<< 一本のラインを作り上げろ 〜千葉ロッテ | main | 一にも二にも脱・日替わり打線か… >>

スポンサーサイト

  • 2007.04.08 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


無駄な補強でセンターラインの守備力低下 〜読売巨人

主な戦力表



今オフも「優勝しなければならない」の精神の下、補強ともいえない戦力掻き集めを行った。ハッキリ言って野手の補強は無駄ばかりである。もし補強選手が全員レギュラーに定着したら守備力は大幅な低下になってしまう。本当に選手育成のための忍耐・我慢が足りない球団という事を再認識させられたオフ、起死回生のウルトラCはあるのだろうか?
この野手の無駄は投手にも影響し、外国人枠の関係で成長著しい姜がフルに出られないなんて事になったら補強策は寧ろマイナスである。そうなると当然4番手以降の先発が不安であり、救いはここに飛び込む若手の多さなのだが彼らを使う力量は原監督以下首脳陣に存在するのか?

<守備力チェック>

捕=阿部の肩の状態が戻り一安心。星・實松とディフェンスに事欠かない控えも居る
一=李のゴロ処理は不安だがまあ安泰だろう
二=脇谷の成長には期待していないのか。ゴンザレスは未知数
三=そもそも本職がファーストの小笠原。昨年はサード自体少なくかなり不安
遊=二岡にオーラが無くなって久しい。ここに小坂が入れば…
左=高橋由が衰えゆえ前年同様ここに入るのが濃厚か
中=谷では無理。鈴木か矢野を起用したいがそうはいかないのが↓
右=新外国人ホリンズが座る場所。まあ無難らしいが実際にはどうか

<野手陣>

「監督たるもの常に他チームより優れている戦力を持ちたいものである」とは中日・落合監督のコメントである。その思想を持つ監督は、対外はフロントの消極的な姿勢には不満を抱かずにはいられないものだ(今オフの西武・伊東監督がいい例)。
だが圧倒的なバックボーンを持つ巨人という球団となると話は別。上記の思想を持つよりそれを抑える努力をしなければフロントがどんどん現有戦力のバランスを考えない選手獲得をしてしまいその結果監督としての手腕が発揮できずシーズンを終える…というパターンに陥りやすいチームなのである。原監督は03年の辞任の件もあり「結果を出さなければまた同じ目に遭う」という恐怖心の下、上記の思想を止める術は完全に消え去ってしまっている。おかげでセンターラインに楽しみな素材がポツポツと現れた所を完全に成長の蓋を閉めてしまった形となってしまい、この時点で育成枠ドラフトで魅せた「育成の巨人」という姿勢が虚しく感じてしまう。
おかげで独断オーダーは完璧に妄想といえるものになってしまった。完全に守備の事しか考えていないからこうなったのだが、これでもまだ足りない。小笠原を外してセンター鈴木・ライト矢野という布陣が最も安定性あると思う。ベテランの域に入った小関はライトが適性ポジションで、西武時代はセンターだと時々考えられないミスをやらかす選手という印象が残っている。ショート小坂の凄さは語るまでも無く、ショートは安定性ももちろんだがそれ以上にダイナミックさ・守備範囲が求められるポジションなので、故障絡みで冴えを失いつつある二岡がショートのままで良いのか首脳陣にはもう一度自問自答して貰いたいのだが。
ともかく安定してセンターを任せられるのが鈴木しかいないのが最大の泣き所となる。新外国人ホリンズはアメリカでは守備の方も買われていたが、軽快なフィールディング、という訳にはいかず強肩強打タイプだから適正としてはライトだろう。昨年前半は高橋由が守ったポジションだが肩・守備範囲の衰えは明らかで途中からレフトに回される結果となった。故障続きなシーズンを送っているから打撃はともかく天性の身体能力が要求される守備面が今更復調するとは思えない。これは新参者・にもいえる事で、3番を任されるようになってから走塁面で機能しなくなりただのバッティングマシーン状態に。その打撃が2年続けて不振に至っているのが現状であり、補強とはいっても前年の打撃成績が矢野と全く変わらない(しかも谷の方が場数多い)選手を獲って何になるというのだ。しかも守備面では矢野の方が遥かに上回っている。そう、巷でオリックスの最強外野陣は「イチロー・田口・谷」とされる事が多いがこれがそもそもの間違い。こんな報道がされる度に「本西の事は記憶から抹消ですか?」なんて突っ込みを入れたくなるものだが、谷はイチロー・田口が脇にいるからこそ生きた人材であり、実際オリックス時代はファーストに回される事も多かった。そしてイチロー・田口が居なくなるとあっさりとオリックス外野陣は崩壊。特に03年はエラー機会の少ない外野なのに二桁失策を記録するなど散々であった。そして昨年は高橋由と同じくレフトに回されているから、守備での期待は早めに捨てないと早々に転落する危険が高い。
ゴンザレスを何のために獲得したのかも意味不明である。外国人枠で困るわ、脇谷の出番は減るわで良い事無いはず。「脇谷が成長しきれない時の保険」とメディアを通じて語られているが、首脳陣が脇谷を我慢しきれずメジャー経験が豊富というゴンザレスの誘惑に負けるという事は容易に想像でき、どうにも若手の成長を見守るという我慢が始めから存在していないのではないかと思わされる。ユーティリティプレイヤーとしてゴンザレスを評価する前にやるべき事は沢山あるはずだ。
打線の組み方も非常に困難を伴う要素で、4番・李を基本路線として小笠原は日本ハム時代と同様に3番、5番には右の大砲として期待がかかるホリンズが濃厚だが、二岡・高橋由ら生え抜きがすっかり外に追いやられてしまった感ありで、こんな調子で求心力が付くのかいささか疑問。谷が額面通りの働きをすれば1番は何とか埋まるが、そうでない危険性の方が高い現状では代わりのパターンが欲しいし2番にも人を得ない状態。二岡が2番に入るような事があれば生え抜きはすっかり期待から外れているといって良く、昨年も李や小久保などに送りバントさせてきたのだから二岡が小粒な2番打者に成り果ててしまうという危険も十分考えられる。どうやらどこをどう考えてもマイナス要因が絡んでしまうのが今季の巨人打線らしい。
2番打者の適性という観点では、脇谷は社会人時代大振りが目立ち現在もその名残がある。四死球も一桁と早打ちなので、俊足を飛ばしての1番定着が望まれる。一見適性がありそうな小坂だが、ロッテ時代は後期につれて2番が少なくなりバレンタイン監督時代は1試合も無かった。バッティングに関してはあれこれと考えて簡単にフライを打ち上げるという悪癖が見られ、1番や9番で思い切り打てる措置がとられた所ようやく成績上昇したのが05年であったから適性は低いというのが正しいだろう。こうして見て行くと現有戦力ではこの穴を埋められないという結論に至るので、やはり二岡が入ることは避けられないのだろうか。現状では脇谷・鈴木でコンビを組ませたうえ、バントなどの作戦は雁字搦めにさせず快足を生かすべく自由に打たせる、といった措置で打撃が今一つな両者の殻を破るべきであろう。

<投手陣>

「アジア枠」という得意の「巨人のお家事情に合わせた制度導入」が今オフのフロントの動き。李に加え昨年終盤に台湾出身のという好投手が台頭、育成枠では数多く台湾・中国から選手を招いているという人事もあり、新外国人野手を揃え、さらにキャンプで入団テスト生を招いているのもこの制度導入を見込んでの事だったのかもしれない。だが今季からの導入は見送られ、外国人枠をどう遣り繰りするかという課題を突き付けられた格好となった原。
その姜をどう起用していくかで今季の投手陣は大きく左右されそうである。クローザーの豊田が不安定化しているチーム事情からクローザーに回す案も浮上しているが、クセ球で勝負するタイプだから決め球が無いとなると恐ろしい結末に至りそうなのでお勧めできない。逆に先発に組み込めれば不安要素の多い高橋尚門倉をリリーフに回して年齢バランスも秀逸なものとなるだろうが、やはり最大の懸念は野手3人との兼ね合いである。
先発予想には新人・金刃を入れた。同一リーグで同じ左腕投手であるライバル・大隣(ソフトバンク)と何度も対決し力を増していった大学時代。大隣ほどのスピードは無いが実戦力という点では上回っていると推測する。得意球のスプリットは空振り用と打たせる用の2種類あり、投球フォームがしっくり来ない日でも「その中でどう投げるか」という気持ちの切り替えの早さはまさに即戦力。当然先発の一角を期待するのだが、「選手の特性を理解せずただ手薄な所にはめ込む」というのが巨人の悪しき伝統なので左投手が不足しているリリーフに回される危険が大きい。そうなると元来先発向きの久保が昨年リリーフで悪戦苦闘したのと同じ目に遭ってしまうのは時間の問題である。
この金刃を初め相変わらず大化けの期待が持てる有望株が多い。野間口・辻内・福田・真田…。だが多く見積もっても13人しか一軍枠は用意できないし、今季も他球団から門倉・吉武という実績ある投手が加わったので可能性は限られるだろう。
門倉は悪いなりにも10勝したのは立派なのだが防御率・イニング数の劣化が激し過ぎる。05年は197イニングという量をこなした結果奪三振王(177個)にも輝いたが、昨年は158イニングで114個だから数でも割合でも及ばず、球威・キレが鈍っていると容易に推測出来る。被安打187という膨大な数にしてもそうである。吉武もソフトバンク側がプロテクトしなかったという事もあり同様の危惧がなされているが、三振数の減少(49→36)以外は特に不安なデータも無く余力は残っているだろう。過去に先発完投型エースを狙っていたがその野望が尽き果て、ようやくリリーフとして活路を見出す事に成功したのが03年。元同僚の倉野と同じく浮き沈みの激しいプロ生活を送っているのがマイナス要素だがカットボールをコーナーに配した打たせて取るピッチングが出来れば同様の活躍は期待して良い。
その吉武が加わったリリーフ陣。昨年中盤以降の落ち込みで不安視が止まない豊田であるが、西武時代末期から既にその予兆はあった。02年は防御率0点台という完璧なリリーフを魅せ、翌03年もやや上昇したとはいえ1.24はずば抜けた数字。これで2年連続セーブ王となったものの04年は故障が長引きわずか11セーブ。防御率こそ0点台であったが翌年も故障し内容も悪化(3.97)。そのため西武フロントも何が何でも引き止める、という姿勢ではなかったのだろう(監督の伊東は流出に怒り心頭だったが)。同時期にFA移籍してきた野口が全く戦力になれなかった事もあり、過去の実績だけを見てのFA獲得はもう止めろ、という声しか出て来ない。
話は脱線するが、大学・社会人を経ての選手つまり「即戦力」は、対外はアマチュアでの実戦経験を下に自分自身の野球観を身に付けている選手が多数であろう。だから久保のように先発からリリーフへと配置転換されても中々それに順応出来ないという現象が生まれる。反対に高校卒のはリリーフに順応しているという印象。03年に先発で見出された頃はとにかくストレートに速さが無く技巧とキレで抑えているという印象だったが、現在は140キロ台中盤まで速さが上がり、決め球のフォークも結構なもの。高校卒選手は起用法・指導法次第でどんな形にも成り得ていく良い見本である。
このため巨人の永遠ともいえる課題のクローザー不在を解決するには、即戦力に頼るのではなく高校生を時間を掛けてクローザー色に染め上げていくのが確実だと思う。他球団のクローザーを見てみるとほとんどが即戦力選手だが、日ハム・楽天以外はいずれも速いストレート+決め球1種類が優れているが入団時点では粗の方が目立っていた未完タイプ。そこからクローザーとして育てていった結果が定着なのであった。一方の巨人は逆指名などで即戦力を獲得しても巨人スカウトは先発本格派タイプにしか価値観を見出せないので、リリーフにはめ込んでも期待通りの働きが出来るとは考えづらい。本気でクローザーを固定させるのならば考慮しても良い案ではないだろうか。
今季を考えれば新たなクローザー候補は福田か。肘の使い方が気に入らないが、昨年も序盤は荒れ球で相手を翻弄して中々の結果を出していた。本人は「3種類のスライダーが自慢」と言っており、大きく曲がるスライダーは魅力なのだがキレが不足しているのか変化が早すぎるという印象。縦のスライダーを使いこなせるようになり、フォームも矯正できれば大塚(アメリカ)のようなクローザーに成長する可能性は大なのだが…。彼以外では昨年リリーフの際好成績を出した西村か。素質は林以上なので、的確な指導が出来れば最高のリリーフへと変身できるだろう。

スポンサーサイト

  • 2007.04.08 Sunday
  • -
  • 23:16
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2007/02/17 1:45 AM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2007/02/17 9:37 AM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2007/02/17 3:44 PM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2007/02/17 8:51 PM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2007/02/17 10:16 PM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2007/02/18 5:22 AM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2007/03/20 11:28 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM