<< 消化ゲームで起用された来期の星を語る | main | コリンズ、後ろー! 〜オリックス情報 >>

スポンサーサイト

  • 2007.04.08 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


2006年シーズンを振り返る 〜東北楽天

<野手>
・規定打席到達者

リック        .314  4  34  .357 .768
鉄平         .303  2  29  .352 .748
フェルナンデス  .302 28  88  .370 .911
高須洋介      .300  1  38  .373 .730
山崎武司      .241 19  67  .332 .764

※左から、打率・本塁打・打点・出塁率・OPS
※赤字はチームトップ(率は規定打席到達者内でのトップ)


・選手別打順

フェルナンデス 131  0  0  0 131  0  0  0  0  0
山崎武司    113  0  0  0   4 65 38  6  0  0
高須洋介    109  9 77 23   0  0  0  0  0  0
鉄平        99 64  6 24   0  0  0  0  0  5
リック       104  9  0 21   1 29 25 19  0  0
磯部公一     93  0  0 50   0  6 21 15  1  0
藤井彰人     94  0  0  0   0  0  2 19 51 22
関川浩一     49 31 12  5   0  0  1  0  0  0
塩川達也     53  6  3  0   0  0  0  6  7 31
沖原佳典     51  2  9  1   0  0  0 10 24  5
憲史        44  0  0  5   0 11 22  4  2  0
吉岡雄二     35  0  0  3   0 22  9  1  0  0
牧田明久     32  3  5  0   0  1  5 14  2  2
カツノリ      39  0  0  0   0  0  0  2 22 15
草野大輔     26  3    0   0  0  1  1  5  
山下勝充     24  0  0  0   0  2  5 14  3  0
飯田哲也     16    6  0   0  0  0  0  0  2
バレント      17  0  0  4   0  0  1    4  0
佐竹 学      12  0    0   0  0    3  1  0
西村 弥      21  0  0  0   0  0  0  2  0 19
西谷尚徳      9  0  2  0   0  0  0  0    3
竜太郎        7  0  0  0   0  0  0    1  0
益田大介      7  0  3  0   0  0  0    0  0
森谷昭仁      6  1  0  0   0  0  0  0  1  
山崎隆広      6  0  0  0   0  0  0  1    1
河田寿司      2  0  0  0   0  0  1  1  0  0
中谷 仁       3  0  0  0   0  0  0  0    0
酒井忠晴      2  0    0   0  0    0  0  0
平石洋介      2  0  0  0   0  0  0  0  1  1



※左から、全スタメン出場数・1番出場数・2番・3番…9番
※赤字は各打順の最多出場選手、青字は各選手の最多出場打順、紫字は赤・青複合


・機動力成績

フェルナンデス  72  2  1.00
山崎武司     40  0  .000
高須洋介     41 10  .588
鉄平        44 10  .714
リック        33  5  .500
磯部公一     37  5  .833
藤井彰人     26  6  .857
関川浩一     26  7  .700
塩川達也     16  5  .714
憲史        14  2  .500
沖原佳典     16  3  .600
吉岡雄二     10  0  機会なし
牧田明久      8  5  .455
カツノリ        8  1  1.00
草野大輔      6  0  機会なし
山下勝充      9  3  .750
飯田哲也      7  2  .500
バレント       8  1  1.00
佐竹 学       5  2  .677
西村 弥      13  0  .000
西谷尚徳      2  0  機会なし
竜太郎        1  0  機会なし
益田大介      1  0  機会なし
森谷昭仁      6  5  1.00
山崎隆広      1  0  機会なし
中谷 仁       0  1  1.00
酒井忠晴      1  0  機会なし
平石洋介      0  0  .000

※左から、得点数・盗塁数・盗塁成功率
※赤字はチームトップ


<投手>

・先発成績

一場靖弘  30( 0)    4.37 6.1  .274  3.62
山村宏樹  22( 8)  6  5.89 5.2  .292  3.50
グリン    20( 1)    4.02 6.1  .285  2.97
有銘兼久  12(18)  2  3.39 5.0  .286  3.22
愛敬尚史  11( 5)  4  3.90 6.0  .291  2.43
青山浩二   2(40)  0  9.72 4.1  .326  2.88
朝井秀樹   9( 0)  2  3.93 5.2  .284  6.26
牧野 塁    5(10)  2  1.78 5.0  .247  2.49
岩隈久志   6( 0)  1  3.72 6.1  .285  3.03
藤崎紘範   2(19)  0 21.60 1.2  .259  3.34
松崎伸吾   8( 2)  0  8.78 3.1  .333  6.54
インチェ    5( 0)  0  4.33 5.1  .232  5.33
川井貴志   2(11)  1  6.35 3.0  .276  2.75
金田政彦   2( 0)  0  6.75 4.0  .367  4.50

※左から、先発登板数(救援登板数)・先発勝利・先発防御率・平均イニング・被打率・与四死球率
※平均イニングは四捨五入(?)した値、.1=3分の1、.2=3分の2
※赤字はチーム最多・最良(各率・平均イニングは規定投球回到達者内での最良)



・主要リリーフ成績

福盛和男   50  0 27 .800 1.16  2.17 .231 4.66
小倉 恒    58  1 16 .793 1.07  2.18 .239 2.03
吉田豊彦   41  4 11 .805 0.76  3.19 .269 4.06
河本育之   40  0 10 .700 0.69  4.88 .275 4.55
青山浩二   40  7  5 .525 1.43  5.89 .326 2.88
徳元 敏    28  4  8 .893 0.94  1.37 .182 4.10
有銘兼久   18  8  2 .389 1.41  4.47 .286 3.22
小山伸一郎  22  2  3 .591 1.24  8.56 .275 7.24
渡辺恒樹   15    1 .667 1.18  3.06 .290 3.06

※左から、リリーフ登板数・5回終了以前の登板数・6回開始以降で3点以内リード時の登板数・無失点率・平均イニング・防御率・被打率・与四死球率
※無失点率=(無失点試合数/全試合数)
※平均イニングは先発と同じだが、1試合辺りのイニングが短いリリーフ故四捨五入(?)はしていない  目安として、0.33=3分の1  0.67=3分の2
※赤字はチーム最多


<共通事項>

・出場選手登録抹消

全抹消人数:52人
野手:投手 = 35:17


有銘 3  西村 2  山下 3  小山 1  インチェ 1
松崎 3  益田 1  平石 1  金田 1  リック  2
河田 1  吉岡 3  草野 3  鉄平 2  山崎武  1
長坂 1  森谷 2  飯田 1  朝井 1  バレント 2
佐竹 2  中谷 2  谷中 2  牧田 1  竜太郎  1
酒井 1  沖原 1  藤崎 1  川井 1  グリン  1
牧野 1  憲史 1  愛敬 1  青山 1  磯部   1
<野手・コメント>

昨年のシーズンは全てが「試運転」。チーム編成も即席なら、初の監督経験となる田尾安志前監督はじめ首脳陣も即席であり、「まあとりあえず1シーズン戦ってみるか」という感じだったことは否めず。補強策も口だけで消極的であり、そのおかげで黒字という結果が出たのであって、経営努力の賜物とはいえない。よって野村克也監督という名将がチームに色を付けるとあって、今季が実質1年目のようなもの。それにしてはあまりにベテランが多すぎる、というのが今の楽天というチームの大きなアキレス腱なのだが、これは監督がいくら頑張った所で、フロントが腰を据えて編成に取り組まないと解決しない問題である。
そんな歪なチームを目の前にした野村であるが、やはりというべきか、戦力の増強に費やした今シーズンであった。打線の核となる大砲不在故、外国人スラッガー・フェルナンデスを完全に4番固定。もう一人の外国人・リックは完全なるアベレージ型バッターで打順もかなり動かされたが、それでもブレ無く率を残した。若手にスラッガーと呼べる素材がほとんどおらず、フェルナンデスの他、大ベテランの山崎武司も規定打席到達。一方のチャンスメーカーは形が見えた。中日から移籍してきた鉄平を開幕から抜擢するや、他球団の1番と比べても謙遜無い成績を挙げた。ただこの鉄平、典型的なハイボールヒッターで低めを丁寧に攻められると脆い面があるので、これは来年以降の課題。2番には高須が定着。楽天移籍1年目の昨年に打撃開眼し、持ち前の根性と併せて好成績を上げたのだが今季はさらにレベルアップ。ホームラン僅か1本ながら打点は38とポイントゲッターの役割も果たした。
もちろん鉄平高須が1・2番コンビとして来年以降定着すれば言うこと無いのだが、両名とも20試合以上クリーンアップの3番をこなしているのがかなり不安。もちろん両名にではなく、チームの中軸の薄さに対してである。リックが3番に座れれば御の字だが、高須より打点稼ぎやすい打順ばかりだったのに見事下回ったことから適性は無いし、長打力も物足りなさすぎる。磯部は04年の活躍はたまたまだったのか飛ぶボール全盛のおかげだったのかは不明だが、春先の低迷で野村の信頼は完全に失われ、左投手の際は下位打線に回る羽目に。年齢的にも上がり目は期待しづらいから、やはりこの打順に新風を吹き込みたいのだが肝心の適任者がファームにも見当たらないのが野手の最大の問題点。磯部の後釜が見つかるまで、当面はリック・憲史辺りでしのぐことになりそうだ。
下位打線は全く固定できず。野村が色々と選手を試しながらペナントを進めていたからこうなったのだが、7・8・9番に自動アウトともいうべき貧打の選手が並ぶのは何とかならないか。これも野村が守備重視で優先起用する方針をとったからなのだろうが、フロントが無駄を承知でもう少し打力重視の野手を獲っていかないとチームが小さく縮んでいく。抜擢に躊躇が無い現在の野村なのだから尚更である。
もう一つの懸念材料であった機動力不足は、さすが野村の手腕というべきか、チーム盗塁数リーグ2位(75)に躍進。それもチームトップが10という中での2位なのだから成果は出ている。
そのトップの選手は、1・2番コンビの鉄平高須である。高須の成功率の低さはやや気がかりだが許容範囲。鉄平はもう少し積極的になってもいい。得点数は4番・フェルナンデスが抜けているがこのままでは問題。鉄平・高須は1・2番に固定されればもっと伸びてくるはずだが、それにはフェルナンデスの得点圏打率の物足りなさ(.267)の改善も必須。
「おおっ、オリックスやロッテより抹消人数少ない!!」と数えていて驚いていたのだが、このことからも腰を据えてチーム力を養おうという野村の覚悟が伺える。野手の方が圧倒的に多いのは、継続起用でカドをとろうとした投手陣とは対照的に、幅広く選手を使っていくのが今後のためと判断したのだろう。
来季以降に希望の光がともったともいえる今季の野手の成長ぶりで、僕自身野村がメンバーを固めてくるであろう2年後が非常に楽しみになっているのだが、反面フロントの編成力には大いに不満を持っている。野手の大量補強はベテラン野手が頑張りを見せている今こそするべきポイントなはずだが、果たしてそれが必要だと考えている人物がフロントにいるだろうか。

<投手・コメント>

エース・岩隈の右肩違和感による離脱が第一のビッグニュースだった投手陣。そのためエース候補を粘り強く育てようとした首脳陣であり、真っ先にその白羽の矢が当たったのが一場である。規定投球回に達したのが2人、それも山村がパの投手成績最下位だからチーム内ではトップの項目が多い一場だが、リーグ全体という視点で見ると物足りなさが目立つのは確か。それでも好調時のピッチングが素晴らしいから野村も辛抱強く起用していき、それが大きな糧となった。
こうして先発陣の顔ぶれを見ると、被打率が平均して高く、寄せ集め集団の域を抜け出せていないことが解る。被打率ナンバー1のインチェは故障が大きく悔やまれた。来季以降の巻き返しなるか。
先発・リリーフを兼任している投手が多く、当然来季はこの選手達の役割分担の徹底が望まれるところ。延長12回完投した割には平均イニングが平凡な有銘。華々しい反面1回降板の試合もあったので仕方ないが、ロングリリーフでは無失点率4割きっているように全く結果を残せていないから完全な先発向きである。先発時の防御率も普段のと比べ断然良い。無敗記録が話題となった愛敬。先発・リリーフともにブレなくこなしたものの出番自体は少なかった。来季はサポート役として全試合ベンチ待機だろうか。との交換トレードでやってきた牧野。終盤に先発としての適正を見せたが、既に年齢はベテランの域でフルシーズン活躍できるかかなり疑問。藤崎は説明不要でリリーフ向き、川井もリリーフ一本で起用した方が良いかも。松崎・青山の新人コンビは起用法云々よりもストレートの威力アップが最優先、といった具合に、来年は今季よりさらに緻密な投手起用を期待したい。
というのも、リリーフ陣の主力が大ベテランばかりなので、来季以降今季同様の活躍ができるかどうかかなり疑わしいからだ。野村の阪神時代に伊藤・遠山・葛西・西川というベテランピッチャーがリリーフ陣を形成したように、確かにこの形は野村にとって采配しやすいともいえるのだが、阪神時代の彼らは02年(星野仙一の1年目)に総退場しているように長くは持たない。
一刻も早く将来に備える。リリーフ陣の表記のうち上記4人以外の選手はそういうつもりで人選した。青山はさっきも書いたがリリーフにしてはストレートが物足りなさ過ぎる。地元重視も良いが、フロントはもう少し選手の繊細な部分も考慮して指名選手を人選してもらいたい。小山は前半戦こそ勝ち試合で積極的に起用されたが期待を裏切り、敗戦処理でも結果を残せなかった。若手で場数を踏んだのはこのぐらい。
中堅層では徳元が奮闘。3部門でチームトップという好結果を弾き出した。渡辺も早い回でのリリーフばかりだったが内容は悪くなかった。この2人がベテラン陣に割って入れれば、とりあえず来季は落ち着く。
そのベテラン陣についても触れよう。小倉は何も言うこと無いぐらい素晴らしく復活を遂げたのだが、ホールド・セーブの場面での試合は16と少な目。(いや楽天全体がそんな場面少ないんだけどさ)勝ちゲーム限定など、来季は負担を減らすような起用法が望まれる。福盛は与四死球が高いのが不満要素で、シュートピッチャー故球筋が安定しないから仕方無いのだが、抑えだからこそ高度な注文を付けたい。吉田は前半脇役に徹し、シーズンが進むにつれ接戦での登板が増えた。しかし投手最年長故そろそろ厳しいかもしれない。河本はワンポイントが主な役割だが、リリーフ失敗多し。吉田同様来季が早くも不安。
登録抹消人数は意外といってもいい少なさ。一度抹消されると二度と上がってこなかった、という選手が多く、野村の辛抱強さの半面、見切る時の非情さが伺える。その中で3度も抹消・登録を繰り返した有銘・松崎はそれだけ期待されている証拠なので、来季は一層の奮起が望まれる。

スポンサーサイト

  • 2007.04.08 Sunday
  • -
  • 04:52
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2008/01/07 1:20 AM
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM