<< 2006年ドラフト分析・3 〜バッテリーを求めて | main | 自由気ままに語る・5 >>

スポンサーサイト

  • 2007.04.08 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


2006ドラフト分析・4 〜希望枠での野手獲得という度胸

<西武ライオンズ>
指名選手:木村文和(投)朱大衛(投)岸孝之(投)山本淳(投)原拓也(内)岩崎哲也(投)大崎雄太朗(外)

大エース・松坂大が渡米し、一にも二にもエース候補の獲得が課題となった今回。それ以前にも投手王国崩壊と騒がれていたからか、この2年で野手と投手のバランスが崩れているのが気掛かりな点である。他チームで言うならば広島と同じ状況。野手の世代交代が上手く行っているから投手偏重でいっても大丈夫、そんな気持ちが両チームに生まれているのだろうが、その一瞬の気の緩みが将来のチーム崩壊に繋がるのである。特にFA制度で選手流出も考えられる近年なら尚更である。

巨人・楽天との争奪戦に競り勝ち希望枠を取り付ける事に成功したのがである。鞭のようなヒジから放たれる快速球が最大の長所で、今年の日米大学野球ではアメリカの打者を完璧に近い形で封じ込めた。当然、首脳陣の期待はローテーションの穴埋めである。少々の穴があってもそれを補って余りあるスケールを持っており、すぐに起用して欲しいと願っている。
山本淳に負けず劣らずの素質を持っており、ストレートの最速は150キロを超える。しかしクレバーさに欠け実績も無いので素材重視の指名。24歳という年齢を考えるとそれでは困るのだが…。昨ドラフトも投手偏重の割に即戦力の指名が不足しており是が非でもすぐに使える投手が欲しいのだが、そこで名が挙がるのが岩崎である。山本淳と同年齢だがサイドスローから放たれるスライダーのレベルはかなりのものがあり、ショートリリーフとしてすぐに抜擢できるタイプ。頼れるリリーフ投手が不足している西武にピタリはまるだろう。

一方高卒の投手2人はかなりの時間を要するはずである。木村は踏み出しの歩幅が狭く上体主導のピッチングを強いられるのが欠点。それでもボールを長く持てるのは身体能力が素晴らしい証拠で育て甲斐のある右腕だが、一にも二にも指導者次第。木村の上をいく未完の大器の選手であり首脳陣は大変そうである。パワーピッチャーにありがちな左肩上がりのコントロールが安定しづらいフォーム。変化球も高卒にしては多い4〜5種類が持ち球だが決め手に欠けるようである。

昨年は捕手2人を獲りそのうち1人は正捕手がほぼ確約されている炭谷。そして今回の2人の野手は大学生の内野と外野1人ずつ。片岡・中村・栗山の24歳ラインのすぐ下の世代から固めていこう、という魂胆が見える。
は三拍子揃った遊撃手。守備は堅実さより強肩・広範が目立ち、打撃も今季からパワー型へモデルチェンジし存在感ある選手に。外野の大崎も積極打法と俊足・強肩に持ち味があるスケール大きな選手であり、西武特有の若手野手が育つ土壌が何となく理解できる両者の指名だった。



<中日ドラゴンズ>
指名選手:堂上直倫(内)福田永将(捕)田中大輔(捕)浅尾拓也(投)菊地正法(投)岩崎達郎(内)清水昭信(投)西川明(内)


希望枠行使を表明したのは11にも昇る(実際に行使したのは10)が、各球団が獲得に向かっていったのはいずれも投手。何となく物足りないなと感じていたら、ただ1球団中日だけが果敢に野手の獲得に踏み切った。正捕手・谷繁の後継者候補が不足しているから東都大リーグで一・二を争う素材の田中の指名は当然すぎるほど当然なのだが、この勇気は他球団には真似出来ない。
例えば今ドラフトでは、捕手の強化を第一に掲げていたオリックスは田中と同じ東都大リーグの指名を予定していたが、ウェーバー順でが楽天に指名されると踏んでも代替要員を指名することが出来なかった。最初から希望枠をに向けていれば確実に補強出来たのに、定番の即戦力投手補強という「勇気の無さ」故それが出来なかった。まず方針を固めるのは良い事だが、その方針を守り通すというのはもっと重要な筈である。

さて中日の指名選手を見ていこう。落合監督就任後即戦力重視のドラフトに変わって行った、というのは以前にも書いたが、投手:野手のバランスは意外にもしっかり取れている3年間。今回も投手3人に対して野手は5人である。
その中で最も熱を上げていたのが堂上直に対してであっただろう。高卒野手では今回一番の評価であり、巨人・阪神との競合を勝ち抜いての獲得であった。その実力については一切文句無い。守備面でも強肩に加え、本人が「守備は楽しい」と語っている。これだけスケールがあれば井端の後釜として育成しても面白いだろう。
希望枠・田中も激戦区・戦国東都で培われた捕手としての才能を発揮出来れば問題ない。戦友のが頭脳派ならば田中はスケール型。今の中日には「谷繁の控えなら務まるが…」という選手ばかりなので、現時点でも後継者のNo1だと思う。

一方の投手はいずれも大・社ドラフトでの指名。若手という枠組みには期待がかかる中里が居るが、チェンの育成枠へのシフトもあり23歳以下が不足している陣容。そこに当てはめたのが浅尾・菊地という2人。
浅尾はここに来て急激に成長したスピードピッチャー。変化球もカットボール・パームという特殊球を操る技術があり投球テンポも良い。菊地は対照的な軟投派で左腕。今季は左投手の制球力不足に泣かされた中日、ヒット指名となる事は確実である。

昨年は外野手を補強し今年は捕手と内野手を、というテーマがハッキリした今ドラフト。岩崎は職人タイプで、西川は打撃力に優れている。



<北海道日本ハムファイターズ>
指名選手:吉川光夫(投)植村祐介(投)ダース・ローマシュ・匡(投)宮本賢(投)糸数敬作(投)長野久義(外:入団拒否)山本一徳(投)金子洋平(外)今浪隆博(内)


手薄となった外野の補強策として強行指名した長野が入団拒否。確かに痛いが仕方が無い。
外国人も全選手入れ替えが濃厚なだけに投手・野手とも全体の底上げが望まれるチーム状況。それには様々なタイプの選手をドラフトで揃える事が第一条件なのだが、長野強行指名以外は欲の無い指名という印象が強かった。

希望枠では早稲田大・宮本を獲得、これは良い。だが彼と同じ左腕・早稲田大という共通点を持つ山本も指名しているのには合点がいかない。前年に八木・武田勝という2人の左腕投手を指名、2人とも競争意識の下戦力になる事が出来たからその方法を再び採ろうとしているのだろう。しかし出身まで同じという必要が何処にあるのか。日ハムはよくこうしたパイプを作りたがる。例えば昨年は希望枠で創価大・八木を指名できたから、下位指名でも同じ所から高口を獲っとくか、という具合である。他、国士館大の選手・コーチも多い。パイプの弊害はここで語るまでも無い。
トーマス・岡島が抜けて左腕強化が望まれていたのは判るが、タイプ的にはトーマスに追随するぐらいのパワーピッチャーが欲しかった。宮本山本もストレート主体だがキレ命なタイプでスピードが足りない。
もう一人の即戦力投手・糸数は秋季リーグの優勝(東都大リーグ)の原動力となり今が旬。カーブを軸にした多彩な変化球と140キロ後半のストレートはスケール大きな先発投手に成り上がる可能性を秘めている。

田中の外れ1巡目で指名したのは吉川。ストレートも結構早いが、やはり球のキレと遅球とのコンビネーションで攻める日ハム好みの左腕。若手の右投手に本格派が少ない事情から、下位ではパワーピッチャー2人を指名。とりあえず投手には抜かりが無い。

長野入団拒否があり、唯一の外野手指名となった金子洋は完全なるスラッガータイプ。来季以降クリーンアップで一苦労しそうなだけにヒットする可能性はあるが、社会人出身のスラッガーは成功率が低いのがこれまでの球界事情。近年は木製バットに変更した事もありプロの水に慣れず無残な失敗、という危険は弱まっているが果たして。

スポンサーサイト

  • 2007.04.08 Sunday
  • -
  • 03:56
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2006/12/29 10:10 AM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2006/12/31 1:35 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2007/04/10 5:33 PM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2007/04/16 11:19 AM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2007/04/19 1:57 PM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2007/04/22 2:11 AM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2007/04/26 12:05 PM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2007/04/26 1:17 PM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2007/05/01 10:54 AM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2007/05/07 4:49 PM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2007/05/14 2:30 PM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2007/05/15 2:55 PM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2007/05/17 4:06 PM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2007/06/01 1:42 PM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2007/06/07 11:49 AM
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM