<< 魅力といえばドラフトでの強行指名だけ? | main | 「7人の魔法使い」で糞化しなければいいが >>

スポンサーサイト

  • 2007.04.08 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


頭数は充実。選手を束ねる能力の程は 〜広島

主な戦力表
(ブラウン監督の構想を考慮に入れ野15:投13という一軍枠にしております)



一連の転落への流れはとりあえず塞き止められた前年。ブラウン監督が「勝負の年」と定めているだけあって2年目にかかる期待も大きい。それには整備された野手陣の更なる隆盛が不可欠だが、「出塁率を考慮した打順」で出遅れた前年を考慮すれば不安は少ない。内野の控えに薄さを感じるが極端ではなく、後はセンターの人選がカギを握る。
その投手。世間体では相変わらず黒田だけという先発の印象だが、不確定なローテーションを目指すべき候補の数は充実している。期待の新星という位置にも大島だけ、という壊滅的な陣容だった前年とは偉い違いで、熾烈な競争を勝ち抜き一軍定着する選手は果たして誰なのか?

<守備力チェック>

捕=倉・石原の併用路線も今季で終了か。石原がもう一つインサイドワークで化ければ
一=栗原のポジション。とにかく捕球能力のアップを
二=脆弱さがすっかり消え失せ安定した東出
三=簡単なゴロは弾くくせに難しい球の処理は上手い新井。エラーは気にするな
遊=梵の成長速度がどれだけのものか。オフでの東出との「愛」の成果は如何に
左=体調を整えて堅実に守れるようにしたい前田智
中=外野のどこかに廣瀬を入れたいのだが。緒方が衰えたらスタメン定着か
右=嶋の強肩は魅力だが守備範囲は相変わらず不安。山田−廣瀬という右中間はどうか

<野手陣>

最初に捕手陣の話をしよう。石原の能力に大差が無いと判断したブラウン監督は両者の力量を見定めようと、確信犯ともいえる位に両者を併用させた(スタメンマスク試合は両者同数)。その結果が石原は持ち味であった強打が失われ平凡な成績に終わり、倉も自慢のスローイングが冴えず盗塁阻止率が低下。そのためどちらかに固定せよ、という声が周囲から上がるのも頷けるが、個人的にはこのまま併用策でも構わないと思う。パリーグでは05年にロッテが、昨年は日ハムが捕手併用策をとって優勝しているように併用策は決してマイナスでは無い。ロッテの橋本・里崎両名も前年の04年は昨年の倉・石原のようなものだった。だから駒のように併用されたとしても、光り輝く駒になれと両者に言ってやりたい。尚今季は「打てる捕手に一本化する」という方針を打ち上げており、外野手として入団したルーキー・中東をキャッチャーとして戦力入りさせるなど底上げに必死である。
また倉を固定すべきという意見を持つ方の根本には「昨年は倉の方が勝率が良かった」という歴史的事実があるからなのだろうが、だからこそ僕は正捕手の座を自分のものに出来ない倉の方に不満を感じてならないのである。本当に石原より何もかも優れているのなら、昨年9月10日に井生に途中交代という屈辱を受ける事は無い筈ではないのか。両者は今季も共に競い合って、相乗効果で投手陣を盛り立てて貰いたい。
二遊間がそのまま1・2番に定着という広島本来の姿に戻った昨年(野村・正田とか木村拓・東出とか)。東出はどん底からの浮上という要素もあり当分は野球に飽きが来ないであろうし、は新人ながらエース・黒田に対してもピンチ時にマウンドに行き忠告を送るなどその存在感は一級品。この両名の打順を逆にしようというのが今季の構想である。東出は意識を「鋭い打球を打つ」から「徹底してゴロを打つ」に変えて生き残りを果たし、ホームラン0という数字は逆に勲章である。梵は引っ張って強い打球を放てる反面バント失敗の場面が目立った、という両者の適性を考えてその結論に至ったのであろう。独断オーダーでは昨年どおりの打順にしたのだが、これは僕が単にジグザグ打線を考慮しただけなのでブラウンの構想通りでも問題は無い。というかむしろその方が良いであろう。
近年の広島らしからず内野はれぞれ「1ポジション1人」で成立しているのと裏腹に、前田智・緒方・嶋で固まりつつあった外野陣がおかしな事になっていた昨年。前田智は故障離脱期間があったものの、大事には至らず無事1シーズンを乗り切った。大ベテラン・緒方は故障以前に守備範囲の衰えが心配で、ライトの嶋は管理不足によるオーバーウェイトで冴えを無くしている状態。今季はかなり体を絞っているとの事だが全般の信頼は置けず、どこかに守備名人・廣瀬を組み込んで守備を安定させたいのが本音だろう。昨年終盤に2割4分台だった打率を盛り返した緒方は復調気配があるものの、折角二遊間が安定してきたのだからセンターで足を引っ張る格好とはなりたくない。昨年1試合だけファーストを守らせたブラウンの気持ちは痛いほど良く解るし、それに不満を抱いた緒方がセンターに合致した選手である事も理解できる。だが仮にセンター緒方が変わらなくても守備要員は必須であり、廣瀬の強肩がライト向きだと判断されれば森笠はスローイングの拙さと後方に飛んだフライ処理が不安要素なので山田をベンチに準備しておきたい。
名が挙がった森笠だが、過去のトラウマを払拭せんとばかりのスイッチ再挑戦は非常に好感が持てる(03年は右で打っていた対左投手に滅法弱く翌年スイッチを取りやめた)。「欠点は抑え付ける」という山本前監督以下首脳陣の理念により選手の可能性がずいぶんと狭められてしまい、それが05年の最下位という結果に現れてしまったように見える。普通は山本のように「優勝を狙う」とあらば人材・特徴を絞り込みたくなるものであるが、ブラウンの前向き思考は今季も相変わらずのようである。
栗原もその1人であり、4番新井・5番前田智を中心に打順を作っていく広島だけにその存在は重要なカギとなる。3番か6番が予想される打順でありその粗々しさから6番に置きたくなるものだが、同じく粗っぽいという評価を得ている新井がシチュエーションヒッティングを身に付け、その後ろに前田智がドンと構えているので新井の前で自由奔放にブンブンと振り回す3番が居ても違和感は少ない。しっかりして欲しいのが守備面だ。規定打席に到達せずで9失策はファーストとしては多く、捕球の精度を上げて貰わないと東出・梵がいくら成長を魅せても徒労に終わってしまう恐れがあり、これからのファースト守備はセンターラインと同じくらい重要になってくる。
主砲・新井に対応力が付いたと言ったが、一抹の不安は独特の打撃フォーム。ステップが性急なうえアッパースイングという悪癖が新井のフォームの特徴であるが、それが直らないまま開花して中心打者と化しているのも珍しい。変化球などでタイミングを外されたら性急にステップした左足の強靭な筋力でタメを作り、体の軸を傾けながらもアッパーで捉えるという強引すぎる対応を見せるのである。今現在は身体能力の高さでこなしているが年齢は既に30歳。いわば筋力が衰えたら一気に通用しなくなる恐れが高いフォームであり、そうなる前に修正が必要だと思うのだが…まあこの強引さが新井の魅力ではあるが。
後は浅井・福井が抜けた代打陣の存在が競った試合では必要となる。ここに尾形・比嘉・大須賀といった苦しんでいる面々が入ってくれば層は厚くなるのだが。

<投手陣>

昨年の時点で固まりつつある野手よりも、未だ形を得ない投手陣の方に期待が寄せられる。昨年の開幕前は黒田・大竹・ダグラスの3本柱以外は大島の成長に賭けるしか無いという悲惨な状況だった。それが今季は多数の選手が空き枠に飛び込まんとしており、勢いという面では広島がトップなのでは無いかと思えるぐらい頭数は充実している。これも昨年のブラウンによる意識改革の成果なのだが、頭数が増えても戦力を束ねるという方面でのブラウンの能力はまだ未知数。という事でまずは予想される候補を大体的にリストアップしてみよう。
先発=黒田・大竹・ダグラス・佐々岡・フェルナンデス・長谷川・高橋・宮崎・青木高・河内・大島・小島・斉藤・前田健
リリ=永川・林・梅津・広池・横山・佐竹・上野・青木勇・小山田・マルテ
前年は先発の4・5番手に佐々岡・ロマノをあてていたが、それだけ昨年の時点では頭数が少なかったという事である。今季は主戦力であるダグラスの出遅れが示唆されているが、これだけ先発候補が居れば勢いをもってして埋められる。先発と比べてリリーフが人員不足だが、先発枠の競争から漏れた選手が入れば問題ない。
エース黒田が不振になるとしたら手術の後遺症だろうが、既にただのパワーピッチャーから脱皮しているので今季も左右攻めでフォークを出し惜しみつつ有効に使う投球スタイルが出来れば気にならない。ツボに嵌れば100球未満でも完投できるペース配分にも信頼が置ける。大竹は昨年こそ大幅負け越しに終わったが、若手の開花を予測するには成績だけを見ていると痛い目に遭うのが常。05年=とにかく1年ローテーションで投げ続ける→防御率・与四死球大幅悪化 06年=課題を克服する投球をする→こじんまりとした印象 というプロセスを踏んでいる大竹、今季は過去2年の長所が融合し爆発の予感がする。
昨年1年間ローテーションを守った佐々岡は40歳という年齢がやはり不安材料。完全技巧派の阪神・下柳と違ってストレートにある程度の威力・キレが無ければ駄目なタイプであり、昨年も疲労が見られた夏場は全然勝てなかった。ナックルボーラー・フェルナンデスは全投球の9割方がナックルという日本では見られない投手だ。過去にこのタイプとしては近鉄・マットソンが居たが、1年目後半にそこそこ活躍を魅せたのだが2年目は何を勘違いしたのかストレートの割合を増やした挙句メッタ打ちに遭ってしまった。ひたすらナックルに活路を見出す事がフェルナンデスが活躍するカギだろうが、それには無駄な四球を減らし暴投防止に務める事が重要である。
リリーフを務める事により何とか生き残った長谷川・高橋・河内の3名。この中で最も先発復帰の期待がかかるのが長谷川。昨季の役割はロングリリーフで先発は4試合のみ。威力あるストレートとカーブ・フォークという縦の変化球のコンビネーションでリリーフとして適性を魅せたが本人の志望は先発。黒田を手本にし今季はカットボール・シュートと左右攻めを身に付けようと必死であり、マスターできれば02年(13勝)の再現は有り得る。高橋も昨年の54試合登板で自信を付けたのだろうが、「9イニングを投げられる体にする」という発言も見られているのでこのブラウン流とのズレが不安点。いい加減佐々岡みたく責任イニングを全力で果たす献身的な姿勢が欲しいのだが。河内はドラフト1位左腕という事もあり当然周囲も先発として期待を掛けているのだが、昨年を見ているとリリーフとしての適性は抜群でこのままリリーフに活路を見出したほうが良いと思う。というのもこの河内、毎年開幕前にフォームが固まらずそのせいで出遅れというパターンに嵌っている。だから多少のフォームの粗さは気にせず、短いイニングを全力で抑える役割の方が合っているように見受けられる。変化球もスライダーだけが突出してキレが良く他に乏しいのだから尚更である。
続いて新人3選手。巷では大成功という昨ドラフトにおける広島の評価でだが、いずれも新人らしからぬ高齢で活躍しなければあっさりと指名がパーになる危険も孕んでいる。今季29歳の宮崎は豪腕先発タイプ、上野がストレートとフォークのコンビネーションが武器のリリーフ、青木高がスライダー・カーブの変化球のキレが良い技巧派左腕で先発・リリーフどちらも可能、という今の所の評価だろうか。最も即戦力性が高いのが上野であり、当初は先発を含めた調整が囁かれたが本人の希望通りリリーフで行くことが濃厚。既存の横山がフォークの抜け球に苦しみ被本塁打を量産した昨年の事もあり、とにかく大車輪の活躍が望まれる1年目。スライダーは腕の振りが緩む癖があるので封印した方が良いだろう。希望枠の宮崎は最速153キロのストレートと、栗原に「ソフトバンク・新垣さんのようだ」と言わしめたスライダーが武器でこれにシュートも交える。緩急が無いので先発でやっていくには縦の変化が欲しい所だが。青木高が新人の中では最も安心して先発に送り出せる素材。ただストレートに一定の速さがあるものの、他の2人に比べてスケール不足に陥る可能性は否定できない。
とにかく技術的にも精神的にも幼い大島、ストレートに威力が無いのに細かなコントロールも不足がちな小島・斉藤の左投手3人にはシーズン通しての活躍は酷。高卒ルーキーながら完成度の高い前田健も即戦力の期待がかかるが、体力面でゴールデンルーキー・田中(楽天)に劣るのでファームで体力強化しつつチャンスを伺いたい。「技術的には問題無し、後は体力作り」という高校生の素材を獲れたのは久方ぶりであり、この事からも広島の上昇機運を感じてならない。
リリーフエース・永川に繋ぐまでひたすらセットアッパーが一定しないバケツリレー方式であった昨年。化け物のようなスライダーに活路を見出す林、先発代打もこなす広池は今季も常時待機が期待されるがセットアッパーとなると役不足。変則サイドの梅津は昨年後半戦に復調を果たし、技巧派だが奪三振率の高さで存在をアピールした。一年間フルに働くには不安が多いが、大竹同様3年目の飛躍に賭けるしかない。小山田は05年はローテーションを務めたサイドスローで序盤こそ快調だったが、足腰に疲れが溜まり易いサイド故完投・中5日という起用法に根を上げて色を失い、ようやく復調気配を魅せているのが今キャンプ。復活するとしたらまずは高橋・長谷川同様にリリーフからだろう。
磐石なのが黒田・永川ぐらいというのが評価の低さに直結しており、今季も頭数は充実しつつあるが決定力に欠けるという陣容。当然ベンチの育成・采配能力が最大限に発揮される事が上位への絶対条件だが、一昨年・昨年と続いた壊滅的状況を救ったブラウン以下首脳陣だけに不安よりも期待の方が大きい今季。まずは開幕一軍メンバーがどうなるか注目したい。

スポンサーサイト

  • 2007.04.08 Sunday
  • -
  • 22:50
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2007/02/23 8:45 PM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2007/02/24 10:58 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2007/02/24 7:03 PM