<< 「7人の魔法使い」で糞化しなければいいが | main | 資金力不足ならそれなりに出来る事はあるはず >>

スポンサーサイト

  • 2007.04.08 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


月見草、いざ最後の戦いへ 〜東北楽天

主な戦力表



新規入団3年目となりそろそろ結果が求められる。野村監督もそんなことを理解しているのか、はたまた年齢的にも自身限界と見たのかオフには「Aクラスにならなければ辞任」という宣言も飛び出す。相変わらず長距離は大砲任せなのだが「今季1年だけ」という視点でなら戦えなくも無い。果たして野村の最後の戦いぶりは如何に?
ようやく岩隈・一場の両輪が揃う投手陣。リリーフは野村特有の継投策で何とかなる事を証明しただけに課題となるのは先発陣。心配なのが昨年の高卒ドラフト1巡目・田中の無理使いで、煽り立てる周囲もそうだが「今年限り」の思いの下野村自身がはや抜擢しようと考えていたっておかしくない。田中は即戦力というより2年後のエースであり、仮に抜擢されてもその超人的な能力でこなすのだろうが、選手生命は縮まらないだろうかかなり不安。

<守備力チェック>

捕=藤井のリードが散々酷評された前年。思い切って嶋抜擢するか?
一=候補が3人も居ては指名代打にも当てはめ辛い。守備的ならリックだろうが…
二=高須がガッチリ固める。不安定なファーストもカバーしろ
三=フェルナンデスは指名代打に使いたいがそうなると山崎武・ウィットの一方が浮く
遊=打力が付けば文句無く塩川なのだが
左=ここにリックが入ればオーダーは組み易いが…現実的には牧田・関川か
中=守備範囲の面でも成長した鉄平。今季も活躍継続なるか
右=礒部に懸かっている期待は年々薄まっている印象。打力重視で選びたいが…

<野手陣>

フェルナンデスという固定4番打者がズシリと座り打線が強化された昨年。それでもチーム本塁打67本はかなり見劣りがする。外国人枠に捉われない和製スラッガーを立てたい所であるが大ベテラン・山崎武以外は台頭する気配すら無く、フロントにもオフに元横浜・ウィットを獲得するなど和製大砲を育てようという気概が見えてこないのが残念である。
野村監督がヤクルト時代猛威を振るったID野球は確かに小技・機動力重視の趣があったのだが、それはクリーンアップに池山・広澤という和製大砲が座っており、後はチャンスメーカーと守備陣を整えれば優勝できるというメンバー構成であった。広澤が巨人に移籍し池山が故障がちで平凡な打者に落ち着き、最終的に古田が4番になるという歪な陣容を残してヤクルトを去ったように野村はスラッガーを見い出す事に関しては上手とはいえず、また楽天にもその素材が決定的に不足しているから外国人を頼るしかないのであろう。野村が「今季限り」と表明しているように、最初から短期政権的思考で楽天監督に就任しており育成する時間的余裕が無いという要素もある。
そんな訳で現有戦力で得点力をアップさせる方法を編み出さなければならない今季の楽天。ウィットが加入したが、投手のインチェ・林恩宇の能力が高いので出来れば野2:投2という外国人枠にしたい。リック・フェルナンデスの上積みや山崎武の最後の踏ん張りに期待するのは簡単だが、そうはいきづらいという事は野村も承知しているだろう。礒部が復調すれば何とかなりそうだが、そうでない時に抜擢したいのが竜太郎。昨年はほとんどをファームで過ごしたがじっくり鍛えられた成果が終盤に表れ、28打数ながら打率.324をマークした。近鉄組の主力であった吉岡・憲史に元気が無いので、竜太郎も既に若手とはいえない年齢(今季31歳)だが勢いに期待して名前を入れた。3番が予定されるリックに勝負強さが足りないので、竜太郎には是非とも一気に殻を破って3番定着を期待したい。
そうなれば昨年のように3番に回される事も無く、鉄平・高須は腰を据えてチャンスメークに専念出来るようになる。ともに10盗塁に終わった機動力も成長が期待出来得点パターンが広がる事は間違い無いだろう。鉄平で心配なのがバッティング。昨年は高目の打率が異様に高く(4割越え)、低目の弱さを露呈したというように得意・苦手コースの違いが露骨であった。対応力を増さなければ実質2年目の今季は研究されたらスランプに陥るのは確実なので注意したい。
後現有戦力で期待したいのが山下か。毎年ファームで好成績を残すスラッガーだが一軍に上がると萎縮するのか気が逸るのかボロボロになりファームに帰ってくる、というプロ生活。しかし昨年は故障で38試合出場に留まったものの.278とようやく上昇機運に乗った。本塁打は0だが二塁打は8(全ヒット数の1/3)なので中距離への切り替えが出来たのだろう。ただ守備に難があるので使いづらいタイプ。38試合なのに9失策も犯しているから使うのには勇気が要る事だろう。一応セカンド・ファーストもこなせるらしいのだが…
沖原の不振(衰え?)で手薄となったショートは塩川が入る事となりそうだ。守備の動きに関しては沖原を既に上回っておりセンターラインには申し分ないのだが打撃がまだ弱い。大学時代は逆方向にも良い打球を飛ばすなど中距離打者としての資質は十分なだけに一層の精進を図って定着したい。その塩川と同期の西谷も一軍定着が期待される内野手。終盤に昇格を果たした昨年はサードが主だったが本来はセカンド。だがセカンドには高須が居るのでサード・ショートとどこでもこなす覚悟でシーズンに挑みたい。昨年魅せた巧打がシーズン通じて発揮できれば下位打線に人を得ないだけに上位への繋がりが生まれる。
懸案のキャッチャーはというと、昨ドラフトでは見事獲得に成功し厚みを増した。個人的には田中よりもこの嶋の指名が光ったという印象で、スローイングの素早さ、ヘッドワークの巧みさは野村が考える捕手像とほぼ合致。恐らくは藤井との併用になるだろうが、藤井はリードを散々野村に酷評されたにも拘らずオフは「僕のグッズを作って欲しい」などとズレた発言も見られた。今季も藤井が変わらなければいきなりの正捕手定着も不可能ではない。ピッチャーとコミュニケーションを密にしリードを構築して、来るべき時に備えたい。

<投手編>

岩隈が開幕から居る、これだけで昨年とは大違いの様相である。悩まされてきた右肩違和感の不安も既にほとんど無くなっており調整も万全。昨年はもちろん、移籍騒動などで満足に調整出来なかった05年の成績(9勝15敗)も恐らく上回るだろう。不安を挙げるとすれば2年間ソフトバンク戦に対して1試合も投げていない、という事。エースが強豪球団を避けるという姿勢では浮上など夢のまた夢である。
この岩隈と両輪を組む事が濃厚な一場。楽天球団自体同様勝負の3年目となり、着実にステップアップしているからこそコケるのは許されない。大学時代に華々しい実績を残し最速154キロのストレートで即戦力と期待されたが、実は技術的にかなりの問題を抱えた未完のピッチャーだった事が判明。05年はサンドバックのように打ち込まれる試合が続いたが、楽天首脳陣自体も未熟だったためか「経験を積ませるのが重要」と判断され100イニングは超え一応の面目を果たした。昨年は岩隈の故障で1年間ローテーション入り。相変わらず打ち込まれる試合も多々あったが成績は大幅に向上させた。大学時代はストレートの速さこそあったが速さだけの所謂「死に球」が多くあり、それが現在はヒジの使い方を修正しかなりの割合で良い球がいくようになった。これも首脳陣の指導が仰げない中、自身血がにじむ想いで鍛錬を重ねた結果であろう。それでも課題はまだ多い。変化球はスライダー・スローカーブ・カットボール・フォークと一通り揃っているもののキレが不足しているという印象。これも変化球とストレートで腕の振りが変わる癖は未だに改善されていないという裏付けで、野村は新たにシュート取得を命じているらしいがそれで一皮向けるほど甘くは無いだろう。ストレートも低目を狙うと伸びに欠ける傾向がありリリースコントロールが出来ていない印象。自分だけで二つも三つも課題を克服するのはさすがに厳しく、いい加減紀藤・杉山両投手コーチに手腕を発揮してもらいたい所である。
両輪は揃ったのだが、グリンの退団もあり3番手以降が手薄な先発陣。規定投球回に達した山村は球威も目を見張る制球力も無いから昨年が精一杯かな、と思ってしまう。愛敬もスケールが足りず1年間ローテーションを守るスタミナも不安。とにかく3枚安心できる先発が居れば台湾勢2人に永井・牧野・朝井と先発候補は頭数が揃うようになったので良い戦いが出来るはずである。インチェ・林の台湾勢が期待通りの働きをしてくれれば埋まるが、出来れば日本人選手でもう一人欲しい。
毎年期待しているのが変則左腕の有銘である。05年は球団史上初の完封、昨年は延長12回を一人で投げきるといったように嵌れば素晴らしいピッチングが出来る逸材である。
05年実際に観戦する機会を得、それは05年初先発時であったのだが、この試合で有銘に対する見方がガラリと変わった。それまではリリーフで防御率7点台という脆弱ぶりもあり試合前は「5回まで投げられれば良い方だな」なんて考えていたが、試合が始まるや否やその伸びが抜群なストレートと痛烈なスライダーで日ハム打線を翻弄していく。第一関門の5回をあっさり投げ抜くと、終盤慣れからピンチを招くようになっても右打者の膝元に度胸良くスライダーを投げ込み併殺で切り抜け続け、ついに9回までゼロを並べた。味方打線も0点で完封はその半月後までお預けとなったのだが、これほど1試合でガラリと印象が変わった選手も珍しいのではないだろうか。昨年も期待されていたが前半は一・二軍往復が続きローテ入りしたのは後半戦。間隔も一定せず調子を崩し2勝に終わったが延長12回完投など光るものがあったのも事実。2年間いずれも後半戦に力を発揮しているから、そろそろ開幕から戦力にならなければ「真夏の恒例行事」としてしか見られなくなる。首脳陣もリリーフに起用したり中4日で起用したりと便利屋として見られている感があるので、キャンプから死ぬ気でアピールし生き残りたい。
リリーフ陣は高齢選手が多く不安であるが、小倉・福盛という中心軸さえ万全なら野村お得意の刻み戦術でそれほど苦労はしないはずだ。短いイニングなら好投出来るという事を徳元・藤崎・渡辺恒も理解し自信が付いたに違いなく、移籍組では佐藤・川岸の踏ん張りにも期待したい。戦力外というどん底から華麗に復活を果たした小倉は制球心情のサイドスロー。03年辺りから多彩な変化球に手を出し過ぎたせいか(ナックルまで投げていた)コントロールが乱れ始め、先発からリリーフに役割を変えても収まる気配は無く球威の衰えもあって不本意な成績を続けた。だが昨年はスライダー・シンカーと少数に絞りコントロールが蘇った。今季も同様の路線でいけば不安は少ない。福盛は決め球がフォークという典型的なクローザーの形であるが、他球団のそれと比べるとストレートに速さが足りず、フォークの落差という点でも物足りない為シュートを多投するスタイル。昨年一気に数字を伸ばし定着を果たしたが、フォークが武器のクローザーはストレートに威力が無いと長続きしない傾向なので今季は注意。シュートが冴えなければ苦しいだろう。
とまあ期待の新星・田中抜きと考えて書き連ねてきたが、周囲の空気や野村の「今年限り」という思いもあり抜擢される事が濃厚であろう。先発だと体の過剰なねじりなど投球フォームに不安があり、緩急の面も不足しているので素直に定着するとはどうしても思えない。それでも抜擢してくるならばせめて「1試合投げたら抹消→10日後再登録」など無理使いを控える配慮が欲しい。それに田中よりもむしろ1年前の1巡目・片山が出て来るようでないと首脳陣が正常に機能していないという証にもなってしまう。一見粗っぽそうな大型左腕だが技術的にはかなり完成度の高い投手で、線の細さを改善すれば早く台頭できる素材なのだが昨年はファームでもわずか1試合。田中フィーバーに乗っかる前に、高卒選手の指導体制を整える方が先ではないだろうか。

スポンサーサイト

  • 2007.04.08 Sunday
  • -
  • 16:01
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2007/02/24 7:57 PM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2007/02/25 12:39 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2007/06/16 6:08 PM
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM