<< 逆境をはね返し… 〜25日 西武vsロッテ | main | 何故「即戦力投手」なのか >>

スポンサーサイト

  • 2007.04.08 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


マスゴミがもたらした堀内巨人の低迷 〜後編〜

<2005年>


「史上最強打線」と謳われながら、まさかのV逸に終わった1年目の堀内。その原因は投手陣の崩壊と言われ、当然のことながら投手出身の堀内に対する風当たりも強かった。「守備を作ってから打線を作る」と言っていたのに、投手・守備ともに駄目駄目だったのですから。「打者ばかり補強して、肝心の投手力をないがしろにするとは何事か」などとも。
しかし、小久保やローズの補強は堀内が望んでいたものではありません。松井(現ヤンキース)が抜け人気も下降気味な中、「史上最強打線」を結成しようと小久保・ローズを獲得したのは紛れもない巨人フロント。3番二岡・4番高橋由伸という生え抜きの3・4番コンビが堀内の構想であり、二岡が故障、高橋も開幕から不調となると、「キャプテン経験のある小久保を4番に置いた方が良い」などと解説者が言っていたのを思い出します。また、センターのポジションも堀内は斉藤に固定すると明言していたので、ローズがセンターに着いて凡守備を連発したのは堀内の所為とは言い切れない。(斉藤は開幕前に故障)
それなのに2005年開幕前「清原を全試合4番で使え」狂ったオウムのように繰り返すとは自己矛盾もいいところ。方針として掲げた「スピード野球」の頓挫は、開幕前から始まっていたのです。

チームは開幕から下位に低迷。堀内はマスゴミの圧力に屈して4番・清原を固定しましたが、マスゴミの言う「清原がいるだけで打線に求心力がつく」ことは一切なかったですし、それにより控えも元木江藤・黒田などスピードの無い選手の溜まり場と化していました。僕は初め「代走元木」を批判しましたが、ある意味仕方の無い采配だったのかもしれません。

忘れてはならないのが、新外国人キャプラーへの扱い。ローズをレフトに固定するために獲得した選手であるのですが、オープン戦の際、マスゴミはとんでもない発言で自分の無知をさらけ出します。

「昨年の外野はレフト・ローズ、ライト・高橋由伸、センター・清水でかたまっていましたが、今年はここにキャプラーが加わったので、清水もうかうかしていられません」

もう何も言う事はありません。それに「センターはキャプラー・清水の争いとなる」と何度も煽っていたあたり、堀内が望んで行った補強を必死になって否定したいようにも見えました。
実際開幕してからキャプラーが打撃不振に陥ると、しつこいぐらい「清水を使ってやってほしいですね」と言っていました。守備のバランスという事をを一度でも考えたことがあるのでしょうか。
他、木佐貫や久保はリリーフ専任みたいなことも言っていたし、本当に野球を見ているのかと問いたいですね。

結局はローズ「ジャイアンツなんて大嫌い」発言により、首脳陣はローズに弱腰の姿勢しかとれず、今年もセンターローズ、レフト清水。
その後、ローズや小久保といった大砲の打率は下降し、チームも低迷から抜け出せないでいたのですが、不思議なのは、ローズや小久保は批判するのにどうして彼らよりも低い打率しか残せていない清原は無批判なのかということです。しかも西武戦で清原は相手の死球に対し「やられっぱなしでええんか!」とコーチに怒鳴り報復死球を要求したのですから、ローズに匹敵するぐらいのチームの癌なはずです。

敗色ムードが漂う中、星野仙一氏への巨人監督就任要請という噂が流れ、堀内の存在を無視するかのように星野一色な報道を見せたり、シーズン後半にの日テレの野球中継は巨人低迷に対する対策の話題ばっかりでとても野球を扱っているとは言えない報道であったりで、馬鹿馬鹿しいにもほどがあった昨年の野球報道。昨年の球界再編騒動であれだけナベツネの「たかが選手が」発言に「選手がいなければ野球にならない」と反論していたのに、一年経つとそんな精神はあっさりと捨て去ってしまう。これだけ采配干渉といわんばかりの報道がなされたら、選手たちも戦う気になれないのが普通でしょう。

気になるのは、やはり監督の座から退いた堀内。投手コーチ時代に始まり、昨年までの監督時代と対応力のなさが巨人低迷の一因になりましたが、「日テレの操り人形」と同情してしまうのも事実。
まず有り得ないとは思いますが、読売というしがらみから抜け出し、他チームの監督に就任しのびのびと采配をふるう姿を見てみたいものです。

スポンサーサイト

  • 2007.04.08 Sunday
  • -
  • 18:02
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック