<< まるで中日時代の山崎武を(ry | main | 日刊スポーツの蔑称を考えよう(嘘) >>

スポンサーサイト

  • 2007.04.08 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


2006シーズンを振り返る 〜中日

<野手>
・規定打席到達者

福留孝介  .351 31 104  .438 1.091
ウッズ    .310 47 144  .402 1.037
荒木雅博  .300  2  31  .338  .696
井端弘和  .283  8  48  .355  .720
森野将彦  .280 10  52  .321  .716
アレックス  .273 15  77  .341  .762
谷繁元信  .234  9  38  .347  .700


※左から、打率・本塁打・打点・出塁率・OPS
※赤字はチームトップ(率は規定打席到達者内でのトップ)


・選手別打順

井端弘和  146 10 118  17   0  0  1  0   0  0
ウッズ    144  0   0   0 144  0  0  0   0  0
福留孝介  129  0   0 125   0  4  0  0   0  0
アレックス  138  0   0   0   1 91 44  2   0  0
谷繁元信  135  0   0   2   0  0  0 14 116  3
荒木雅博  109 97  11   0   0  0  0  0   0  1
森野雅彦  108 25   2   0   0 50 13 18   0  0
井上一樹   70  1   0   0   0  1 22 45   1  0
英智      63 13   4   0   0  0  2 34   9  1
立浪和義   56  0   2   2   1  0 47  4   0  0
渡辺博幸   25  0   0   0   0  0  7  7   2  
高橋光信    9  0   0   0   0  0    3   0  0
上田佳範   18  0   1   0   0  0  2 14   0  1
藤井敦志    9  0      0   0  0  0  4   0  0
小田幸平   11  0   0   0   0  0  0  0  11  0
奈良原浩    3  0      0   0  0  1  1   0  0
森岡良介    8  0   0   0   0  0  0  0     3
川相昌弘    3  0      0   0  0  0  0   1  0
新井良太    2  0   0   0   0  0    0     0





※左から、全スタメン出場数・1番出場数・2番・3番…9番
※赤字は各打順の最多出場選手、青字は各選手の最多出場打順、紫字は赤・青複合
※9番の最多選手は川上25


・機動力成績

井端弘和   97 17  .586
ウッズ     85  2  .333
福留孝介  117 11  .846
アレックス   57  2  .400
谷繁元信   48  0  機会なし
荒木雅博   69 30  .811
森野雅彦   58  0  .000
井上一樹   27  2  .667
英智      30  4  .571
立浪和義   17  3  .750
渡辺博幸   14  0  .000
高橋光信    6  0  機会なし
上田佳範    8  0  機会なし
藤井敦志   10  1  .500
小田幸平    1  0  機会なし
奈良原浩    4  1  1.00
森岡良介    5  0  機会なし
新井良太    2  0  機会なし
清水将海    1  0  機会なし
鎌田圭司    2  0  機会なし



※左から、得点数・盗塁数・盗塁成功率
※赤字はチームトップ


<投手>

・先発成績

川上憲伸   28( 1) 16  2.55 7.2  .212  1.84
山本昌     26( 1) 11  3.38 6.1  .235  2.21
朝倉健太   21( 4) 12  2.69 7.0  .265  2.09
佐藤 充    19( 0)  9  2.65 6.2  .272  1.95
中田賢一   17( 3)  6  4.15 6.0  .247  3.04
マルティネス 22( 1)  6  4.16 5.0  .290  3.53
小笠原孝    6( 3)  2  3.03 6.0  .243  2.56
石井裕也    1(10)  0 12.60 5.0  .230  4.38
ドミンゴ     4( 0)  2  3.93 4.2  .260  1.47
吉見一起    2( 2)  1  1.64 5.2  .208  2.03


※左から、先発登板数(救援登板数)・先発勝利・先発防御率・平均イニング・被打率・与四死球率
※平均イニングは四捨五入(?)した値、.1=3分の1、.2=3分の2
※赤字はチーム最多・最良(各率・平均イニングは規定投球回到達者内での最良)



・主要リリーフ成績

岩瀬仁紀  56  0 38  .892 0.99  1.30 .196 1.30
平井正史  57  1 18  .789 1.11  2.29 .222 2.43
岡本真也  56  1 12  .804 0.95  3.40 .258 3.74
鈴木義広  46    6  .848 1.15  1.70 .233 3.74
デニー友利 31  0  9  .774 0.66  3.10 .309 3.54
久本祐一  27  5  2  .852 1.14  1.76 .252 3.52
高橋聡文  26  0  9  .653 0.54 10.29 .339 6.43
小林正人  23  0  4  .783 0.52  5.25 .213 6.00


※左から、リリーフ登板数・5回終了以前の登板数・6回開始以降で3点以内リード時の登板数・無失点率・平均イニング・防御率・被打率・与四死球率
※無失点率=(無失点試合数/全試合数)
※平均イニングは先発と同じだが、1試合辺りのイニングが短いリリーフ故四捨五入(?)はしていない  目安として、0.33=3分の1  0.67=3分の2
※赤字はチーム最多


<共通事項>

・出場選手登録抹消

全抹消人数=59人
野手:投手 = 21:38

鎌田 2  岡本 3  小山 3  石川 1  高橋聡  4
森岡 2  石井 2  中田 2  小林 1  ドミンゴ  1
清水 1  上田 2  藤井 2  荒木 1  ガルバ  1
久本 1  福留 2  川上 2  斉藤 1  マルティネス3
川相 1  新井 1  落合 1  長峰 1  小笠原  1
平田 1  中里 2  吉見 1  岩瀬 1  デニー  1
朝倉 1  平井 1  ウッズ 1  山本昌 2 高江州  1
高橋光 1 中村公 1 佐藤充 2 佐藤亮 1



<野手・コメント>

阪神とのマッチレースに見事競り勝ち、2年ぶりのセリーグ制覇を果たした中日。日本シリーズでは、日ハムの勢いやプレッシャーという名の目に見えない重圧に屈する形となったものの、その価値は揺らぐものではない。ただ、あの惨敗ぶりを拝見した身としては、「ああここら辺が精一杯かな」という気にもなってしまったのは確かである。連覇どころか、次の優勝までの期間が長すぎる中日というチームを立て直した落合監督の功績は大きいが、次の目標である連覇を達成するには今のままでは苦しいと思う。
その一つが機動力の低下。2年前、2004年の優勝の際には全員が常に盗塁を仕掛けてやろうか、という心構えで挑んでいた筈だが、機動力成績に名を挙げた20人のうち8人が機会なしと、阪神と似たり寄ったりな状況。内野に欠かせない人物となった森野(レギュラーの中で最も若い)の盗塁機会がわずか1というのも不安を掻き立てられる数字。救いはレギュラーのうち荒木・井端・福留と3人が常に盗塁敢行できる能力を持っている事で、彼らが元気なうちに、英智しかいない代走要員を確保することが今後の課題。
福留の117得点という数字はリーグトップと文句の付け所が無く、荒木・井端が本来の力を発揮できなかったのを補ったという印象が強い今季。それ故、荒木・井端が復調した後半戦は4番・ウッズの打点が飛躍的に伸び、到達した数字は144。彼がここまでポイントゲッターの役割を果たせば、走塁・守備面では期待できなくてもチームにとっては大きなプラス。この1〜4番の安定感に比べ、5〜7番の下位のポイントゲッターはやや不安定。それでも、立浪・アレックスの不振が長引いてもどうしようもなかった昨年とは違い、情を排して森野をサードに定着させることで厚みが増した。立浪は衰えが隠せない域に入り込み、また守備面での安定感も森野の方が上回る。この世代交代が一歩遅れていたら首位快走はならなかったであろう。それでも森野は今季10年目の28歳、しかも彼がレギュラーの最若年ということを考えれば、全体に高齢化している。よって来季以降の課題は一層の世代交代ということになる。これは本来この記事で語るべき問題ではないのだが、周知の通り中日野手陣は完璧だ。7人の規定打席到達者は日ハムと並んで12球団トップ(DHの有無も考慮すると実質トップか)。毎回僕が勝手に作っている打順表では、もう12球団目なので大体傾向が解って頂けていると思うが「全打順紫色に染まっていたら正常、赤が多ければそれだけ問題がある」という事であり、これも中日は9番を除き正常。強いて言えばスタメン落ちが目立った立浪が6番でトップな事であるが、これも同じサードの森野に紫色が無いので一応正常。森野をはじめ英智・井上の打順が動いているのは荒木が離脱した影響だから、落合の采配が乱れているという事にはならない。控え選手も、代打=高橋光、代走=藤井、守備=英智・渡辺と役割がハッキリしており控えのモチベーションも高い。抹消人数21人も安定している。そんな正常な状態であるから、あえて高齢化を問題に掲げた。
藤井は2番・ライトで開幕スタメンを果たしたものの、4試合でわずか2安打しか打てずあっさり構想から外れた。スイッチヒッターだが、右打席だとやや弱いというのが前評判。しかしどちらも打率1割台だから徹底的な鍛錬が必要だ。荒木の故障でお鉢が回ってきた森岡、出だしこそそこそこだったがチャンスを生かせずにファームに舞い戻った。毎年ファームで実績を残していただけに期待されたが、やはり常時一軍選手との経験の差は大きかった模様。新井は消化試合で2試合起用されたが、いずれの試合もノーヒット。代打では結果を残していただけに悔やまれる。若手で目立ったのは彼らぐらいなので、来季は平田・春田・中村公らまで含めて競争を煽ってもらいたい。

<投手・コメント>

開幕前の落合構想は先発ローテーション5人制。エース川上や両外国人、成長著しい中田の登板回数を多くして確実に勝利数を増やしていこう、という魂胆だったのだろう。しかしドミンゴの首脳陣への造反や、中田の不安定な投球+故障でその構想は無くなり、川上・ベテラン山本昌・マルティネスの3人だけという状況に陥ってしまい、新たな人材を抜擢せざるを得なくなった。
そこで先発機会を貰ったのが、開幕からロングリリーフ要員だった朝倉と、昨季後半に一瞬輝いたもののファームでくすぶっていた佐藤充、それに隔年で好不調の波があるが今季は良い年に当たる小笠原である。朝倉は初登板の5月6日・広島戦で勝利を挙げスンナリとローテ入りするや、4年ぶりの規定投球回到達+2桁勝利で大復活。佐藤充は連勝街道を突っ走り、しかも5連続完投勝利のおまけ付である。中盤以降表舞台から消えた小笠原もプロ初完投をマークするなど好調だった。小笠原がファーム落ちした7月にタイミング良く中田が戻ってきたのは大きく、佐藤充の勢いが止まり、マルティネスにも冴えが見られなくなった8月以降も何とか乗り切ることができた。
その先発陣。川上がさすがエースの貫禄というべきか、全部門でチームトップ。やはり昨年大事な時期に勝てなくなっって優勝を逃したのは彼を一回り大きくさせたのだろう。落合はできるだけ先発を引っ張る傾向があり、チーム完投数は19。主力5人が平均イニング6を超えているのは、岩瀬まで繋ぐのに若干の不安があるリリーフ陣だけに好材料。とても昨年完投が5しか無かったチームとは思えない。
その若干不安があるリリーフ陣。クローザー・岩瀬の安定感はやはりずば抜けている。前半こそ失点する試合が続いたが、5月以降そんな場面はほとんど見られず、失点試合は阪神・藤川と同数のわずか6。全盛期からボールの威力こそ衰えているが、今季はシュートを多めにするなど投球の工夫を見せ神通力を保った。
さて岩瀬に繋ぐセットアッパーだが、先発からダイレクトで岩瀬に繋がる事が多かったため他球団の中継ぎより「接戦での登板数」は少ない。前半は岡本が不調。特に1試合で複数点取られることが多かった。主に平井岩瀬の前を務めた。それでも左腕の高橋聡の極度の不振もあり、先発が早い回に崩れた際は苦戦した。ただ一人気を吐いていたのが平井で、その間に岡本が徐々に復調、鈴木の一軍合流と次第に安定感を増し首位に立つ。だが夏場以降、平井がついにリズムを崩した。岡本の春とは違い1失点の試合が目立って多く、それが防御率=平井>岡本、無失点率=岡本>平井という矛盾傾向を生み出したのだが、幸い岡本が完全に調子を取り戻したうえ、久本・小林の上昇もあり大事には至らず。終盤には先発を早い回で諦め細かいリレーで繋いで逆転勝利を呼び込む試合も見せるなど、今季の中日の勝ち方は多彩であった印象。 誰だ中日の野球は面白くないとか言ってる奴は それでもセットアッパーに絶対的な存在が居なかった事は日本シリーズでの敗因の一つ。
これも先発が長いイニングを投げるが故の特徴なのだが、ロングリリーフ要員がいない。平均イニングは鈴木が最長(5回以前の登板数もトップ)だが、大体1回〜1回3分の1の間。ここに名を挙げた8人のうち半数以上が1イニング以下と、全体的にショートリリーフである。川上・山本昌以下の先発の若さと勢いを物語る数字だが、将来的には絶対的なリリーフエースが2人ぐらい欲しい所だ。
野手の21人に対して、投手の抹消はやや多目となった。高橋聡・岡本をはじめリリーフ陣が多いが、意外とマルティネス・中田ら先発も多くある。余剰戦力が多数居る中日投手陣だから、調子が悪くなれば即入れ替え、というのに落合は躊躇せず。この余計な「情」の排除がいかにも落合らしく、非常に好感が持てる。

スポンサーサイト

  • 2007.04.08 Sunday
  • -
  • 23:57
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM