<< ライバル関係はすっかりD×Tに | main | 岩村・五十嵐しか成功しないのでは寂しすぎる >>

スポンサーサイト

  • 2007.04.08 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


戦力を固めた事が逆に不安 〜福岡ソフトバンク

主な戦力表



野手・投手とも積極的な補強で優勝候補と言われるが、この補強が不安点も生み出している。普通に起用していては多村・小久保が無傷で1年過ごせるとは考えづらいし、この補強によって上昇機運にあった若手の成長も止まってしまうかもしれない。そう考えていくと圧倒的なペナントとはいかないはずである。
先発をスケールある投手で6枚揃える事に成功した投手陣も同じで、むしろ大切なのはその先の彼らを起用方法である。昨年は森脇監督代行が指揮を執った試合が多かったが、形式どおりの起用が目立ちスケールある投手陣が生きなかったように思う。王監督の健康面に不安がある現状では当然代行の可能性が高く、そうなったらシーズン1位の座に就くのはかなり苦労するはずである。

<守備力チェック>

捕=山崎・的場ともに肩力が物足りず。当然新人・高谷にもチャンスはある
一=松中はここ2年間指名代打ばかり。田上が守ることも頭に入れなければならない
二=堅実だがオーラのない本間に本多がどこまで対抗できるか
三=小久保の守備力は健在だが故障の事を考えると無理はさせられず
遊=不安要素が多い内野だがここは川崎で安泰
左=恐らくは多村が就くであろう。離脱しないことを祈るだけである
中=大村で不動。ただ肩が強くないのでひょっとしたら多村になるかも
右=柴原は打力オンリーになっている印象。アダム→守備固めに城所といったスタンスか

<野手陣>

強力打線から一転、主軸が徹底マークされて一気に得点力が低下した昨年。この梃入れをせんと3年前に巨人にトレードされた小久保をFA移籍という形で取り戻し、「松坂に続く甲子園の怪物」であった寺原を放出してまで横浜・多村をトレードで獲得した。ズレータの退団は防げなかったが新外国人のアダム・ブキャナンには日本球界の色が付いていない新参者だけに大化けの期待は持てる。
問題は首脳陣が、補強した面々について「不安要素もあるから彼らを信頼しきるのは止そう」という意識を抱けるかどうか。多村・小久保は昨年揃って場数が落ち込み、新外国人二人は大当たりの可能性もあるがやはり外れた際の事を考えなければならない。僕はあえて「多村が怪我する」「外国人のどちらかが外れる」と想定してオーダーを組んでみたが、この場合は松中・小久保以降の打撃の脆弱さは否めずという事になるので、意外な勝負強さを持つ山崎を7番に上げ、8・9番は上位への繋ぎの役割を果たしそうな人選をしてみた。城所はヒット量産型で外野の間を抜く打球に持ち味ある典型的な先頭打者タイプだが、決め打ちをし過ぎているのか三振がやたら多いのが玉に傷(昨年は69打数で28個という多さ)。本多は忘れた頃のオーバーフェンスもあり、城所同様俊足で三塁打も期待でき投手にとっては侮れない存在。この未来の1・2番とも取れる若手2人が作ったチャンスを、本来の1・2番コンビである大村・川崎が返すという形で小久保・松中にかかる重圧を軽くしたい所。ちなみに大村の昨年の得点圏打率はチームトップだった。外国人2人とも外れという最悪の事態が起こったら、レフトに柴原が入る。この形だと打線はともかく外野守備は城所・大村・柴原と完璧に近い状態を保てることだろう。
実際はそんな僕の理想通りにいかない物であるが、予想オーダーに示したような首脳陣の理想の形にスンナリ収まるとはとても思えない。多村の選手としての能力は一流でとにかく故障しない事を願われるが、この選手はどうやっても故障を発生させる選手なのである。週刊ベースボールでは「ほとんどが全力プレーの中での故障だから仕方ない」と気丈にインタビューしていたが、横浜時代の故障暦を振り返ると「ポスター撮影中にジャンプ→着地で捻挫」「試合前のキャッチボールの最中にぎっくり腰」「玄関で靴を履こうとしてぎっくり腰」「ストライキでの緊急握手会で握手のし過ぎで腱鞘炎」「耳の腫れ物が大きくなって大事をとって欠場」「荷物を肩にかけたままサインに応えて肩痛」「交通事故によるエアバックの衝撃で打撲」…これの何処が全力プレーの結果なのだろうか多村に聞いてみたい。(詳しくは「多村 スペランカー」で検索したらいやと言うほど見つかるはず)
話は脱線したが、この多村に関してはパリーグに移ったこともあり「指名代打制があるから多少の無理は効く」と思っている方が多い事だろう。だがここで問題になるのが、多村自身「僕は天性のホームランバッターではない」といった旨のコメントをしている事。これが何を意味するのかというと、多村は守備から全体のリズムを作っていく選手、という事なのではないだろうか。打撃だけでなく守備も強肩・守備範囲の広さ・ファインプレーの頻度とその後の故障の頻度どれをとっても超一流で、彼を大成させた横浜時代の山下監督は03年シーズン前「守備で期待している」と多村に声をかけた程。これで結果を出そうという力みが消えた多村はこの年助走をかけ、04年は3割越え・40本塁打と一流選手の仲間入りを果たすのである。だから些細な故障などで指名代打に就かせようとすれば途端に打てなくなるのでは、という危惧もしなければならない。
健康面の問題もあり王監督がこれから何年も指揮を執り続けるという事は考えづらいので、後任に道を残しておくという事も勝つのと同じぐらい重要となってくる。3年後も万全なのはショート川崎ぐらいなもので、長打力に衰えが見られる松中・小久保の後継者、アスリートタイプの外野手大村・柴原の後継者、それ以前に形を得ないキャッチャー・セカンドを誰に任せるか…という風に、巨大戦力であってもやらなければならない事は無数に存在する。小久保・多村が加わらなければ大化け候補には仲澤・井手・江川辺りの名を連ねたかったが、今となっては2〜3年後を待つしかない状況だ。05年ドラフトの希望枠・松田を16人枠に入れたものの、「控えは確実性を重視」の下稲嶺吉本の方が入る可能性も高い。
ともかく予想メンバーが額面どおりに働けば打線も守備も強力である。だが不安はどうしても隠せない。首脳陣も王の健康がやはり不安要素であり、一つ歯車が狂えばチーム崩壊という事にもなりかねない。その際は松中のリーダーシップに期待するしかないだろう。故障がちながら走塁では常に全力疾走を怠らない若手の手本であり、鈍足と言われながらも昨年は一塁駆け抜け4.2秒台をコンスタントに出すまでに足の状態は上がっている。元チームリーダー・小久保が手を下す必要の無い位、今季も松中には野手陣を引っ張って貰いたい。

<投手陣>

野手同様に大幅補強を図った。斉藤和・和田・新垣・杉内の先発4本柱は健在で、昨年は5・6番手の先発が泣き所となっただけに、ヤクルトとガトームソンとの交渉が決裂するや否やすかさず獲得。ガトームソンのヤクルトへの要求は2年7億であったが、ソフトバンクとの契約では2年2.5億程度の額に収まったためゴンザレスとの併用によっぽど不信感を抱いていたのだろう。変則ローテーションの中防御率2点台・ゲームメイク率100%という完璧な内容を残し、交流戦でも楽天戦でノーヒットノーランしているようにリーグの違いにも対応できるだろう。
これに加えてドラフト希望枠で大学球界ナンバー1左腕・大隣を加え、先発6枚全員をビッグスケールで固める事に成功した今オフ。だがここにフロントひいては王以下首脳陣の心の油断がある。仮に杉内が不調を持ち越したり、ガトームソン・大隣がつまずいて戦力になれなかったりしたらどう対処するか、という部分で非常に不安を覚えている。昨年4本柱に次いで先発機会の多かった寺原をトレードに出したのもその分子の一つで、将来「怪物」となるのを見込んでドラフト1巡目で獲得したにも拘らずその成長過程を見届けることなく5年で退団させるその姿勢にも不安を抱いてならないのである。倉野・星野・田之上はとうにピークを過ぎているし、寺原と同期である神内にしても、メンタル面で「自分もゆくゆくは放出されるのでは」という思いを背負いながら先発・リリーフの二刀流をこなさなければならない。折角高橋秀や育成枠から這い上がってきた西山の抜擢など「金に物をいわせるだけじゃない」というイメージが大きくなっていたからこのオフには相当がっかりきた。
さて先発スタッフであるが、エース斉藤和は二段モーション規制も乗り越えてすっかり充実。若き頃はルーズショルダーに悩まされ苦しんだだけに、30歳に到達する年齢も気にならない。秋季キャンプで肩に炎症を発したとの事だが、その辺のケアの経験は積んでいるので問題ないだろう。結婚とワクチン支援という責任感を背に成績を上昇させた和田も無問題。速球派でないので今季も存分に安定感を発揮する事だろう。不安要素があるとすれば3番手以降。1シーズン内で浮き沈みが激しい新垣は和田と対照的なパワーピッチャー。昨年は前半こそ完投を続ける快進撃を魅せたが次第に調子を落とし、終わってみれば和田に成績で抜かされてしまう結果となった。特に最後の登板となった9月24日オリックス戦では7回にスタミナが切れたのか一挙5失点を喫しチームも3位に留まってしまった。縦のスライダーは言うまでも無く万全なだけに、不振に陥ったときに他の変化球を駆使して打ち取るという技術も身に付けてもらいたい。杉内はストレートの披打率が悪化し全体的にリズムを崩す結果となった。あの極限までに球持ちの長いフォームから放たれるストレートをもう一度復活させたい。MAX152キロ左腕・大隣は4年春こそ不調だったが秋に復活。この上昇機運をプロに持ち込めるかが1年目の活躍のカギである。ガトームソンは一にも二にも気持ちの問題。オフの騒動だけでなく、「ヤクルトのエース」から「ソフトバンクの先発の5番手」にまで役割は下がる訳だから、斉藤和・和田らの活躍を見ても焦らず自分のペースで投げられるかどうかが重要だろう。
寺原だけでなく中継ぎの吉武をも犠牲とした形になったオフの補強策。藤岡柳瀬の成長を見込んでプロテクトから外したのだろうが、何度も言うようにその油断が命取りとなる。
そのリリーフ陣。クローザーは馬原で安泰だが、彼以外に縦の変化球で勝負出来る人材が不足している。柳瀬の他は故障上がりの山田・山村ぐらいしか見当たらないのではないか。神内は世間一般的な決め球であるスライダー・フォークよりもカーブが冴えるピッチャーなので先発かロングリリーフで使いたいが、左では三瀬が05年中盤以降ピリッとせず、篠原はスタミナに不安がありショートリリーフにしか使えない。藤岡が疲労を持ち越し不調に陥れば一気に崩壊の危険性もある危なっかしいスタッフである。今のところはシンカー取得を目指すなど視界は明るいがシーズンインしたらどうなるかは解らない。もし2年目のジンクスに嵌れば彼と同タイプの竹岡が埋める事となりそうだが、折を見てルーキー森福ニトコースキーも抜擢して陣容を整えたい。特に新外国人ニトコースキーは、野手のアダムとともに球団初の海外スカウトによって入団した助っ人。高額を叩いては失敗を繰り返した過去2年の外国人戦略から脱皮できるか、しっかり見届けたいと思う。

スポンサーサイト

  • 2007.04.08 Sunday
  • -
  • 18:14
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2007/02/10 9:33 AM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2007/02/11 5:19 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2007/02/19 1:04 AM
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM