<< 何なんだね君は 〜ロッテ・日本ハム情報 | main | 臆病の連鎖 〜近年の外国人補強を語る >>

スポンサーサイト

  • 2007.04.08 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


2006シーズンを振り返る 〜東京ヤクルト

<野手>
・規定打席到達者

青木宣親  .321 13  62  .396  .835
岩村明憲  .304 32  77  .389  .933
リグス    .294 39  94  .343  .901
宮出隆自  .275  9  59  .335  .740
ラミレス   .267 26 112  .289  .738

※左から、打率・本塁打・打点・出塁率・OPS
※赤字はチームトップ(率は規定打席到達者内でのトップ)


・選手別打順

青木宣親  146 146   0   0   0  0  0  0  0  0
リグス    142   0 123   3   0  1 14  1  0  0
ラミレス   146   0   0   0 146  0  0  0  0  0
岩村明憲  143   0   0 134   0  3  6  0  0  0
宮出隆自  109   0   0   0   0 33 53 22  1  0
ラロッカ   102   0   0   9   0 93  0  0  0  0
米野智人   99   0   0   0   0  0  0 23 61 15
宮本慎也   72   0   5   0   0  7 19 39  2  0
田中浩康   59   0   2   0   0  5 29 21  2  0
真中 満    35   0  14   0   0  4  6  0 11  0
城石憲之   38   0   0   0   0  0  0  0 38  0
福川将和   27   0   0   0   0  0  5 20  2  0
古田敦也   23   0   0   0   0  0  2  4 16  1
梶本勇介   10   0   0   0   0  0  3    2  0
飯原誉士    7   0   1   0   0  0  2  2  0  
大原秉秀   11   0   0   0   0  0  0  3    0
土橋勝征    1   0      0   0  0  0  0  0  0
武内晋一    6   0   0   0   0  0    0  0  0
志田宗大    1   0   0   0   0  0    0  0  0
三木 肇     4   0   0   0   0  0  0  1    0
川端慎吾    5   0   0   0   0  0  0    0  0

※左から、全スタメン出場数・1番出場数・2番・3番…9番
※赤字は各打順の最多出場選手、青字は各選手の最多出場打順、紫字は赤・青複合
※9番の最多出場は石井一石川25


・機動力成績

青木宣親  112 41  .774
リグス    111 11  .826
ラミレス    79  0  機会なし
岩村明憲   84  8  .889
宮出隆自   49  1  .200
ラロッカ    58  2  .667
米野智人   32  0  機会なし
宮本慎也   29  3  .750
田中浩康   23  1  .500
真中 満    13  1  1.00
城石憲之   12  1  1.00
福川将和   10  0  機会なし
古田敦也   11  0  機会なし
梶本勇介    2  2  1.00
飯原誉士    4  2  .667
大原秉秀    4  1  1.00
度会博文    3  0  機会なし
土橋勝征    1  0  機会なし
武内晋一    4  0  .000
志田宗大    7  1  .500
三木 肇     5  8  .727
鈴木 健     1  0  機会なし
川端慎吾    2  0  機会なし
松元ユウイチ  1  0  機会なし


※左から、得点数・盗塁数・盗塁成功率
※赤字はチームトップ


<投手>

・先発成績

石井一久   28( 0) 11  3.44 6.1  .257  3.24
ガトームソン 25( 0)  9  2.85 7.0  .227  2.33
石川雅規   28( 1) 10  4.55 5.1  .310  1.19
藤井秀悟   20( 7)  7  4.60 6.0  .254  3.57
ゴンザレス  17( 0)  9  3.15 6.2  .262  2.20
館山昌平    6(38)  2  6.08 6.1  .312  3.28
松井光介    2(38)  1  5.40 5.0  .258  2.95
川島 亮     9( 0)  2  3.83 5.1  .240  3.06
高井雄平    1(35)  0 17.45 3.2  .269  8.13
鎌田祐哉    4( 9)  2  4.91 4.2  .260  2.25
坂元弥太郎   1(29)  0 72.00 1.0  .250  3.93
丸山貴史    3( 8)  1  5.54 4.1  .209  5.70
高木啓充    1( 1)  0 10.80 1.2  .400 13.50
村中恭兵    1( 0)  0 12.00 3.0  .429 12.00


※左から、先発登板数(救援登板数)・先発勝利・先発防御率・平均イニング・被打率・与四死球率
※平均イニングは四捨五入(?)した値、.1=3分の1、.2=3分の2
※赤字はチーム最多・最良(各率・平均イニングは規定投球回到達者内での最良)



・主要リリーフ成績

高津臣吾  48  0 21  .833 0.89  2.74 .219  3.38
木田優夫  56  0 33  .732 1.04  3.09 .293  3.24
松井光介  38  4  2  .553 1.42  4.08 .258  2.95
館山昌平  38  1 14  .737 1.12  3.95 .312  3.28
花田真人  51  2 10  .647 1.06  3.33 .298  1.00
五十嵐亮太 29  1  5  .551 0.86  6.12 .324  4.68
高井雄平  35  1  4  .686 0.69  6.51 .269  8.13
坂元弥太郎 29    1  .724 1.15  4.98 .250  3.93
吉川昌広  23  3  2  .652 1.13  3.46 .321  2.08

※左から、リリーフ登板数・5回終了以前の登板数・6回開始以降で3点以内リード時の登板数・無失点率・平均イニング・防御率・被打率・与四死球率
※無失点率=(無失点試合数/全試合数)
※平均イニングは先発と同じだが、1試合辺りのイニングが短いリリーフ故四捨五入(?)はしていない  目安として、0.33=3分の1  0.67=3分の2
※赤字はチーム最多


<共通事項>

・出場選手登録抹消

全抹消人数:69人
野手:投手 = 24:45

三木 2  高井 4  花田 1  川島 3  ガトームソン8
高木 2  武内 1  佐藤 1  小野 1  ゴンザレス 8
飯原 4  梶本 3  宮本 2  城石 1  石井弘   2
真中 1  吉川 1  畠山 1  土橋 2  五十嵐   2
大原 1  木田 2  藤井 1  坂元 1  田中充   1
松岡 1  松井 1  鎌田 1  志田 1  丸山貴   2
村中 1  山部 1
石井一 1 田中浩 2 ユウイチ 1 ラロッカ 1
<野手・コメント>

古田兼任監督の1年目ということで、フロントはそれを盛り立てんとばかりに昨オフ精力的に補強を図った訳であるが、それ故2001年以降顕著だった「ヤクルトらしさ」が失われてしまった。資金も戦力も不足しているが、知恵と努力でチームを纏めて上位に居座り続けるというチームカラー。それが今季は外国人野手3人制に象徴されるような超攻撃野球を展開、そのおかげで緻密さを失い、元メジャー組が加わった投手陣は従来の主力が揃って成績を落とした挙句彼ら頼みの状態に陥ってしまった。
早速野手を見ていくと、規定打席到達者は5人とそこそこ。故障で後半ほとんど出番が無かったラロッカも到達していたと考えれば中々であるが、外国人3人にしてまでスタメンを固めようとしたのだから当然か。中でも青木の充実ぶりには目を見張るものがある。昨年シーズン200本安打を達成し押しも押されぬ1番打者となったのだが、三振が多く四球が少ないなど喰い足りない面も見られた。しかし今季の出塁率は4割に迫る勢いであり三振も113→78と減少。長打力も増し、1番打者でのOPSは12球団1である。この青木と、最強2番打者の名を欲しいままにしたリグスが得点数で激しく争い、最後の最後の144試合目で青木が1上回り、盗塁と併せて機動力でもチーム1の存在感である。反対に実力は文句無いのだが…というのが、今オフメジャー移籍を表明した岩村で、3年連続3割30本とやった事は立派なのだが、その反面打点77と物足りない。2番のリグスにランナーを返されるので仕方ない面はあろうが、得点圏打率.248はクリーンアップにしては噴飯もの。果たしてアメリカでは如何に。1〜3番が高いクオリティを発揮する中、献身的な姿勢が目立ったのが4番のラミレス。2003年にホームラン王を獲得したパワーヒッターだが、今季の26本は2002年(24本)に次ぐ少なさで、OPSに至っては来日後の6年間で最低の数字。明らかに衰えが目立っているのに打点は昨年より8多い112。大きいのはリグス・ラロッカに任せ、自身はチームに得点をもたらす事に専念しているようにも見受けられる。
ラロッカは広島時代と同様、故障離脱でシーズン後半をほぼ棒に振った。年々弱体化するセカンドの穴埋めとして獲得した選手だが、彼自身守備に難があるのと岩村のメジャー行きが重なり来年はサードを任されそうだがさて。もう一人故障に悩まされたのが守備の名手・宮本。超攻撃型オーダーの下、下位打線への定着を素直に受け入れ好調な打撃をキープしていただけに残念。彼の故障中スタメン出場が多かった田中浩はスローイングが弱いのと巨人・二岡同様フットワークに目を見張るものが無いのを考慮するとセカンドに定着させて育てたい。古田の後継者として注目された米野だが、シーズンが進むに連れて自慢のスローイングに乱れが出始め、完全に定着することが出来なかった。これまで打率1割台がやっとのバッティングには上昇機運が現れたので、これもバッティング強化に取り組むあまり長所を乱してしまったのだろう。
打順表にきちんと紫色が8つあり、それぞれの選手がしっかり数字を残しているから正常に機能していると言って良い。これだと阪神同様控え選手にスポットライトが当たりづらくなってしまうが、古田はその事を理解しているのか要所要所での若手起用も欠かさなかった。前述した田中浩をはじめ飯原・梶本・大原・川端が出番を貰い、取り立てて目立った数字は残せなかったものの次代への備えに抜かりは無い。

<投手・コメント>

ヤクルトを語る際に欠かせないのが主力選手の流出。FA制度導入やアメリカ移籍への流れの被害をモロに受けた球団がヤクルトで、97年オフ以降に移籍した主力は以下の通り。

吉井狸人・川崎憲次郎・石井一久・ペタジーニ・高津臣吾・稲葉篤紀(岩村明憲)

これだけの選手が流出しても5位6位にならない球団は立派だが、こと投手に関しては苦しくなってきた。というのも主力選手が抜ける度に急ぎ補填をするのに躍起になり、その結果「スケール不足・エース不在」の投手陣が出来上がってしまったのである。
ヤクルトファンは考えて欲しい。平均イニング・防御率を見て頂ければ解ると思うが、今季の先発の柱はメジャーからの出戻りである石井一と、外国人枠のため併用されざるを得ないガトームソン・ゴンザレスであり、従来の戦力である石川は5年連続2桁勝利以外はイニング数の減少・2年連続完投0・3年連続防御率4点台と脆弱さしか見えない成績で、藤井は後半リリーフに降格、川島は肩の調子が悪く満足に投げられず…という具合に深刻な状況。リリーフ陣も同様で、数年来に渡って「ロケットボーイズ」として猛威を振るってきた石井弘・五十嵐がついに息切れ。石井弘は二段モーションの改造に明け暮れた挙句故障にも悩まされ、わずか11試合という信じられない成績。日本最速を志す五十嵐も、今季は150キロに伸せる事すらままならない状態となり、敗戦処理での出番がほとんどとなってしまった。その代役としてこれまたメジャー帰りの木田・高津がこなすのだから、一体ヤクルト投手陣は何をやっていたのか。
さて先発陣を語っていくと、石井一は従来の「球は速いがノーコン」のイメージから完全に脱却したと言っていい。日本プロ野球でのこれまでの10年間、与四死球率が4.00を下回ったのがわずか2シーズンだけ(1997年と2000年)というノーコンを絵に描いたような投手であったが、今季はアメリカで覚えたといわれるカットボールを中心に配球したうえで球速を抑え、ストライクゾーンでの勝負を心掛けていたのが大きな変化。メジャー帰りらしく7〜8回がやっと、完投0という数字が残っているが、これほどコンスタントに先発としての責任を果たしてくれていれば問題は無い。ガトームソン・ゴンザレスの両者は、野手に3人外国人が居るということで10日置きに一・二軍往復を繰り返してローテーションを回るという変則登板を余儀なくされた。5月25日、ガトームソンがノーヒットノーラン達成の翌日にも抹消された事には疑問を感じずにはいられなかったが、それもラロッカの故障と同時に終焉。平均イニングが2人でチーム1・2を占めているので虚弱投手揃いのヤクルトにとってはありがたい存在である。
先発・リリーフを兼用している選手が多いのもヤクルト投手陣の苦しさを物語っていて痛々しい。館山は平均イニングこそ多いが防御率6点台が示すとおり安定感無し。時には7回8失点という試合もあり、長いイニングを投げればそれだけ失点が増えるというのは褒められた事ではない。松井は防御率こそリリーフの方が良いが、5回2失点で先発初勝利を挙げてから、その後1試合も先発機会が無かったのはかなり疑問。丸山貴はどっこいどっこいな結果であるが、ストレートに速さが無い故先発のほうが安定したピッチングを見せてくれるはずである。
先発同様問題山積みなリリーフ陣。無失点率が良かったのは高津だけという惨状で、木田は中盤戦こそクローザーの位置に付いたが、後半はアクシデントもあり安定感に欠けた。館山・花田にフォークボールを伝導したという役割を果たしたものの、自身はサイドスロー気味になったりと不安定だった。木田同様、フォークを武器とする松井。先発もこなせるようにスタミナ面が抜群でそれが平均イニングの長さに繋がっていったのだが、イニング数が長くなる反面どうしても失点する率が膨れ上がってしまい、無失点率は五十嵐に次ぐ酷さだった。今後の成長が期待される高井はとにかく与四死球率が凄いことになっており、重大な場面で起用するのにはかなりの勇気がいる。果たして今後は石井弘のようになれるかどうか。
登録抹消人数は、ゴンザレス・ガトームソンの分を除くと29人とまあまあの水準である。それにしても高井の4度は抜けている。果たして本当にリリーフ向きなのだろうか…

スポンサーサイト

  • 2007.04.08 Sunday
  • -
  • 14:46
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM