<< 読谷←これが何て読むか未だわからない | main | 衰退しても転落しない王者 >>

スポンサーサイト

  • 2007.04.08 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


数年来のスカウトの真価を問う 〜阪神

主な戦力表



野手の高齢化・投手のエース退団という二つのマイナス要素を背負ってしまい正念場。主力が底力を発揮すれば野手は万全なのだが踏ん張りが利かない年齢に突入している選手が多いのも事実。おまけに手薄にも程がある控え陣は何とかならないものか?
投手はここ数年来続けている即戦力投手の指名もあり「井川の穴は若手で埋めれば良い」という空気だが、その指名選手自体に問題があるので過大な評価がしにくいのが現実であり楽観視している余裕は無いはず。筒井・岩田・金村・小嶋を化けさせる指導者は現れるのか?

<守備力チェック>

捕=矢野の盗塁阻止は見事なのだが今季もそれを保てるかどうか
一=シーツの捕球能力は重要かつ貴重。他の面子は一皮向けるべき
二=藤本・関本の併用は健在か。藤本の方に味がある
三=今岡の動きの悪さはよく聞く話。目をつぶれる位の価値を取り戻せるかの方が大事
遊=失策が膨らんでしまった鳥谷。ファーストが硬いのだから臆することなかれ
左=金本は乱れるシーズンとそうで無いシーズンがあり読みづらい。守備範囲は狭いが
中=肩の劣化が目立った赤星。走塁だけでなくこの分野も復活させなければならない
右=肩が戻った濱中だが逆に安定性に欠ける結果に。改善求む

<野手編>

05年こそ打って打ちまくる打線が爆発、強力リリーフ陣とマッチして優勝を果たしたものの昨年は一気に得点数が100以上減少する羽目になってしまった。そのため関本が2番に入り送りバントを活用する戦略に切り替えたのが後半戦。
成績を上げたのがこの関本以外では濱中・シーツ・鳥谷の4人。矢野がイーブンという感じで後の赤星・藤本・金本・今岡がダウン。とりわけ05年の主役であった赤星・金本・今岡のダウンはモロ得点能力に支障をきたした格好となった。
中でも今岡の不振は最も酷く、コアなファンには「最悪時代の再来」と言われたほど。故障も原因の一つだったが、得意としていたインコースの捌きが全く冴えなかった。とにかく内角球を引っ掻けてポップフライか内野ゴロ併殺、というのが恒例行事で、守備でも狭く曖昧な守備範囲で足を引っ張った。プレースタイルを見ていると思わず「金本より年喰っているのではないか」という嘆きが出てしまう程であり、一応近年の顔に免じて予想スタメンには入れたが精彩を取り戻せるのか疑問。
この今岡含め、金本・矢野が耐用の限界に差し掛かったらどうするか、という観点でオーダーを考えてみた。赤星の機動力の復調にも信頼を寄せづらい状況だから2番・関本は変わらないのではないか。もう一人のセカンド藤本は小技タイプにも拘らず淡白なバッティングが目立ちとてもじゃないが2番は任せられないだろう。4番には和製大砲として蘇った濱中。03年星野前監督に潰されかけただけにどうなるかと思ったが、昨年の活躍を見てとりあえずは安心した。初の100打点到達といきたい今季である。打線の強さを考えれば7番藤本が障害となりそうだが、ここに喜田辺りがサードの水が合って覚醒すれば面白くなりそうだ。まあ現実的には岡田監督のベテラン偏重起用も考慮してシーツがサードに入りファーストは高橋光か…などと考えてしまうのだが。矢野衰退を想定してのキャッチャーはとりあえず過去2年の実績からして浅井。だが浅井は01年ドラフトの自由枠選手であり、彼の成長を信頼するなら後のドラフトでも上・中位で岡崎橋本良・清水を獲る必要があったのかとフロントに問い詰めたい。
予想オーダーに並べたメンバーは、額面どおりの働きをすれば間違いなくリーグ屈指の打線となる。だが2〜3年したら確実に崩れてしまう、いや既にその予兆が見え始めている内部がスカスカの城に何を見出せというのだろう。岡田の監督評価は世間体では高い方だが、こうして来るべき数年後の将来に全く備えられていないのだから僕の中では低評価せざるを得ない。この城が崩れ去ったら上記で名を挙げた喜田・浅井はもちろん林・赤松・桜井・藤原・坂・狩野・岡崎といった選手がレギュラーを争いそうだが、一軍ではほぼゼロからスタートする彼らにいきなり赤星や濱中・矢野級の活躍をしろといっても無理がある。だから桧山・片岡・野口らの一軍に拘らず、控えでもいいから期待の新星を数人ベンチに入れておくという配慮が必要であったが今更嘆いても始まらない。投手陣もぐら付いており首脳陣は確実な戦力で固めたい所だが、新戦力が2人でも3人でも出て来なければ今季は良くても来年以降の暗黒時代の再来は時間の問題だ。
シーツという捕球の鬼がファーストにデンと構えており安心と思えた内野守備だが、鳥谷の21失策というのは機敏さ・強肩を差し引いても酷くないか。関本・藤本ともにセカンド守備は無難だが、センター赤星のスローイングの衰退もあり、現実にはセンターラインはベテラン矢野が支えているというのが適切か。特に心配なのが機動力も冴えを失いつつある赤星で、既に30歳代に突入している事もあり筋力面での増強は難しいかもしれないが、1番センター赤星抜きの阪神野手陣は考えられないので意地を見せて欲しい。

<投手陣>

エースであった井川が抜け、当然その穴埋めが第一課題となる。だがとりあえずそれはこっちに置いといて、まずは磐石と思われているリリーフ陣から語りたい。
阪神リリーフ陣といえば当然「JFK」が真っ先に頭に浮かぶが、久保田の先発転向プランもありほぼ解体が濃厚。この穴はダーウィンか、メジャーでクローザーとしてある程度の数字が残っているジャンで埋めれば良いや、なんて考えているのだろうがこの外国人への依存の高さがまず不安。野手の不成功続きと比べ投手はウィリアムスはじめメイ・ハンセル・カーライル・ムーア・バルデス・リガンと失敗が少ない事で全般の信頼を寄せているのだろうが、ダーウィンは昨年後半の失速があるしジャンは先発も含めた調整をしているとの事で未知数。
不安点としては、今季日本球界5年目となるウィリアムスに対しても抱いている。04年に多少乱れたという程度でリリーフでブレ無く活躍を続けているのだが、外国人に関しては日本での耐用年数が全体的に短い。近年長らく在籍した選手はというと以下の通り。
 グロス     5年(4)     ミラバル   6年(5)
 ブロス     5年(3)     ミンチー   7年(5)
 パウエル   6年(5・現役)  ドミンゴ   5年(3)
 シコースキー 5年(4)     ガルベス   5年(4)
 ギャラード  5年(4)

 ※()内は主戦力だった年数

郭泰源という13年もの長期間選手が現れるのは極めて稀で、普通の感覚なら5〜6年がやっとである。しかもリリーフタイプの名前が少なく、シコースキーとギャラードだけ。上記の中で退団したシーズンにもきっちり仕事を果たしたのはシコースキー1人。つまりウィリアムスまでが成績不振に陥る可能性も否定できないというのが今季。
藤川・久保田以外の日本人リリーフに安定感のある選手が皆無なのも気掛かりだ。05年の好成績者は橋本健・江草・桟原だが、昨年は総入れ替えもあり吉野・相木ぐらいのもので、スケールも場数も物足りない。こうして見ると松坂が抜けた西武同様、先発よりもリリーフの整備が重要な課題に思えてくる。先発経験はあるものの緩急に欠けゲームプランニング能力が未知数な久保田は先発よりも中継ぎに留める、先発リリーフどっちつかずの江草・能見辺りの適正を見極める、といった作業が首脳陣に求められる事だろう。
思えば99年以降のドラフトでは毎年枠いっぱい逆指名を行使している阪神。「逆指名=投手偏重」となっていくのが通例であり、阪神もその流れの通り14人のうち野手は的場(既に退団)・浅井・鳥谷・岡崎の3人だけ。それだけに井川の流出はあっても投手陣はもっと隆盛していたっておかしくない。安藤が主戦力、杉山江草・能見は何とか一軍スタッフの位置に届いているが、その他5人が出て来ないというのは不満。(いや伊達はもう去ってるけどさ)逆指名とはチームの柱になってもらいたい選手を狙い撃ちする制度のはずである。
だから結果の出ていない太陽・筒井・岩田にルーキー小嶋はもちろんの事、中位で指名してきた中村泰・三東・桟原・橋本健・金村辺りまで視野に入れて競争を煽ってもらいたい。当然彼らが伸び悩めば「野手が高齢化しているにも拘らず投手ばかり採って、おまけに失敗までして」などとスカウトの責任は二重にも三重にもなるのだからまさに阪神は今が正念場。
先発について述べるスペースが失われた感があるが、これまでの話を延長すれば大体理解して貰えるだろう。福原・安藤・杉山に上記の多数の有望株が合わされば新外国人ボーグルソン・ジャンに頼らなくても埋める事は可能だ。福原はローテ入り以降隔年でカーブのキレが良かったり悪かったりしておりそれが成績にも現れている。今季は悪い方にあたるのが不安要素。それでもエース候補の第一は福原以外あり得ないので気合で乗り越えて欲しい。年齢的にもピッチングスタイルでも大ベテランと形容するのがピッタリな下柳。懸念される衰えは速球派でも完投型でも無いので今季も自身のペースでひたすら投げ抜ければおのずと好結果は付いてくるに違いない。問題は井川が抜けた事で「自分が先発を引っ張らなければならない」という思いが沸いて来た時。もしそうなればペースを乱してしまう事は当然考えられる訳で、やはり最後尾から投手陣全体を押していくという立場で老獪なピッチングを続けてもらいたいものである。

スポンサーサイト

  • 2007.04.08 Sunday
  • -
  • 22:14
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2007/02/07 8:13 AM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2007/02/07 12:29 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック