<< 堅い者どうしの決戦 〜21日 中日vs日本ハム | main | ウィットmore 〜楽天情報 >>

スポンサーサイト

  • 2007.04.08 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


2006シーズンを振り返る 〜読売巨人

<野手>
・規定打席到達者

李 承   .323 41 108  .389 1.004
阿部慎之介 .294 10  56  .349  .776
二岡智宏  .289 25  79  .329  .801

※左から、打率・本塁打・打点・出塁率・OPS
※赤字はチームトップ(率は規定打席到達者内でのトップ)


・選手別打順

二岡智宏   144 10  0 99   1  0  5 29  0  0
李 承    143  0  0  0 143  0  0  0  0  0
阿部慎之介  128  0  0  4   0 11 73 39  1  0
高橋由伸    96  0  0 42   1 53  0  0  0  0
矢野謙次    91 22  3  0   0  1  5 25 34  1
小久保裕紀   88  0  0  0   1 58 29  0  0  0
清水隆行    69 34  9  1   0  1  4  3 15  2
鈴木尚広    61 19 41  0   0  0  0  0  0  1
小坂 誠     59  0 38  0   0  0  0  0 16  5
脇谷亮太    50 40  3  0   0  0  0  4  3  0
木村拓也    33  6 19  0   0  1  0  3  4  0
亀井義行    33  1  3  0   0  0  5  6 17  1
仁志敏久    28  1  9  0   0  0  4  2 12  0
小関竜也    27  2 13  0   0  0  3  2  7  0
川中基嗣    18    3  0   0  0  0  1  6  0
ディロン     24  0  0  0   0    6  8  1  0
斉藤宜之    11  1  0  0   0  3    3  0  0
アリアス     17  0  0  0   0    7  1  0  0
古城茂之     9  0  0  0   0  0  0  2    0
加藤 健      9  0  0  0   0  0  0  0    3
大西崇之     9  0  3  0   0  0  0    1  0
三浦 貴      9  1  0  0   0  0  1  3    0
原 俊介      5  0  0  0   0  0  0    0  0
岩舘 学      6  1  1  0   0  0  0  1  1  
村田善則     4  0  0  0   0  0  0  0  2  2
山田真介     3  0  1  0   0  0  0    0  0
實松一成     5  0  0  0   0  0  0  0    1
吉川元浩     1  0  0  0   0  0  0  0    0
堀田一郎     3  0  0  0   0  0  0    1  0
十川孝富     2  0  0  0   0  0  0  0    0


※左から、全スタメン出場数・1番出場数・2番・3番…9番
※赤字は各打順の最多出場選手、青字は各選手の最多出場打順、紫字は赤・青複合
※9番の最多出場は内海・パウエル25(投手は省略して最多選手のみ紹介します)


・機動力成績

二岡智宏  67  0  .000
李 承  101  5  .833
阿部慎之介 39  0  .000
高橋由伸  45  1  1.00
矢野謙次  36 11  .786
小久保裕紀 37  1  1.00
清水隆行  36  3  .500
鈴木尚広  34 25  .862
小坂 誠   24  4  .500
脇谷亮太  22  4  .571
木村拓也  12  0  .000
亀井義行  13  1  1.00
仁志敏久  13  1  .500
小関竜也   8  3  1.00
川中基嗣  12  3  1.00
ディロン    9  0  機会なし
斉藤宜之   7  3  .750
アリアス    5  0  .000
古城茂之   4  4  1.00
加藤 健    2  0  機会なし
大西崇之   1  0  .000
三浦 貴    4  0  .000
原 俊介    1  0  機会なし
岩舘 学    3  1  1.00
村田善則   1  0  機会なし
山田真介   3  2  .667
黒田哲史   2  0  機会なし
吉川元浩   1  0  機会なし
十川孝富   1  1  1.00

※左から、得点数・盗塁数・盗塁成功率
※赤字はチームトップ


<投手>

・先発成績

内海哲也   28( 3) 12  2.87 6.2  .227  2.74
パウエル   28( 0) 10  3.32 6.2  .273  2.02
上原浩治   24( 0)  8  3.21 7.0  .249  1.18
西村健太郎  14(16)  2  4.81 5.2  .256  3.53
グローバー  18( 2)  5  4.69 5.1  .324  2.34
工藤公康   13( 0)  3  4.50 5.1  .257  2.83
高橋尚成    4(31)  1  4.67 6.2  .286  2.32
姜 建銘     8( 2)  3  1.87 7.1  .223  1.21
野間口貴彦   2(24)  0  8.00 4.2  .234  4.71
桑田真澄    3( 0)  1  6.94 4.0  .358  0.77
木佐貫洋    3( 0)  0  9.58 3.1  .462  1.74
野口茂樹    1( 0)  0  9.00 3.0  .538  3.00



※左から、先発登板数(救援登板数)・先発勝利・先発防御率・平均イニング・被打率・与四死球率
※平均イニングは四捨五入(?)した値、.1=3分の1、.2=3分の2
※赤字はチーム最多・最良(各率・平均イニングは規定投球回到達者内での最良)



・主要リリーフ成績

高橋尚成  31  1 17  .710  1.13  4.94 .286 2.32 
久保裕也  59  3 20  .729  1.04  3.08 .254 4.26
豊田 清   38  0 21  .763  1.00  3.32 .260 1.42
林 昌範   62  0 21  .790  0.91  2.88 .220 2.88
前田幸長  28  4  2  .714  0.85  7.23 .337 1.14
野間口貴彦 24    3  .667  1.38  3.43 .234 4.71
真田裕貴  25  2  2  .680  1.03  3.86 .281 4.21
福田聡志  22  5  5  .591  1.12  5.47 .222 9.12

※左から、リリーフ登板数・5回終了以前の登板数・6回開始以降で3点以内リード時の登板数・無失点率・平均イニング・防御率・被打率・与四死球率
※無失点率=(無失点試合数/全試合数)
※平均イニングは先発と同じだが、1試合辺りのイニングが短いリリーフ故四捨五入(?)はしていない  目安として、0.33=3分の1  0.67=3分の2
※赤字はチーム最多


<共通事項>

・出場選手登録抹消

全抹消人数=81人
野手:投手 = 52:29

亀井 2  工藤 2  桑田 2  堀田 2  佐藤宏  2
酒井 2  山田 1  斉藤 3  上原 1  高橋由  2
三浦 3  前田 1  大西 3  古城 1  高橋尚  1
黒田 2  野口 1  星   2  原   2  野間口  3
栂野 2  川中 4  福田 2  鈴木 2  小久保  1
村田 1  矢野 2  脇谷 1  岩舘 2  ディロン 3
姜   1  阿部 1  久保 1  仁志 3  グローバー2
清水 1  豊田 1  小関 1  吉川 2  木佐貫  1
真田 1  實松 1  加藤 1  長田 1  鴨志田  2
アリアス 1 十川孝 1 パウエル 1


<野手・コメント>

春先の快走とその後の集落故、ある意味今季のセリーグを掻き回した球団となった巨人。当然「球界の盟主」という看板はもはや名前だけと化しており、問題山積みの現状を解決するには長期的な視野で物を見ることができる人材が必要だ。少なくとも目先の補強に躍起になった挙句「今年は優勝」なんて言っている行為は許されない。
以前の巨人の監督の栄光と言われ、ONはじめ川上・藤田らがその座を巡って激しく争い、千葉・広岡といった敗北してチームを去った者も生まれた。しかし近年は、渡辺オーナーの「本社内の人事異動」発言に象徴されるようにその座は単なる飾りとなりつつある。果たしてこれから先巨人はどこへ行くのか。
前置きが長くなったが、早速野手を語る。故障者続出の影響で規定打席到達者はわずか3人に留まった。その中でもの活躍はずば抜けている。パリーグには一人も現れなかったOPS10割越えを見事に果たし、打点だけでなく得点も100を越え、チームの得点源としての役割を一身に背負った。常時4番として出場し続け、欠場はわずか3試合。これほどしっかりした4番がいるのだから、他選手が主力としての働きを全うすれば自ずと打線は機能していくはずだが、それができなかったのが今季の巨人。以外に100試合同じ打順で出場した選手はついに現れなかった。韓国の法則って恐ろしいな
3番で99試合に出場した二岡だが、後半になって故障発生。それでも出場を続け徐々に精彩を欠いた。3番としては出塁率がやや低いのがまず気になる。四死球は36なので、彼が(打数/10)ぐらいのペースで選んでくれたらもっと得点は増えるはず。というのも、彼は今季全く盗塁を決めれていないのだ。盗塁機会すら1度しかない。走攻守三拍子揃い、前回の監督時代の2003年には14盗塁を決めていたから、巨砲主義の煽りを受けただけかと思っていたのだが、機動力の衰えは深刻だ。足技を使える鈴木が打撃面に安定感無いので、の前に出塁率3割5分ぐらい残せる打者が欲しい。後半になって形を得た1・2番、脇谷・鈴木の出塁率がそれぞれ.302、.276だから尚更である。二岡と同格かそれ以上の存在なはずの高橋由は故障続きで精彩を欠いた。復調を期待されて後半は3番に定着したが、9月までずっと打率2割3〜4分を行ったり来たり。10月にようやく上向きになり、来季の復活には期待を持たせたがさて。
異を唱えたいのが、ロッテから移籍してきた小坂の活用法。背は低いがその瞬発力で超人的なショート守備を誇ってきたロッテ時代だったが、移籍を機にセカンドへコンバートされると色を失い、打撃も走塁も味気ない結果となった。よく「二塁・遊撃・三塁全て守れるのが守備名人だ」と指導者に思い込まれ起用される選手が多いが、全ての選手にそれが当てはまる訳が無い。二遊間タイプの選手にもサードをやらせたりするのは愚の骨頂である。そもそも小坂はロッテ時代の出場割合は99.9%がショート。オールスターではセカンドをやるが、公式戦では9年間でわずかサードが1試合(それも途中出場)あるだけである。ちなみに僕はその1試合を見事ダイレクト観戦できた ショートとしての必要性が顧みられない小坂は水を失った魚のようなもの。打撃と守備は密接な関係があるのだから今季の不振は当たり前の結果だった。ちなみに二岡の守備は堅実タイプでエラーこそ少ないが小坂はじめ井端・梵のようなオーラが無いから、どうしてもセンターラインは他球団より見劣りしてしまう。小久保が本当にFA移籍するなら、二岡のサードコンバートも一案ではないのか。
が「優勝を狙いに行く」と宣言し、実際にその通りな思想でシーズンに望んだから仕方が無い気もするが、あまりにも選手の入れ替えが性急すぎる。登録抹消人数81人、そのうち野手52人という数字からは酷いという言葉しか出てこない。故障者続出が直接の原因だが、それならばトレードを凍結し、将来に備えて戦力充填を図るという起用もありではなかったか。例えば3年後には絶対レギュラーに入っていなければならない亀井などはもう少し粘り強く起用してもよかった。
後、の態度も悪すぎる。喜怒哀楽が激しく、負けが込むとマスゴミに対して悔しさを露にするのだが、それが抹消人数や1・2番の入れ替えの激しさに繋がっていくのだから内外面ともにもう少し我慢が必要である。

<投手・コメント>

過去3年投手陣の乱れによりペナントに敗れ去ってきただけに、昨オフ投手陣の大量獲得が行われた。指導者も尾花という外部の血を導入し、徹底した改革を敢行したおかげでチーム防御率は良化。しかしそれでも万全とはいえず。そもそもこの2年で12球団全体的に投手陣良化の流れに向いており、その流れに巨人も乗っただけといえなくも無い。投手陣崩壊とはいっても木佐貫・野間口・三木・栂野ら稼動していない人材が勢ぞろいしており(逆に言えば稼動すれば凄い選手)、例えば広島や楽天が「投手弱すぎ」と言うのに比べると全然説得力が無い。「球界の盟主」とのたまう割にはかなり子供っぽい発想で、獲った人材をフルに生かそうという思想が見えてこない近年の巨人。
さて早速先発陣を見ていくと、大きく躍進したのが内海。その詳細は普段から口煩く語っている印象があるので省略するが、球速以上に威力あるストレートをガンガン内角に投じるようになり被打率は見事チームトップ。奪三振率も上原を抑えて8.30でトップと、ピッチングのスケールでは既にエース・上原を上回っている。後はコンスタントに長いイニングを投げられる安定感で上原を上回って欲しい。内海と対照的なのが、ヒットを浴びながらも技巧でしのぐパウエル。それでもリーグトップの11与死球と内角を付く積極性は内海以上で、技巧派だからこそ内角を攻めなければならないということを示す手本のような投手。制球の良さを身上とする上原だが、被本塁打チームトップ(24)というのは相変わらず。ボールから威力が徐々に失われつつあるのでは、というのが第一印象で、果たしてFA移籍の際はメジャーで通用する力は残っているのだろうか。
軸となるべき「3本柱」が揃った先発陣。それでも首脳陣は過去にFA選手が獅子奮迅の働きをしたのは工藤だけという歴史的事実を忘れ、広島・黒田の獲得に躍起になっているのだから「人材をフルに生かす」精神が消え失せているようではないか。中日の3番手以降が朝倉・佐藤充・中田なのと比べると印象があまりにも幼い。自前選手の育成が先なのではないか。
ということで他選手を見ていくと、希望の星は台湾出身の姜。終盤に8試合投げただけだが防御率・平均イニング・被打率は堂々のチームトップで与四死球率の低さも素晴らしい。彼がフルシーズンこの成績を保てれば黒田を獲る必要は何処にもないはずなのだが。同じ外国人・グローバーパウエルと同タイプだがあまりにも被打率が高すぎた。3本柱に次ぐイニング数を記録した西村はリリーフの居心地が良いようだが、先発一本でやっていくという気概が無いと便利屋扱いされて終わりかねない。工藤は不本意だったのは故障が多かったのが直接原因だが、平均イニングの減少でそろそろ限界が見えてきた印象。2試合とも散々だった野間口はその後のリリーフ登板ではそこそこだったので久保・林同様リリーフ向きとして起用されそうだが、シダックス時代の栄華からしてもリリーフ向きとして獲った選手では無いだろう。こんな事なら指名権をパリーグ球団に譲った方がリーグ発展のためになったはずだがここら辺の話は別の機会に
豊田の加入で形を得たはずのリリーフ陣だが、結局は混迷を極める羽目となった。無失点率8割越えの選手が皆無なのはロッテと同様。久保以外セットアッパーに人を得ないところも酷似している。先発タイプであろう選手をリリーフに回すのは巨人の常套手段と化してきたが、そもそもリリーフ向きの選手が居ない。豊田・前田・福田の他は佐藤宏・酒井・会田ぐらいしか見当たらない。過去数年、ドラフトでひたすら先発タイプを獲りまくってきた事が伺えるのだが、先発は多くて5〜6人、その他アクシデントに備える2〜3人居れば良いのではないか。似ているチームとしてロッテを挙げたが、薮田・小林雅が先発からの転進といっても先発ではハッキリ結果を残せなかったのだから納得できるし、余剰戦力として川崎・相原・内・山崎とリリーフタイプが揃っていた。しかし久保・林は先発として成長途上の段階にも拘らずリリーフに回された。両名にリリーフとしての色付けをしている段階が現在なのは解るが、決め球を狙い打たれる久保の勝負弱さを見ているとやはり適正を考えてもらいたくなるのである。
後半リリーフに回った高橋尚もそうで、セーブこそ挙げるのだがリリーフ防御率は5点台。一度全選手同じスタートラインに立たせ、そこから実力・適正を判断していくことが必要なのではないか。

スポンサーサイト

  • 2007.04.08 Sunday
  • -
  • 10:00
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2008/12/15 2:32 PM
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM