<< 2006シーズンを振り返る 〜横浜 | main | 何なんだね君は 〜ロッテ・日本ハム情報 >>

スポンサーサイト

  • 2007.04.08 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


2006シーズンを振り返る 〜広島

<野手>
・規定打席到達者

前田智徳  .314 23  75  .371  .882
新井貴浩  .299 25 100  .336  .815
梵 英心   .289  8  36  .332  .754
東出輝裕  .282  0  23  .321  .627
嶋 重宣   .269 24  69  .308  .746

※左から、打率・本塁打・打点・出塁率・OPS
※赤字はチームトップ(率は規定打席到達者内でのトップ)


・選手別打順

新井貴浩  143   0  0 14 129  0  0  0  0  0
東出輝裕  124 103 15  0   0  0  0  1  4  1
嶋 重宣   121   0  3 96  13  1  6  4  0  0
前田智徳  123   0 13 13   0 97  0  0  0  0
梵 英心   114  16 80  0   0  0  5  4  9  0
栗原健太   97   0  0 14   3 26 54  0  0  0
森笠 繁    73   0  4  7   1  9 19 30  3  0
石原慶幸   71   0  0  0   0  0  4 23 40  4
倉 義和    71   0  0  0   0  0  1 23 43  4
緒方孝市   51  25  1  2   0  1 18  4  0  0
廣瀬 純    36   0  3  0   0  8 12 12  1  0
松本高明   33   0 15  0   0  0  0  0 14  4
井生崇光   29   0  2  2   0  0 13 10  1  1
末永真史   26   0  2  0   0  4  7 12  1  0
山崎浩司   24   0  0  0   0  0  0  0 21  3
浅井 樹     9   0  0  0   0  0  2    2  0
山田真介   13   2    0   0  0  0  1  2  0
福井敬二    5   0  0  0   0  0  2    0  0
山本芳彦    6   0  0  0   0  0  0    0  0
吉田 圭     7   0  0  0   0  0  0    0  0
甲斐雅人    2   0  0  0   0  0  1  1  0  0
木村一喜    3   0  0  0   0  0  1  0    0
岡上和功    1   0  0  0   0  0  0  0    0
鞘師智也    1   0  0  0   0  0    0  0  0
天谷宗一郎   2   0  0  0   0  0  0  0  1  1
上村和裕    1   0  0  0   0  0  0  0    0

※左から、全スタメン出場数・1番出場数・2番・3番…9番
※赤字は各打順の最多出場選手、青字は各選手の最多出場打順、紫字は赤・青複合
※9番の最多出場は大竹25


・機動力成績

新井貴浩   78  1  .500
東出輝裕   57 11  .379
嶋 重宣    56  2  .333
前田智徳   66  2  .400
梵 英心    78 13  .722
栗原健太   44  2  .667
森笠 繁    24  1  .200
石原慶幸   17  2  1.00
倉 義和    16  1  .500
緒方孝市   28  2  .333
廣瀬 純    20  4  1.00
松本高明   15  8  1.00
井生崇光   11  1  .500
末永真史   11  2  1.00
山崎浩司    5  0  .000
浅井 樹     2  2  1.00
山田真介    8  0  機会なし
福井敬二    1  0  機会なし
山本芳彦    1  0  機会なし
吉田 圭     1  0  機会なし
岡上和功    2  0  機会なし
天谷宗一郎   3  0  .000

※左から、得点数・盗塁数・盗塁成功率
※赤字はチームトップ


<投手>

・先発成績

黒田博樹    25( 1) 13  1.86 7.2  .243  1.33
大竹 寛     29( 1)  6  4.60 5.1  .284  3.21
佐々岡真司   27( 0)  8  4.09 5.2  .271  2.04
ロマノ      17(14)  3  5.69 4.2  .299  4.25
ダグラス     18( 2)  9  3.48 5.1  .236  3.32
広池浩司     4(42)  0  3.75 3.0  .278  3.05
長谷川昌幸    4(24)  1  6.63 4.2  .283  2.63
ベイル       5(25)  0  6.19 3.1  .265  2.30
フェリシアーノ  5( 7)  0  8.06 4.1  .357  4.33
小島紳二郎    4( 0)  0  5.57 5.1  .287  1.29
大島崇行     4( 1)  0 12.91 3.2  .427  5.63
齊藤悠葵     2( 0)  1  0.87 5.0  .162  1.74
佐藤剛士     1( 0)  0 34.71 2.1  .417 15.43
田中敬人     1( 0)  0 36.00 2.0  .538  9.00


※左から、先発登板数(救援登板数)・先発勝利・先発防御率・平均イニング・被打率・与四死球率
※平均イニングは四捨五入(?)した値、.1=3分の1、.2=3分の2
※赤字はチーム最多・最良(各率・平均イニングは規定投球回到達者内での最良)



・主要リリーフ成績

永川勝浩  65  0 34  .815  1.09  1.66 .176  3.06
林 昌樹   61  4 12  .705  1.07  3.58 .257  4.41
広池浩司  43  6  9  .628  1.09  3.20 .278  3.05
横山竜士  48  1 14  .625  1.16  4.85 .284  2.91
高橋 建   54  0 21  .722  0.85  4.70 .257  3.33
長谷川昌幸 25 11  5  .600  1.43  3.95 .283  2.63
ベイル    25  0 14  .880  1.08  2.93 .265  2.30
佐竹健太  32  5  7  .656  1.01  4.73 .287  5.01
梅津智弘  23  1 10  .879  0.96  1.23 .187  2.86


※左から、リリーフ登板数・5回終了以前の登板数・6回開始以降で3点以内リード時の登板数・無失点率・平均イニング・防御率・被打率・与四死球率
※無失点率=(無失点試合数/全試合数)
※平均イニングは先発と同じだが、1試合辺りのイニングが短いリリーフ故四捨五入(?)はしていない  目安として、0.33=3分の1  0.67=3分の2
※赤字はチーム最多


<共通事項>

・出場選手登録抹消

全抹消人数=57人
野手:投手 = 26:31

松本 1  大島 4  大竹 1  青木 2  ベイル    4
斉藤 1  緒方 1  浅井 3  廣瀬 1  長谷川    1
木村 2  山崎 1  天谷 1  山田 1  フェリシアーノ3
福井 1  末永 3  上村 1  甲斐 2  ロマノ     2
栗原 1  佐竹 1  黒田 1  田中 2  山本芳    1
横山 1  岡上 1  吉田 2  梅原 1  嶋       1
鞘師 1  小島 1  梵   1  佐々岡 1
林  1  マルテ 1 小山田 1 ダグラス 2

<野手・コメント>

ブラウン監督の1年目となった今季。これまでの8年連続Bクラスから脱却すべく、大物OB頼みとなっていた首脳陣の改革から始めたフロントであるが(ブラウンも広島OBであるが)、資金不足故の戦力不足は否めず。様々な改革案で開幕前は注目されたが、結局今年もBクラスに終わった。それでも内容は大分良化しているので、改革への序章と位置付けて安心するとともに2年目のブラウンに多大な期待を寄せている僕がここに居る。そもそも前回の山本政権の1年目は「勝利数優先」という変な順位方式が無ければAクラスという成績であったが、それに「近い将来優勝できる」と確信してしまった首脳陣は戦力充填を怠り低迷の一途を辿っていったという失敗を犯している。そのことを考えても、1年目のこの位置は秀逸といえる(んな訳無い)。
前年から大幅に得点数(615→549)を落とした今季の野手陣であるが、打率(.275→.266)・ホームラン数(184→127)も共に減少しているので素直に受け入れると共に、{得点−ホームラン}では431→422と9点しか違わないのだから、ホームランに依存しない打線への変貌は成功したといえる。その象徴的存在が4番を努めた新井である。昨年は43ホームランをかっ飛ばし初のタイトルを受賞するまで躍進したが、それでも打点は94と伸びなかった。それが今季は25ホームランに留まったにも拘らず100打点の大台に乗せた事は立派で、4番としての風格を感じさせる。単打が多く四死球も少ないからOPSは伸びなかったが、来季はこの2年の長所が合体すると期待しよう。新井の後を打つ事が多かった前田が相手打者に睨みを利かせ、打率・OPSは堂々のチームトップ。それでも前田は大ベテランの域に入ってきたので、彼が衰えるまでに新井栗原のどちらかが超える存在となりたいところ。
1・2番の安定も、新井の打点が伸びた重要な要素。山本政権後期は、このポジションに町田浅井・新井などが入り、その度に「赤ヘル野球の終末」「巨人と同じ穴の狢」などと憤慨してきたものだが、今季はブラウンの「全員横一線」の視点の下、東出・梵が二遊間とともに定着。長かった1・2番の混迷もようやく終結しそうである。2人とも出塁率が物足りない、東出の盗塁成功率は目を覆う3割台など悪いデータも見られるが、そこは前政権の痕跡。錆落としが終わった2年目は、中日の荒木・井端のような存在になる事が期待される。
この東出をはじめ、盗塁成功率が芳しくないのが広島の今季。森笠・緒方・嶋といった主力に燦々たる数字が並んでいるが、これは走る能力云々ではなくベンチワークの問題。今季のブラウンは、采配の面では徹底したベンチ主導を貫いていた。盗塁やエンドランだけでなく、ピッチャーの牽制球・ウエストボールといった要素までサインによって行う。それが今まで自由に走ってきたメンバーの積極性を奪ったのではないか。梵・廣瀬・松本という前任の色のついていない選手の率が高い面からしてもそう思えてしまう。しかしこれは本人の意識次第で変わるものなので、来季の東出の盗塁成功率は要注目データの一つ。
後半戦は栗原梵・嶋が故障し、一時期は満足にオーダーを組めない状況に陥ってしまったものの、森笠・廣瀬・井生・松本・末永・山田ら一軍半選手とレギュラーの差が縮まった事は大きな収穫だ。「故障者が出ればそれで終わり」でそれを言い訳にしてきた過去から決別し、どんな状況でも最後まで前向きに戦った姿勢には好感。内外野で1軍出場ゼロだった選手はわずか3人(中谷除く)であり、誰が出ても戦える体制は整ったと言って良い。
キャッチャーは、表をご覧頂ければ解るとおり石原、完全なる併用性でシーズンを過ごした。2人ともスタメン出場数がピタリ同じで、「どうして正捕手を固定しないのか」という声を承知の上で、あえてほぼ同条件での競争を促した策といえる。昨季は盗塁阻止率リーグ1を記録したも今季は平凡(いや石原はそれ以上に良くないけどさ)。ブラウンはファンの知らない所で物凄い細かなデータを作っていると想像でき、果たして来季以降どんな答えを出すのか。
そんなチーム状態だったから、野手の抹消26人とやや多め。この競争主義を煽るためにもフロントはもう少し野手の数を増やしてもいいのではないか。ファーム暮らしに終始したのがわずか3人というのはそれだけファームの選手が不足している証でもあるので、投打にバランスの良い選手補強をお願いしたい。

<投手・コメント>

「改革の中心」と位置付けられた投手陣。投げ込みの抑制は投手の意識改革の一環で、量ばかりを投げ込み自分の姿を見失っている投手だらけ(つうか黒田・佐々岡以外皆そうだったのではないか)な弱体投手陣は随分と改善された。巨人と違い補強策もほとんど無い中での防御率良化なのだから、こういった変化にゾクゾクしてしまうのが野球ファンの性。それでも大島の背信投球とその後の「もう解らない」という弁から完全に改革が進行していないのが実情であり、その梃入れにと古参の清川コーチをオリックスへ放出し、新たなコーチ像を形成していこうというのが今の所の動き。
先発ローテーションを5人で回し、その中枢に黒田・大竹・ダグラスの3本柱を据えるというのが今季の布陣。しかし大竹は一皮向けずに不安定な投球を重ねた。いや一皮向けたけど実は一皮では済まされないくらい外皮が重なっていたというのが本当のところ。黒田・ダグラスは故障で離脱期間を作ってしまい機能したとはいえなかった先発陣。シーズン前の構想では20試合以下に留まるはずだった佐々岡が27試合に先発、4シーズンぶりに規定投球回に達したのもこのためである。その他のメンバーがほとんど安定せず、負担を減らすはずだったリリーフ陣も負担が増大し、後半戦は毎試合が総力戦、という感じであった今シーズン。
そこでこちらも来季に向けての話を中心に行う。長谷川はリリーフ防御率の方がはるかに良いが、低めストライクゾーンに威力あるストレートが飛び込んでくるピッチングが復活しつつあるので先発としての楽しみの方が大きい。リリーフでもそのほとんどがロングリリーフだった事だし。そうなれば先発では散々だったベイルをリリーフ一本にする事が出来る(残留すればな)。ダグラスは先発で被打率.236は凄いが、それにしては防御率は平凡で、ランナーを背負った時には苦しかった。来季は体を万全にし、ブラウン流の申し子となれるかどうか。小島は与四死球率こそ少ないが、細かなコントロールがまだ不足。ストレートも変化球もキレはあるが真ん中に集まる傾向で、甘い球を逃さないヤクルト戦ではあっさり崩れていた。終盤に2試合登板した斉藤。2試合とも安定して5イニングを投げているので来季すぐ抜擢したくなるが、高卒2年目という事がそれを足止めしてしまいたくもなる。高卒ながら即戦力に近い素材の前田健と併用で、両者5勝ぐらい挙げてくれれば御の字か。
ベイル・永川にバトンを渡すまで毎試合がバケツリレー方式だったリリーフ陣だが、若手の位置付けには梅津・河内と左右両輪が揃い安定度を増しそうである。永川の被打率は阪神・藤川に匹敵する.176と心境著しい。後はランナーを出した時にもっと粘れれば無失点率9割も夢ではない。逆に大幅に良くなったが疑問符を付けたいのが広池で、これまで毎年1年おきに防御率が良かったり悪くなったりしている。ベテランの域なのでそろそろ改善してほしい。
抹消人数は31人。そのうち外国人5人で12回を数えるので、日本人に限るなら安定しているか。その中で大島の4回はもう何というか、もう解らない

スポンサーサイト

  • 2007.04.08 Sunday
  • -
  • 10:00
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM