<< もりさきくん するどいパンチング! だが とどかない! | main | 消化ゲームで起用された来期の星を語る >>

スポンサーサイト

  • 2007.04.08 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


2006シーズンを振り返る 〜西武

<野手>
・規定打席到達者

カブレラ    .315  31 100  .404  .968
中島裕之   .306  16  63  .368  .849
和田一博   .298  19  95  .392  .886
赤田昭吾   .293   2  34  .345  .718
片岡易之   .292   4  44  .336  .730

※左から、打率・本塁打・打点・出塁率・OPS
※赤字はチームトップ(率は規定打席到達者内でのトップ)


・選手別打順

和田一博    131  0  0   0  12 118  1  0  0  0
カブレラ     123  0  0   0 123   0  0  0  0  0
赤田昭吾    118 40 29   0   0   0  0 16  3 30
片岡易之    103 10 83   1   0   0  0  2  2  5
中島裕之    104  0  0 102   0   0  2  0  0  0
福地寿樹     74 61  3   0   0   0  0  1  0  9
中村剛也     79  0  0   4   0   1 27 38  8  1
細川 亨      79  0  0   0   0   0  0  0 73  6
平尾博嗣     47  1  0   1   0   3 29 11  0  2
石井義人     52  0  5  28   0   1  8  8  0  2
高木浩之     46  0  8   0   0   0  0  0  2 36
栗山 巧      37 11  0   0   0   5 10  7  0  4
リーファー     34  0  0   0   0   1 28  5  0  0
江藤 智      30  0  0   0   1   5  7 17  0  0
炭谷銀二郎    44  0  0   0   0   0  0  0 35  9
GG佐藤      32  0  0   0   0   0 18 11  2  1
高山 久      26  1  1   0   0   2  4 13  0  5
佐藤友亮     23 12  7   0   0   0  0  1  0  3
田原晃司      8  0  0   0   0   0  0  0    1
貝塚政秀      3  0  0   0   0   0    1  0  0
水田圭介      2  0  0   0   0   0  0  0  0  
野田浩嗣      5  0  0   0   0   0  0  0    1
大島裕行      4  0  0   0   0   0  0    0  1
上本達之      2  0  0   0   0   0  0    0  0




※左から、全スタメン出場数・1番出場数・2番・3番…9番
※赤字は各打順の最多出場選手、青字は各選手の最多出場打順、紫字は赤・青複合


・機動力成績

和田一博  72  3  .500
カブレラ   74  0  .000
赤田昭吾  50 16  .620
片岡易之  57 28  .757
中島裕之  76 14  .778
福地寿樹  51 25  .735
中村剛也  47  4  .667
細川 亨   22  0  機会なし
平尾博嗣  21  1  .500
石井義人  32  3  1.00
高木浩之  19  1  1.00
栗山 巧   18  3  .750
リーファー  24  0  .000
江藤 智   15  1  1.00
炭谷銀二郎 10  0  機会なし
GG佐藤   18  2  1.00
高山 久   11  1  .500
佐藤友亮  14  9  .692
水田圭介   8  0  機会なし
野田浩嗣   2  0  機会なし

※左から、得点数・盗塁数・盗塁成功率
※赤字はチームトップ


<投手>

・先発成績

松坂大輔   25( 0) 17  2.12  7.1 .206 1.79
涌井秀章   26( 0) 12  3.24  7.0 .246 3.08
西口文也   26( 0)  9  3.55  6.2 .261 3.76
ギッセル   18( 0)  6  3.96  6.0 .264 2.81
帆足和幸   11( 6)  4  4.29  5.2 .304 2.99
グラマン    13( 0)  4  4.26  5.2 .297 2.68
松永浩典    9( 2)  3  4.01  5.1 .247 4.03
許 銘傑     3(16)  0  6.89  5.1 .279 4.01
宮越 徹     5( 7)  1  6.75  4.2 .286 3.86


※左から、先発登板数(救援登板数)・先発勝利・先発防御率・平均イニング・被打率・与四死球率
※平均イニングは四捨五入(?)した値、.1=3分の1、.2=3分の2
※赤字はチーム最多・最良(各率・平均イニングは規定投球回到達者内での最良)



・主要リリーフ成績

小野寺力   59  0 33  .881 1.03 2.82 .229 3.12
石井 貴    46  0 23  .739 0.84 3.49 .258 3.72
三井浩二   45   15  .800 1.16 1.73 .237 3.12
星野智樹   58  0 18  .759 0.63 3.93 .163 4.42
山岸 穣    31  3  4  .742 1.27 3.20 .236 3.20
正津英志   23  3  2  .739 1.07 5.84 .309 6.93
許 銘傑    16    0  .313 1.69 5.48 .279 4.01


※左から、リリーフ登板数・5回終了以前の登板数・6回開始以降で3点以内リード時の登板数・無失点率・平均イニング・防御率・被打率・与四死球率
※無失点率=(無失点試合数/全試合数)
※平均イニングは先発と同じだが、1試合辺りのイニングが短いリリーフ故四捨五入(?)はしていない  目安として、0.33=3分の1  0.67=3分の2
※赤字はチーム最多・最良


<共通事項>

・出場選手登録抹消
(プレーオフに向けての抹消は除く)

全抹消人数:47人
野手:投手 = 18:29


水田 2  野田 2  大沼 3  田崎 1  石井義 1
栗山 2  佐藤 2  貝塚 1  山岸 2  グラマン 3
正津 3  炭谷 1  帆足 2  松永 2  許   3
大島 1  宮越 1  小野 1  中村 1  松坂大 1 
中島 1  上本 1  長田 1  片岡 1  ギッセル 2
岡本 1  細川 1  東   2  リーファー 1  石井貴 1



<野手・コメント>

若手野手が続々と台頭している近年の西武。他球団に比べてレギュラー候補があまりにも多すぎるためか、それとも意図的に競争原理を取り入れているためか、ロッテ・オリックスほどではないが日替わりなオーダーという印象が強かった今季。だが伊東勤監督も来年で4年目、そろそろ将来のレギュラーとなるべき人材を固定させて戦ってもいいのではないか。野手ではないが、先発の大黒柱・松坂がアメリカに渡るのだから尚更である。
流動的とはいっても、クリーンアップ3人は中島・カブレラ・和田でしっかり固定されていたのがロッテ・オリックスとの大きな違い。カブレラは5年ぶりにOPS10割を割るなどややパワーダウンしたが、それでもしっかり100打点をマークする所が真の4番たる所以。このカブレラの衰え故、和田の打点が激増。以前は自分の前でカブレラに走者を一掃される場面が目立ち、3割30本を打っても中々打点が伸びない(3年連続3割30本ながら3年とも打点は80台)シーズンが続いたが、今季は過去5年で最低の19本塁打ながら自己新の95打点である。この両者の前を打つのが中島で、飛ばないボールに変わった昨年から本塁打こそ伸び悩んでいるが、広角に打ち分けるバッティングでその役目を全う。気がかりなのが、死球がリーグトップの13もあることで、2年連続死球による負傷で長期離脱を余儀なくされている。西武野手陣の良きコーチ役といえば土井正博(現ヘッドコーチ)であり、オリックス・清原の師匠としても有名だが、彼は清原について「内角球をよける技術を教えられなかった」と言及しているので、今の中島清原の二の轍を踏みそうでかなり不安。
この3人の他、チャンスメーカーの赤田・片岡が規定打席到達。この2人と福地が機動力野球の申し子的な役割を担った。1・2番を3人のうちの誰か2人が勤め、3番の中島の成功率も高いからよりカブレラ・和田の前でチャンスを作りやすくなる。3人とも出塁率は3割3〜4分台というところで、3割以下の打率にしては奮闘しているのも長所。
その他の打順は中々固定されなかったが、ソフトバンクと違って魅力ある人材は揃っている。昨季の飛躍で期待されたおかわりくんこと中村、首脳陣にも開幕戦では和田を押しのけて5番に座るほど期待を掛けられたが、結局はその重圧に押しつぶされた格好。唯一、出塁率.359とキラリ奮闘しているので、選球眼を気にするあまり本来のバッティングが失われたということか。これほどの出塁率でもOPSは7割代後半と不満が残る結果。来年は正念場、後藤武大島のように尻すぼみにならないように…。3・4月の活躍で一際表舞台に立たされたGG佐藤も、5月14日を最後にスタメン出場は無し。「気持ちいい〜!」がお立ち台の口癖で陽気なマッチョマン。年齢は既に30歳近辺と後が無くなってきた。栗山は前半は1番、中盤以降は下位打線が主。悔やまれたのが中島故障と同時期に一緒に自身も故障してしまったことで、あれが無ければ3番も経験できたに違いない。この栗山も出塁率で健闘したが打率を落とした一人。
後半戦の爆発で残留を勝ち取ったリーファー、便利屋的存在ながらセカンドしか守れない高木など、控えにも実に魅力的なメンバーが揃っており見ていて楽しい西武野手陣。昨年の今頃最も懸案すべき事項だった正捕手では、細川が守備面で大躍進し、炭谷からその座を守り通した。高卒ルーキーで開幕スタメンという事でマスゴミの注目の的となった炭谷だが繊細な技術面で甘さを残し、涌井の専任という形に落ち着いた。 不思議なのはマスゴミであれだけ新正捕手の誕生だ伊東二世だと騒いでおきながら出番減るとピタリと止んだことであり全くの遺憾である盗塁阻止率ダントツのリーグ1をマークした細川の影にはこの炭谷抜擢による相乗効果があったとかおかげで伊東二世の争いは熾烈だとかそんな取り上げ方すればファンの見方も変わるはずなのだが
登録抹消人数は18人、中島・片岡・細川の負傷抹消以外は主力の入れ替えはなかったから正常といえる。

<投手・コメント>

WBC参加・シーズン中の故障発生などで先発登板数こそ涌井・西口より少ないが、その他の数字は全てチームトップだったのが松坂である。その安定感・威圧感はチーム内で比類できるものはおらず、リーグ全体でも斉藤和(ソフトバンク)ぐらいで、後はダルビッシュ(日本ハム)・涌井の成長次第というところで、そんな彼が来年からアメリカ行きとなるのだからパリーグにとっては大打撃となる。僕としてはせめてFA権取得まで待ってもらいたかったというのが本音であるが、たとえポスティングが12球団統一で規制されても、昨年は井口が自由契約扱いでメジャーに渡っているからこの流れは誰にも止められやしないだろう。それならばと新たなスター候補を生み出す環境作りに邁進してもらいたい日本プロ野球界であるが、これまで様々なスターを生み出す要因となってきたメディアは清原・SHINJO・(選手としての)古田ら過去の遺産ともいうべきベテランに頼りきりだから、メディア・マスゴミにはもう頼らないという心構えで取り組んでもらいたい。
話は西武から大分逸れたが、来年以降2〜3年は西口の踏ん張りがチーム力維持のための絶対条件。今季は惜しくも10勝に届かなかったが、ピッチング内容はまだまだやれるというものを見せてくれた。ここであえて語るまでも無いほどの安定度を見せている彼であるが、気になるのが与四死球率の増大。昨年は2.25だから大幅に悪化している。過去に与四死球率が4点台だったシーズンは3度あるが、その時の成績は以下の通り。

2001年  14勝9敗  防御率4.35  与四死球率4.95
2003年   6勝3敗  防御率6.84  与四死球率4.01
2004年  10勝5敗  防御率3.22  与四死球率4.60


03・04年はいずれも規定不足であり、03年にはそれまで7シーズン続いていた10勝が途切れた。01年は表面こそ14勝しているが防御率が4点台で、これは01年と03年にしか記録していない「珍事」である。与四死球が膨れ上がればそれだけ不調に陥るのが西口というピッチャーで、再び増加の流れに向かいつつある今季を見るや彼の見通しは不安。
もう一人の柱が涌井で、こちらは来年が高卒3年目とあって上昇期。西口が衰えず踏ん張っている間に、涌井松坂クラスの大投手に成長して、他の若手が2〜3人ローテーションに喰い込むということが常勝西武への絶対条件。まずは自分がそんな立場であることを理解し、エースとしての自覚を芽生えさせることから始めるべきである。
名が挙がった「他の若手」の見通しは、涌井のエースへの道のり以上に厳しい。2人以外の主力候補・帆足に大きな乱れが生まれたとあっては早急な課題であるはずだが、涌井以外に10試合以上先発した若手投手は皆無。松永は典型的な変化球命というピッチャーにしては与四死球率が高すぎ、信頼性は今一つ。松坂以降のドラフト上位指名で芽が有りそうなのはこの松永ぐらい。三井はもう高齢、大沼・山崎・長田が揃って足踏みしており、崩壊の足跡はすぐそこまで聞こえているようではないか。
小野寺が収まり、昨オフ最も懸念事項だったストッパーの確立はなんとかなった。登板数がチーム一で、「とにかく場数を踏ませ」ながら抑えへと成長させた西武首脳陣は立派。防御率からすると意外だが、無失点率はもう少しで9割に達するところであり、彼の伸びっぷりが伺える。今度はその手腕を先発陣に発揮してもらいたいものだが…。問題は彼以外。最も安定感ある三井は前述の通り高齢故後が無くなり、脅威の被打率を誇りながら防御率・無失点率ともに芳しくない結果な星野、序盤は安定していたが次第にスタミナ切れを起こし1イニングすら投げられなくなった石井貴、被打率3割越えが防御率に直結した正津、逆の意味で脅威の無失点率を残したと、燦々たる顔ぶれ。若手の位置付けにいる山岸は成績こそまずまずだったが、期待されながら前半もたついて一・二軍往復、良くなったのは中盤以降。来年フルシーズン活躍しないととてもじゃないが苦しい。
登録抹消28人は一軍半の選手に集中。故障で離脱した松坂・石井貴、大不振の帆足を除けば全員そうだといって良く、この中から来年の主力候補が現れる楽しみはあるが現段階では不安の方が多い。まあそこら辺は過去24年Bクラスに落ちたことの無い球団だから、首脳陣のやりくりの手腕に期待するとしよう。

スポンサーサイト

  • 2007.04.08 Sunday
  • -
  • 21:05
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM