<< 自由気ままに語る・14 | main | 自由気ままに語る・15 >>

スポンサーサイト

  • 2007.04.08 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


05年の全員野球の再現をば 〜オリックス

主な戦力表



コリンズ新監督の下再スタートを切るが、正直このチームを建て直すのは難しい。新監督のやり易いように陣容を整えるのがフロントの仕事なのだがやっている事が逆なのが第一の問題点。中村の退団で爆弾はひとつ減ったものの、ラロッカ・ローズと爆弾要素が新たに加わり今季も首脳陣は編成の面で苦闘は必至だろう。
投手陣も同様で先発の整備が進んだ反面、05年にあった一体感がまるっきり失われつつあったシーズン。クローザーの安定化も図らなければならないが、時には思い切った配置転換も必要でそれが今のオリックス首脳陣は腰を引きすぎていると思う。

<守備力チェック>

捕=日高の奮闘は昨年目立ったが控えが不安
一=北川が濃厚なのだが故障がちなラロッカに就かせたいポジション
二=誰に就かせるのか悩むポジション。森山の成長待ちか
三=恐らくはラロッカだろうが不安は多い。守備固めが必要
遊=守備力なら文句無く阿部真。スケールという点では適任者が居ない
左=新外国人アレンが濃厚か。果たしてその守備力の程は
中=実績ある村松か、広範な守備力の平野恵か
右=村松・平野恵の右中間は魅力だが平野恵の打力が不安

<野手陣>

中村というトラブルメーカーが退団し一安心、と言いたい所だが清原・ラロッカ・ローズと同質の選手が未だ蔓延っているオリックス。新任のコリンズ監督がどんな采配・選手起用を魅せるかは全く未知数なのだが、フロントはロクに陣容整備も行わないまま「最低でもAクラス」という要望にもならないエゴ丸出しの発言を首脳陣に向けて行うなど今季以降も期待薄。コリンズにチームを託すというよりは阪急OBを球団から滅殺したいのでは、といううがった見方をしてしまう。関係無いが、この度入れ替わって球団社長に就任した雑賀は「清原以外の選手を知らなかった」らしい。
中村とラロッカ、ガルシアとローズ、ブランボーとアレンが入れ替わっただけで前年と大して代わり映えしない布陣である。その代わり映えしない選手に信頼性があればいいが、昨年の規定打席到達者はたった3人でそのうち谷は巨人へ移籍し、残る2人村松・塩崎はそれぞれ35歳・34歳という年齢が不安要素。谷も同じような年齢だったからベテラン偏重は明らかで、規定以下にも北川・清原・水口と峠を越えかかったベテランが顔を並べている。
ちなみに昨年の他球団での20歳代の規定到達者を数え上げてみよう。
 日ハム=2人   中 日=3人
 西 武=3人   阪 神=2人
 ソフト=1人   ヤク√=3人
 ロッテ=2人   巨 人=1人
 楽 天=1人   広 島=3人
 横 浜=1人

どのチームも最低1人は存在するのにオリックスだけ皆無。しかもいずれも中堅とは呼び難い33歳以上の選手なのが危機感を一層引き立てる。この閉塞感を解消するどころかヤクルトを首になったラロッカ(今季35歳)、出戻りでブランクもあるローズ(同39歳)を獲得したりするなどツギハギ補強で乗り切ろうとしているのだから推して知るべし。ちなみにローズは既にFA権を獲得しており扱いは日本人と変わらない。だから外国人5人を同時に起用する事が出来るのだが、そのローズ自身に余力が残っているのかが問題である。
まずは故・仰木元監督の呪縛ともいえる「猫の目打線」からの脱却を目指すべきである。中心選手と期待されているのは言うまでも無く清原であるが、フル出場が無理と解りきっているので彼は構想から外して考えたい。
選択した16人のうち20歳代は6人。最若年が森山の26歳で既に中堅入りしており、彼を二遊間に置きつつ後藤・大西ら打力・走力が高いメンバーを組み入れて新風を入れたい。これでチャンスメーカー・下位打線タイプは何とか埋まりそうだが、スラッガータイプとなると目立つのは30歳の相川ぐらい。無理を承知で岡田を抜擢したい所だが未だバッティングの形で悩んでいるとの事で時期尚早。村松の後継者として期待の若手・坂口が収まればセンターラインも見栄えするだろうが…。フェンス激突で重傷を負った平野恵だがそれ以前に昨年は打撃の淡白さが目立つ格好となっていたので上位打線は重荷。巨人・小坂と同じくフォアザチームの意識を強めるとかえってフライを打ち上げてしまいがちな選手なので8〜9番辺りが適性か。内野か外野どちらをこなすかも不透明な状況だが、ひしめいている二遊間を見れば外野に落ち着くと思われる。
こうして名を挙げていっても、肝心のクリーンアップはどうあがいてもベテラン・外国人頼みとなる事が濃厚である。特に4番候補が晩年と形容される清原とラロッカというのが頂けない。30歳ジャストの相川が5番に座るなりして風穴を少しでもこじ開けたい。
来日1年目のコリンズだけに、ヒルマン(日ハム)・ブラウン(広島)のように今季は色々な選手を試して力量を見定めるといった方策が採られる可能性は高い。だからこれまで上記で挙げた名前以外にアッと驚く大抜擢があり、そのチャンスをモノにして這い上がっていく選手が出て来るかもしれない。既存選手に不安が有り過ぎる現状だからこそ楽しみは新たな戦力の台頭と、新外国人アレンの大化けである。

<投手陣>

川越・デイビーのゲームメイク率100%コンビが健在の先発陣。両名とも打たせて取るピッチングへとシフト出来ているので高齢化しても(ともに34歳)急激な衰えは来ないであろう。これに近年の即戦力投手偏重ドラフトも加わり、野手に比べて投手は割と安定した陣容である。
その即戦力ドラフトで加入した代表格は何と言っても平野佳。ルーキーイヤーの昨年は勝利数こそ7に終わったが、10完投はダントツのチーム1で12球団でも2番目に多い。この完投ラッシュ故後半は疲労で調子を落とし安定性に欠いた結果となったので、オフの身体のケアは万全だったのかが2年目のジンクスを乗り切るポイントとなりそうだ。
これにヒジ痛が治まりリリーフ定着の機運がある04年自由枠の金子、故障から立ち直る事が出来れば貴重な戦力となり得る光原、昨年終盤に先発として適性を見せた中山・岸田に昨ドラフトの希望枠・小松が加わってくれば、実績のある先発吉井・本柳、磐石のリリーフ陣である加藤・菊地原・大久保にクローザーの期待がかかる新外国人カーターと戦力が整えられる。新戦力組はいずれも実戦型で抜擢されれば定着する可能性が高いだろうし、大ベテラン吉井は最晩年だがシュート攻めが冴えれば衰えはカバーできるし、カーターは多彩な変化球が武器ということでクローザーとしては蓋を開けてみないと解らないが前年やや不調に終わった加藤・菊地原・大久保が復調すれば勝利の方程式も結成できる。だがこれで良いのだろうか、という思いが頭をよぎる。何かが物足りない気がする。
確かに新戦力組は成功率が高い選手が揃っており、余剰戦力にもセラフィニ・歌藤・山口・ユウキ・萩原と悪くないメンバーが控えている。だがチーム力を向上させられるかと問われれば疑問符を付けざるを得ない。戦力にはなるがスケールが足りないのだ。本格派としての資質を持ち併せているのは平野佳ただ1人といっていい状態で、このため既存戦力が刺激を受けるという事も無くノホホンと自分らのペースで投げ続ける事が予想され、当然チーム一体となって戦うという事も無くなる。オフの契約更改で揉めた吉井・川越なんかは特にその風潮を持ちやすい選手である。
そんな状況からか、昨年のドラフトでは従来のオリックスからは考えられない高校生重視の指名を敢行した訳であるが、元々高卒選手が大成しない土壌であるから焼け石に水で終わる危険性が高い。現に球団合併で振り分けられた近藤・宮本・高木といった近鉄勢の高卒選手は足踏み状態である。
だから新監督のコリンズにやって貰いたいのは大幅な配置転換である。中継ぎの柱である加藤や菊地原を先発へ転向させるなどして、先発は数多候補を作りその中で5〜6人枠を目指して競争、リリーフはまっさらな状態からそこへ向かって支配下選手全員が目指すという図式を無理矢理でもいいから作って欲しい。特に仰木の遺産ともいえる勝利の方程式のうち菊地原・大久保が故障で出遅れ、加藤も実戦で不調だというから尚更である。
広島から移籍してきた菊地原は、常時「○○のために」という意識を自らのパワーにしながら投げる投手である。昨年初めてオールスターに選出された際も恩師ともいえる仰木への言及を忘れない律儀な選手で、監督から信頼されればされるほど奮起するタイプ。反対に「何のために投げるのか」と思ってしまうと成績が伸びない選手でもあり、昨年は故障があったものの起用・采配で混迷を見せた前監督・中村との信頼関係は今一つに感じられ、それが自ら、ひいてはチーム全体の不調の遠因だったように思える。チームで一・二を争うほどのフォアザチーム精神の菊地原がこれではチームの一体感など夢のまた夢で、清原・中村の獲得が完全に負の方向へ作用してしまった象徴であった、とは言いすぎだろうか。
コリンズにはゼロからやり直す覚悟で投手スタッフを作り上げて欲しいし、1年目から大胆にも延江・仁藤ら高卒ルーキーをリリーフで大抜擢したって良い。同時に親会社もいつまでも清原のブランドだけに期待している場合では無く、中村問題で露呈する形となった(といっても落ち度は中村の方が圧倒的に高いのだが)バックアップ面の弱さを改善し選手達全員から喜ばれる球団を目指したって良いのではないか。ひいてはそれが新たなチームの一体感が生まれる要因となるのだから…

スポンサーサイト

  • 2007.04.08 Sunday
  • -
  • 02:18
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2007/02/20 3:03 AM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2007/02/20 5:14 PM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2007/02/21 1:48 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM