広島や横浜に対し、ヤクルト投手陣の問題は既にスペックの底が見えている選手ばかりな点である。大器の新人・増渕が早くもローテーション候補に挙がっているが、それだけ突き上げられる若手が居ないという事でもある。Aクラスはおろか、一気に最下位へ沈む可能性も低くない。野村→若松と続いたやりくり上手の監督の歴史も古田で途切れそうだし、隠れた名参謀・渡辺コーチももう居ないし。
金本や矢野が衰えたら崩れてしまいそうな阪神だが、あと1年は持ちそうな気がする。投手陣に一抹の不安があるが、近年のドラフトにより勢揃いした未完の選手が数人殻を破って陣容を保つと予想する。何より下位球団には雰囲気で圧倒できる甲子園をホーム球場に持っている事だし。



優勝 中日
2位 阪神
3位 広島
4位 巨人
5位 横浜
6位 ヤクルト





以上。

とはいっても昨年の僕の的中率は、
4/1233%と見事な低さであるが。
いい意味で予想を裏切るような球団が現れる事に期待したい。

スポンサーサイト

  • 2007.04.08 Sunday
  • -
  • 17:34
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2007/03/09 9:48 PM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2007/03/09 10:11 PM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2007/03/10 2:11 AM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2007/03/10 9:18 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2007/06/26 10:24 PM
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM