<< 先発陣のゲームメイクを語る 〜完結編 | main | 復活そしてその献身的な姿勢には感動した >>

スポンサーサイト

  • 2007.04.08 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


優勝できる先発ローテーションについて思うこと

「勝利の方程式をはじめとしたリリーフがしっかりしているからこそ先発の役割が大事」と先日の記事で語ったのは周知のとおり。

では理想の先発ローテーションといえば、
誰もが「安定して試合を作れる選手が6人揃う」と答えるのは間違いない。(アメリカでは5人なのだが)



各球団もそれを理念としているからこそ、
その理想に近づかんと投手の補強に精を出しているに違いない。

だが過去の優勝チームにおいて開幕前の先発ローテーションを見てみると、
意外にも磐石のローテーションを揃えた、というチームは少ない。

たとえば昨年は日本ハム・中日が優勝した訳だが、
両チームの開幕時(3・4月)のローテーションは以下のとおりであった。



  日ハム      中日
  金村        川上
  江尻        マルティネス
  リー         ドミンゴ
  ダルビッシュ    中田
  八木        山本昌
  (ディアス・須永) (石井)


※()は谷間先発




このうち江尻が10試合・リーが11試合で息切れし
中田故障離脱、ドミンゴ造反劇で構想外に。


この後日ハムは橋本・武田勝・立石ら総動員体制で穴を埋めた。
中日は朝倉を配置転換し、佐藤充を抜擢しローテーションに定着させた。

結果的に6人揃ったのは中日の方で、
川上・山本昌・朝倉・佐藤充・中田・マルティネスというローテ。
それでも開幕直後とは3分の1構想がズレたということである。



このように先発6人が揃って優勝に突っ走った、と聞こえが良いチームでも、
実際に開幕時の構想のままペナントを戦い抜いた例は数少ない。

10勝投手を6人出した05年のロッテでも、
当初ルーキーの久保は中継ぎ(敗戦処理)であり、
加藤の方が優先的に先発起用されたものであったし、
終盤は小野がリリーフに回り、
その都度黒木が先発をこなすというロッテなりに忙しい起用であった。



極端な例を述べてみよう。
99年のダイエーと、01年のヤクルトである。



前年初の3位という事で上昇機運に乗りつつあったダイエーだが、
最多勝投手の武田FAで中日移籍という損失が発生。
頼みは大黒柱・工藤と前年長いトンネルを抜けて10勝した西村の2人だけで、
吉武・ヒデカズは上積みの期待よりも衰えの不安の方が目立っていたし、佐久本・田之上もまだまだ。
シーズン途中に加わったペドラザを先発に加えるという構想まで飛び出したのだから、
頭数の不足は深刻なものであった。

これを救ったのが前年0勝といういわば「計算外」の選手たちだ。
スランプにあえいでいた若田部復活しただけでなく、
2年目の永井・星野が揃って突如成長を遂げローテーション入り。
3人とも10勝をマークし一気に30も勝ち星が積み上がったのだ。
その結果球団初のリーグ優勝を果たしたダイエー。




ヤクルトの場合はもっと深刻で、
石井一・川崎・伊藤の3本柱でもっていたのが、
川崎FA移籍伊藤右ヒジ故障というダブルパンチを受けてしまった。
前年2人で11勝を挙げたハッカミー・レモンの外国人コンビも既に退団しており、
あろうことか石井1人という陣容に陥り、
未知数の選手に賭けるしかなかった01年のスタート。

この大穴を埋めたのが、巨人を戦力外になった入来。
雄叫びを連発する気合の投球でこちらも0勝から10勝という快挙を果たせば、
前年リリーフだった藤井(1勝)が開けてビックリ最多勝(14勝)という大活躍。
さらに前年の終盤に2勝しただけの前田も7勝と主戦入りを果たし、
3人で28勝も勝ちを積み上げた。
これにニューマン・ホッジス・山部・本間という小当たりを重ね、
紙一重の差で最強と持て囃される巨人との優勝争いを勝ち抜いた。





そんなペナントが印象に残っていることもあり、
開幕前変に戦力を整えようとする球団には期待薄、というのが僕の心情である。

開幕前に6人以上揃えて安心してしまうと、
シーズン中に問題発生した時に対処できなくなるものだし、
戦力の上積みというより、既存の主力の衰えの方を心配してしまう。
それに仮にそのチームが優勝しても「まあ当然だろう」ぐらいの感想しか得られないだろう。


逆に開幕前から穴が空いているチームでも、
その穴に飛び込まんとする選手達がゴロゴロと居れば期待は大きい。
上記球団が衰えを心配するのに対し、
こちらは戦力の上積みが大いに期待できるであろう。




と、これから球団分析などというベタな行為をやるにあたって、
そんな思考も頭に入れながらやっていきたいと思います。(激しくどうでもいい)

スポンサーサイト

  • 2007.04.08 Sunday
  • -
  • 13:01
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM