<< 是非参加させて頂きたいが… 〜広島情報 | main | TVゲームと犯罪の関係を語る >>

スポンサーサイト

  • 2007.04.08 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


2006シーズンを振り返る 〜阪神

<野手>
・規定打席到達者

シーツ    .310 19  75  .355  .821
金本知憲  .303 26  98  .393  .898
濱中 治   .302 20  75  .361  .845
鳥谷 敬   .289 15  58  .362  .793
矢野輝弘  .274 17  78  .323  .767
赤星憲広  .269  0  20  .344  .646

※左から、打率・本塁打・打点・出塁率・OPS
※赤字はチームトップ(率は規定打席到達者内でのトップ)


・選手別打順

赤星憲広   139 119 20   0   0  0  0  0  0  0
金本知憲   146   0  0   0 146  0  0  0  0  0
シーツ     143   0  0 125   0 18  0  0  0  0
鳥谷 敬    146  16  1   3   0  0 64 61  1  0
濱中 治    128   3  0  16   0 71 38  0  0  0
矢野輝弘   130   0  0   0   0  1  8 65 56  0
関本健太郎   99   1 74   0   0  0  2  8  7  7
藤本敦士   116   0 41   0   0  0  0  0 65 10
今岡 誠     49   0  0   0   0 46  3  0  0  0
桧山進次郎   19   0  7   0   0  4    0  0  0
スペンサー   18   5  0   0   0    2  5  0  0
片岡篤史    20   0  0   0   0  0 17  3  0  0
林 威助      7   0  1      0  2  2  0  0  0
浅井 良     12   0  0   0   0  0  0  2 10  0
野口寿浩     3   0  0   0   0  0  0  1    0
町田公二郎    1   0  0   0   0  0    0  0  0
赤松真人     4   2  2   0   0  0  0  0  0  0
坂 克彦      2   0  0   0   0  0  0  1  1  0
喜田 剛      1   0  0   0   0  0    0  0  0
上坂太一郎    1   0  0   0   0  0  0  0    0
狩野恵輔     1   0  0   0   0  0  0  0    0
藤原 通      1   0  0   0   0  0  0  0  0  

※左から、全スタメン出場数・1番出場数・2番・3番…9番
※赤字は各打順の最多出場選手、青字は各選手の最多出場打順、紫字は赤・青複合
※9番の最多出場は井川25


・機動力成績

赤星憲広  84 35  .729
金本知憲  85  2  .500
シーツ    87  0  機会なし
鳥谷 敬   65  5  .625
濱中 治   71  2  .500
矢野輝弘  42  0  機会なし
関本健太郎 52  0  .000
藤本敦士  35  3  .750
今岡 誠   16  1  1.00
桧山進次郎  8  1  1.00
スペンサー 12  1  1.00
片岡篤史   4  0  機会なし
林 威助   12  0  機会なし
浅井 良    5  0  .000
野口寿浩   1  0  機会なし
町田公二郎  2  0  機会なし
中村 豊    3  0  機会なし
赤松真人   1  2  .667
秀太      2  0  機会なし
藤原 通    1  0  機会なし



※左から、得点数・盗塁数・盗塁成功率
※赤字はチームトップ


<投手>

・先発成績

井川 慶     29( 0) 14  2.97 7.1  .234  2.37
福原 忍     23( 1) 12  2.09 6.2  .250  2.79
下柳 剛     25( 0) 12  3.17 6.0  .274  3.83
安藤優也    20(11)  9  3.48 5.2  .279  2.44
江草仁貴    12(24)  5  3.50 5.2  .258  4.84
杉山直久    14( 3)  4  3.09 6.0  .238  3.79
オクスプリング 15( 1)  4  4.66 5.0  .265  3.03
ダーウィン     3(46)  0  2.81 5.1  .217  4.03
能見篤史     2(36)  1 12.15 3.1  .272  3.54
中村泰広     2( 0)  1  3.60 5.0  .351  3.60
岩田 稔      1( 0)  0  9.00 3.0  .182 12.00


※左から、先発登板数(救援登板数)・先発勝利・先発防御率・平均イニング・被打率・与四死球率
※平均イニングは四捨五入(?)した値、.1=3分の1、.2=3分の2
※赤字はチーム最多・最良(各率・平均イニングは規定投球回到達者内での最良)



・主要リリーフ成績

藤川球児   63  0 35  .904 1.26  0.68 .165  2.50
ダーウィン   46  3 12  .674 1.25  3.79 .217  4.03
久保田智之  47  0 18  .787 1.06  3.96 .294  3.60
能見篤史   36    6  .667 1.12  4.98 .272  3.64
ウィリアムス 47  0 27  .872 1.01  1.90 .219  3.61
江草仁貴   24  3  1  .667 1.13  3.54 .258  4.84
金澤健人   25    3  .680 1.05  4.79 .312  2.73


※左から、リリーフ登板数・5回終了以前の登板数・6回開始以降で3点以内リード時の登板数・無失点率・平均イニング・防御率・被打率・与四死球率
※無失点率=(無失点試合数/全試合数)
※平均イニングは先発と同じだが、1試合辺りのイニングが短いリリーフ故四捨五入(?)はしていない  目安として、0.33=3分の1  0.67=3分の2
※赤字はチーム最多


<共通事項>

・出場選手登録抹消

全抹消人数:57人
野手:投手 = 18:39

町田 2  吉野 2  片岡 2  杉山 3  前田忠    1
桟原 2  安藤 2  金澤 3  今岡 2  オクスプリング4
相木 2  太陽 3  藤原 1  赤松 1  林       2
玉置 1  上坂 1  下柳 2  能見 2  中村泰    2
秀太 2  藤川 1  橋本 1  江草 1  スペンサー  2 
福原 1  野口 1  シーツ 1 ウィリアムス1
ダーウィン 3  久保田 3



<野手・コメント>

終盤の猛追も及ばず、中日に逃げ切られる結果となった昨年の覇者・阪神。9月の敗戦がわずか4という結果には驚かずにはいられず、王者のプライドがなせる業だと思ったが、その割りにチーム力が進化していないのが問題点。ベテラン陣の驚異的な踏ん張りにより持ち直した結果であり、チームにプラスアルファをもたらす人材が最後まで現れなかったという歪な陣容。何処となく黄金時代末期の西鉄ライオンズと同じ匂いを感じるのは気のせいか。大下の後継者が最後まで現れず、稲尾の鉄腕に頼りきりなあの頃に…(つうかお前今何歳だよ)
大下→金本と置けばかなりくりそつな状況なのだが、救いは金本にまだ余力が残っていること。西鉄3連覇(56〜58年)の際、大下は故障続きで満足に試合に出れなかった(59年限りで引退)のだが、金本は現在もフルイニング出場続行中という風に元気いっぱい。だからといって後継者作りに消極的になれば、見事に西鉄の二の舞なのだが…(大下引退後の西鉄は実力も人気も衰えついに身売り)
3年連続100打点はならなかったものの、この金本の存在感を抜きにして阪神は語れない。OPSの減少は衰退の始まりを予感させるものの、本人が無理だと思わない限りは来年も大丈夫だろう。でも情に流されやすい岡田監督はきっと無理だといってもフル出場続けさせるんだろうな 金本の前を打つシーツもブレ無く3番の役割を果たしたが、昨年の打点王・今岡が大不振の末故障を最後に姿を消しているので重みの面で物足りなさが残った中軸。濱中が復帰したのは大きいが、前半の爆発を考えれば今一つ。来年以降彼が金本の負担を減らさなければ打線は機能しない。
もう一つ、鳥谷をどのように育てたいのか首脳陣の狙いが見えてこないのも不安である。得点・安打・盗塁以外は3年で順調に数字を伸ばしており、特に出塁率の増加は彼のボリュームアップを存分に印象付ける。それでも打順が一定しない。6番・7番が多いのはポイントゲッターとしての期待の現われだが、岡田は「将来的には1番鳥谷・2番赤星にしたい」と発言しており、赤星が不調に陥ると実際にそれを行動に移している。チャンスメーカーにしては機動力が食い足りなく、個人的には中軸、それもある程度器用さが要求される3番を目標にさせるのが適任だと思うのだがさて。この首脳陣のサジ加減一つで運命が変わりそうなのが赤星で、不調といわれた今季だが出塁率は健闘しているといって良く、来期以降ボールを強く叩くバッティングができれば文句なし。盗塁数の減少が彼を1番から下ろしたいというプランに拍車をかけているのだが、これはチーム全体が機動力を使えていないということに問題があるのではないか。つまり打撃の課題が金本への負担減なら、機動力は赤星への負担減つまり他選手にも積極的に盗塁を敢行させなければならない。
そこで機動力に目を移すと、名を挙げた20名のうち「機会なし」の選手が9名もいる。機会が1度だけなのも5名おり、走ろうという気持ちを常に持っていると思われるのはたったの6名と言って良い。近年の巨人の野球は「虚砲主義」などと揶揄されていたが、阪神だって控えには片岡・桧山・スペンサーと大砲ばかり(しかもろくすっぽ打てない)で、巨人と同じかそれ以上に機動力を使えていない。スタメンがほぼ固定されており、ベンチ入り野手の必要性はピッチャーと藤本への代打ぐらい。それ故代走・守備要員の需要が失われていくのだが、星野前監督の事を思い出して頂きたい。FAなどでスタメンを固めたのは紛れも無く星野だったが、その裏でベンチに控える野手のことも忘れていなかった。
      2003年出場数   2005年   2006年
秀太    102試合(75) 46試合(6)  21試合(6)
中村豊    55試合(68) 49試合(31) 50試合(13)
久慈     55試合(56)  3試合(2)  引退
野口     59試合(116)18試合(32) 16試合(21)
 ※()内は打席数

秀太今岡・片岡への代走、中村豊はライト、久慈は二遊間の守備固め、野口矢野のバックアップという起用を意図的に敢行した結果、チームは独走優勝を果たすのである。ところが現在はベンチ入り選手でせいぜい起用されるのは8人のうち3〜5人それも桧山・片岡ら実績が固まっている選手が優先だから、必然的に起用されない選手が生まれ、ファーム上がりの選手のモチベーションも下がっていくのである。終わったことは仕方ないが、とりあえず来年は喜田・赤松・坂・狩野辺りを意図的にベンチ帯同させてそこら辺の意識改革を徹底させなければ西鉄と同じ運命を辿るのは必至である。
悪い面ばかり取り上げてきたが、1〜8番まで全部紫色があるオーダーは今のところ正常に機能しているといってよく、18人の抹消人数からもレギュラー級の安泰ぶりを物語っている。見た目上、安定期にある今こそ将来への視点に目を向けるべきである。

<投手・コメント>

大下=金本なら、稲尾と同格な存在はさしずめ藤川だろうか。イニング数では遠く及ばないが、チームに無くてはならない存在としてなら両名そんなに変わるものでもない。
その藤川が8月、寝違えを理由に一軍登録を抹消された。軽度なイメージでありその後すぐに上がってくるのだが、抹消以前の失点試合はわずか2度だったにも拘らず、再登録後の一月半では4度もあり、このオフはノースロー調整を図っている事からも肩の疲労は明らかだった。明暗を分けたのはやはり7月末のヤクルトとの一戦。ここで岡田は延長10回から3イニング、しかもサヨナラのチャンスで打順が回ってきたにも拘らず引っ張るという狂喜乱舞の起用を敢行するのである。この試合後肩に異変が出たのか、4日後巨人戦で登板した際はほとんどが変化球勝負で、抹消されるのは時間の問題ともいえる内容だった。(実際に抹消されたのは8月12日)
大体63試合登板で投球回数79イニングスというのは全力投球する藤川の内面を全く理解していない策なのではないか。5回以前の登板数を除く全部門でチーム1と表面上は輝かしいが、どうして平均イニングまでトップで無ければならないのか。何でもこなすエースの時代とは同列に語れないものの、まさに稲尾と同じ道を歩んでいる。ちなみに稲尾は56年に入団後、8年連続20勝という神の成績を記録するのだが、9年目ついに壊れこの年はわずか6試合。その後は先発しても完投するほどの力は無くなり、63年を最後に西鉄は二度と優勝する事無く球団の歴史に幕を閉じるのである。とにかく無事に選手人生を全うしてくれ、藤川に言えるのはこの一言。
JFK(ウィリアムス・藤川・久保田)が揃ったのは6月と、オールスター直後の一瞬、9〜10月だけという短期間。これが他選手にも「6回以降の接戦での登板」が割り当たった要因になり得たのだが、ここに名を挙げた4人はいずれも無失点率6割台とかなり物足りない結果に終わった。そう、昨年はJFKだけでなく、それを脇で支えた桟原・橋本・江草(コアなファンにはSHEと呼ばれる)にも一定の安定感があり、3人の負担を軽減させた。それが今季は桟原・橋本は名前すら挙がらず、江草は先発・リリーフどっちつかず。JFK以外で一番安定感のあった吉野も登板数は2桁すらいかない8で、崩壊の予感しかしないのが阪神投手陣の現状。抹消人数は野手の倍以上の39名で、いかに主力以外顔ぶれを挿げ替えたかが解る。
日ハムで投手コーチを務める佐藤は、04年には阪神コーチとして岡田と共に選手を支えてきたのだが、彼がチームを離れる際のコメントが凄まじい。

「次に投げさせるピッチャーを聞いても『攻撃中だからわからない』。ブルペンで投げていないピッチャーの名前が急に出てくることもある」
「(コーチが進言しても)無理だろうな。言うこと聞かんもん」


今現在こそ藤川ら選手たちの奮投で形は整っているが、彼らが衰退すれば…という心配と常に背中合わせで戦わなければならない来季以降の阪神。健闘を祈る…。
救援陣にこれだけスペースを費やしてしまったが、先発陣だって万全ではない。規定投球回に達した3人のうち下柳は年齢的限界がすぐそこまで見え、井川は年齢よりもFA権がリミットとなる。
阪神の上位指名選手(つうかほとんどが逆指名)には未完の大器タイプが多く、それが期待されても開花期間が遅い事に繋がっているのだが、最近では福原・安藤をはじめ年数をかければ必ずや戦力になっている。聞くところによると福原は大学時代、変化球が投げられなかった時期があったというから、今季の安定ぶりには思わず目を疑ってしまう。
しかし杉山の不安定ぶり(完投3なのに平均イニングは平凡)を見ていただければ、未完の名残はそうそう無くなる物でないし、助っ人外国人も球威タイプに重点を置いているからバランスが崩れている。こと投手陣も、速いストレートとスライダー・フォークのコンビネーションという同じタイプを揃えたがる巨人と同じ道を歩んでいる気がしてならない。技巧タイプの筆頭・下柳が引退間近なのも不安要素で、成績こそ優秀だが何処を見ても悩みの種が尽きない阪神投手陣、来季以降は相当苦労しそうである。

スポンサーサイト

  • 2007.04.08 Sunday
  • -
  • 02:12
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM