<< 戦力分析を行うにあたって | main | 自由気ままに語る・11 >>

スポンサーサイト

  • 2007.04.08 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


共通点がありすぎる大型高卒投手

ここ最近、
「山田弘 ヤクルト」でこのヘナチョコブログにアクセスする方が急に伸びているので、
せっかくだから彼に関連する話をしたいと思う。




ルーキーとは思えないほどのビッグマウスで注目されている、
ヤクルトの高卒ドラフト4巡目で入団した山田弘喜であるが、
自主トレ中に早速故障を発生させた。
それでも口が止まらないのが大物たる所以なのだろうが…



「口だけ男にならなければいいが」という危惧は、
この時点で相当数の方が抱いていることだろう。

実はちょっと過去にも、
ヤクルトにはこの山田弘と同じような性格をして、
あっさりと1年でプロ野球界から去っていった投手が居るから余計に不安である。



その男の名は吉田幸央といって、
03年のドラフト5位で入団してきた投手。

強豪高を蹴って公立高校に入団し、
自らを「成り上がり」と形容してその精神でプロ入りに漕ぎ着けた。
それだけではなく「プロ入り出来なかったらメジャーに行く」と、
とんでもない事を言い出し、
おまけに実際にパドレスの入団テストで合格していたという。



このビッグマウスぶりから、
ヤクルトは凄い拾い物をしたなと思ったものだが、
不運にも04年シーズン中内臓の病気を患ってその志は倒れた。
わずか1年足らずで退団し、
現在は軟式野球クラブで野球を続けているらしい。




それでなくても近年のヤクルトは高卒投手の育成が上手くない。
五十嵐・石井弘以降はいい投手を上位で獲っても挫折する事が多く、
宮出・石堂・牧谷らは既に野手へシフト。
高井の伸び悩みは最も気にかかる事象であり、
まだキャンプ入りしていないにも拘らず、
早くも山田弘は期待よりも不安の方が大きい存在となってしまった。
ただただ杞憂に終わる事を祈るばかりである。

スポンサーサイト

  • 2007.04.08 Sunday
  • -
  • 21:56
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2007/02/01 2:55 AM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2007/02/01 11:54 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック