<< 自由気ままに語る・13 | main | 無駄な補強でセンターラインの守備力低下 〜読売巨人 >>

スポンサーサイト

  • 2007.04.08 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


一本のラインを作り上げろ 〜千葉ロッテ

主な戦力表



WBCによる調整遅れという低迷の言い訳理由が随分と唱えられた昨年。言ったからには当然今季は低迷が許されないのだが選手層の薄さは改善されたとは言い難い。特にセンターラインであるセカンド・センターが日替わりで良いのだろうか?
先発が6人揃っている投手陣だが、ソフトバンクと違って代替要員が居ないのがキツイ。リリーフ・小林雅に繋げるパターンにも不安が多く、今季も薮田・藤田だけでは心許ない。果たして4枚目以降にリード時を任せられる素材は居るのだろうか?

<守備力チェック>

捕=控えが弱い。里崎は下位に座ってじっくり守備に頭を使って今季も常時出場を
一=福浦で万全。決してズレータに就かせるとか変な事はしないで欲しい
二=堅実タイプなら塀内、華麗タイプなら根元か。堀の衰えは不安
三=まだ若年故動きが冴える今江。下らないミスを無くしたい
遊=TSUYOSHIにどれだけタフさが付いているか。育ちきらずでの小坂放出は早すぎた
左=故障持ちだがべニーが座る以外有り得ない。これが歪みにならなければ良いが
中=サブロー・大塚以外に安心して任せられる選手が居ない。意外と早川が出てきたり…
右=左利き、ということで大松か。まあ日替わりになるだろうが

<野手陣>

実はリーグ優勝を勝ち取った05年から、既に野手陣の低迷の予兆はあったのかもしれない。確かにこの年はバレンタイン監督の日替わりオーダーを駆使した「魔術」ともいえる采配が冴え、熱心な応援団とも相まって「全員野球」を強烈に印象付けた。だが実際は一・二軍の入れ替えが非常に少なく、正確には「『一軍の』全員野球」といった方が語弊がなかっただろう。井上・垣内・林らベテランは衰えが激しく、渡辺正・早坂・塀内・大松・竹原ら若手がまだまだといった印象で、一・二軍の戦力差は思っている以上に激しかった。バレンタインはそれに気付いていたからこそ、アジアシリーズでの中国戦など比較的楽な試合では彼ら若手に実戦経験を与えるなどしてきたのだろう。
だから小坂や李といった主力の予想外の放出は、思っていた以上に痛手となってしまった。西岡(TSUYOSHI)がタイトルホルダー(盗塁王)にまで成長したからフル出場していない1億円プレイヤーの小坂を切っても大丈夫だろう、長打力はチームトップだけど穴も多いし大砲に頼らない打線だから李を無理に引き止めなくても良いだろう、そういった心の油断が一気にBクラスにまで転落した要因ではないだろうか。さらには「WBCに12球団最多となる選手数を派遣したから」という言い訳まで用意して。そうして一気に手薄な陣容となってしまったが、収支のバランスもあり1年で整える事など出来やしない。だからドラフトでは7人の退団選手が生まれた外野手を埋めるので精一杯だった印象で、捕手・内野の薄さはそのまま。金をはたいて大砲のズレータを獲ったものの指名代打では打線はパワーアップ出来ても陣容に厚みを加えられない。
と、2年前から現在のロッテを取り巻く状況を軽く述べてみたところで本題に入る。人員不足だった上従来の戦力の成績下降も目立ち一気に貧弱となった打線。ランナーを出すには出すのだが決定打が出ず残塁の山を作り上げたというのが昨年の印象で、これを解消するためにソフトバンクを自由契約になったズレータを獲ったのは周知の通り。だがこれにより故障がちなベニーが守りにつかざるを得ない状況となってしまった。無理を承知でファーストズレータ・ライト福浦という布陣にしてベニーを指名代打にしても、6年ぶりとなる福浦の外野守備が安心なはずがない。となるとセンターはサブロー大塚で固める事が絶対条件となってくるが、いずれも打撃成績を大幅に落とした昨年。あまりの不調のためセンターに大松平下を持ってくる攻撃的布陣も採られた訳であるが、それがチームの不安定化に一役買ってしまったのが昨年であり、まずはセンターラインを固める事が再浮上の絶対条件なので特にサブローは意地でも復調して欲しい所。
そのセンターラインでもう一つ不安定なのがセカンド。がついに衰えの波に呑まれたという印象で、その都度代役で出てきた根元・塀内・渡辺正は打撃が弱過ぎて穴を埋められず。根元は1・2番を打つのが役割なはずなのに大振りが目立ち、三振率は見事に4割越え(.444)。大学時代は3番を打っていたからプロ入り後切り替えが出来なかったのが直接の原因だが、「長所を伸ばす」のが信念のバレンタイン流の指導が「好き勝手に野球をやらせる」事だったらそれも物悲しい話である。塀内や渡辺正もパンチ力こそ十分だが打席数に比して三振が多く役不足、落ちるボールを正確無比に投げられたらお手上げという粘りの無いバッティング。これでは堀の代わりが勤まるはずも無い。
そんなこんなで頭を悩ませながらオーダーを考えてみたものの、ズレータに4番がすんなりと務まるかどうかが怪しい。ソフトバンク時代は松中という押しも押されぬ4番打者が控えており、ズレータは彼の後ろで睨みを効かせる5番打者。だがロッテには彼以上の打者も彼に追随するスラッガーも居ないので、そのまま4番に入ったらソフトバンク時代よりさらに厳しく攻められて低迷する恐れが高い。今江や大松が急成長を遂げてクリーンアップに収まる事を期待するしかない悲惨ともいえる状況で、昨年と同じように里崎やベニーが入れ替わりクリーンアップに入る事となるだろう。だがこの2人が成長すれば、福浦を2番に置いて打撃が不安定なセカンドの面々を下位に回せるから打線に繋がりが生まれるだろう。大松は昨年こそ場数を踏むにつれて勢いを失ったが、本来は対応力もある柔軟さを兼ね備えたスラッガー。昨年の経験が糧になると信じたい。

<投手陣>

「『一軍の』全員野球」だったのは投手陣も同じ。05年は10勝投手が清水・渡辺俊・小林宏・小野・久保・セラフィニの6人だったが、イニング数で見ると彼ら以外に50イニング以上投げた選手はたった1人(薮田)。6人全員が100イニング以上と抜群の安定感を見せたのだが、その他の先発投手は加藤・黒木・手嶌の3人で合計8試合だけ。当然一軍昇格した選手は中継ぎに活路を見出すしかないのだが、薮田・藤田・小林雅以外にも小宮山・高木・山崎が控え新戦力の出番は無きに等しく、結局セラフィニが移籍しベテラン揃いの中継ぎ陣が衰えた昨年は安定性に欠く結果となってしまった。
その煽りを受け、先発の頭数が他球団よりいやに少ない。一軍レベルで見るときちんと6人揃っており良いのだが、彼らをサポートする人材は皆無に近い状態である。加藤は4試合のうち5回持たずだった試合が3度もあり、黒木は昨年の5試合全てがリリーフというように衰えは明らかで、今季大量に獲得した大・社ドラフトを経た新人の面々も全て中継ぎタイプだから上積みが出来ていない。
そこで大穴が開いた際は昨年の成瀬のような思い切った抜擢が必要となってくるだろう。まず候補に挙がってくるのが成瀬に近い世代の高校生。05年まではいずれもファームで順調に数字を残して来ていたのでロッテの育成手腕とともに信憑性を持っていた。だが浅間が昨年ヒジの故障でファームでも登板無しに終わり、は一軍昇格を果たしたもののすっかりリリーフが板に付いている模様。三島は大幅に防御率を落としており…という風に抜擢時期を逃しており当然今季も期待薄。となると昨年のファームの最多イニング投手・古谷や横浜からトレードで獲得した龍太郎に故障でつまずいた手嶌が層を厚くする候補となる。手嶌は04年の自由枠投手で、僕は無謀にも新人王獲得を予想していた。140キロ台後半のストレートは同期の久保と同様の特徴だったが、久保が実戦的なピッチャーなのに対して手嶌のストレートは強烈な勢いでホップする。いわば凄みでは断然手嶌の方が上だったのだが、投球術・けん制・クイックといった実戦力の面で久保に遅れをとって05年は1試合だけの登板。そして昨年だが、何とか盛り返したい所だ。
既存選手ではやはり不安なのが渡辺俊。その投球フォームの美しさは何も言うことは無いのだが、元々制球力は並レベルなのでキレを失うと昨年のような結果になってしまう。ストレートだけでなく微妙に変化する高速シンカー、独特の軌道を描くカーブというように彼の球は全てキレが生命線。今季は万全の調整を経て本来の調子を取り戻したい。
主要メンバーは05年からほとんど変わり映えしないだけに安定感・信頼性の面では事足りるが、30歳代に突入しているメンバーが増えているのが不安点。高齢化が進み従来のように長いイニングを投げる、という事が出来なくなったら中継ぎでカバーするしかない。薮田・藤田以外あまり目立たなかったのも先発陣が長いイニングを投げてくれるためだったが、そろそろこの面の補填が必要不可欠となってきた。台湾球界から加入したがその期待の一人であり、成瀬が一転不振に陥れば先発も任せる事が出来るぐらいの実績は作っている左腕である。
大量に獲得した新人の中で期待されるのが荻野・江口辺りだろうか。だがリリーフ狙い撃ちで指名しただけあってやはりスケール不足を感じてしまう。恐らくフルには活躍できないと思うので、前年指名した川崎・相原という特徴ある選手の抜擢も考慮しながら頭数を揃えていきたい。今季も小宮山や高木といった「敗戦処理専用機」に頼る事があれば危険信号。薮田・藤田に一定の安定感があるので出来れば他のメンバーにはスケールと特徴ある選手を当てたい所であるが。昨年のように「3人で勝利の方程式を作り上げ、残りは敗戦処理で良い」なんていう発想は時代遅れで、5人なら5人全員で小林雅まで繋げる一本の道を作る事こそ真の全員野球なのではないだろうか。特に「先発が早いイニングで降板したが試合自体はまだ壊れてない」という展開になったらどう継投していくかを考えたい。昨年の王者・日本ハムはそれが非常に巧かったから是非参考にしたい。

スポンサーサイト

  • 2007.04.08 Sunday
  • -
  • 09:29
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2007/02/14 11:05 PM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2007/02/15 2:28 AM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2007/02/15 2:57 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM