<< 優勝チームを徹底的に褒める 〜パ・日本ハム | main | もりさきくん するどいパンチング! だが とどかない! >>

スポンサーサイト

  • 2007.04.08 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


2006シーズンを振り返る 〜福岡ソフトバンク

<野手>
・規定打席到達者

松中信彦   .324 19  76  .453  .981
川崎宗則   .312  3  27  .364  .774
大村直之   .294  6  60  .345  .715
ズレータ    .281 29  91  .359  .874

※左から、打率・本塁打・打点・出塁率・OPS
※赤字はチームトップ(率は規定打席到達者内でのトップ)


・選手別打順

大村直之   135 132   3  0   0   0  0  0  0  0
松中信彦   130   0   0  0 130   0  0  0  0  0
ズレータ    126   0   0  0   6 120  0  0  0  0
川崎宗則   114   4 110  0   0   0  0  0  0  0
柴原 洋     97   0   0 32   0  12 45  8  0  0
カブレラ     87   0   0 56   0   0 23  8  0  0
本間 満     90   0  11  0   0   0 24 30 25  0
山崎勝己    87   0   0  0   0   0  0  0 10 77
松田宣浩    56   0   0  0   0   0  8 28 20  0
田上秀則    46   0   0 36   0   1  4  4  1  0
的場直樹    48   0   0  0   0   0  0  0  7 41
本多雄一    31   0   1  0   0   0  0  6 24  0
森本 学     17   0   3  0   0   0  1  3 10  0
仲澤忠厚    20   0   5  0   0   0  1    6  0
宮地克彦    12   0   0  0   0   0 11  1  0  0
城所龍磨    15   0   0  0   0   0  4    3  0
大道典嘉    10   0   0     0   0  4  0  0  0
辻 武史     17   0   0  4   0   0  1 11  1  0
稲嶺 誉     18   0   3  0   0   0  0  1 14  0
吉本 亮     10   0   0  0   0   1  3    1  0
鳥越裕介    12   0   0  0   0   0  0  1 11  0
江川智晃    11   0   0  0   0   0  2    1  0
井手正太郎    7   0   0  0   0   2    0  0  0
荒金久雄     3   0   0  0   0   0  0    0  0
小斉祐輔     3   0   0     0   0  0  0  1  0
斉藤秀光     3   0   0  0   0   0  0    1  0
金子圭輔     1   0   0  0   0   0  0    0  0


※左から、全スタメン出場数・1番出場数・2番・3番…9番
※赤字は各打順の最多出場選手、青字は各選手の最多出場打順、紫字は赤・青複合


・機動力成績

大村直之   74 22  .607
松中信彦   79  2  1.00
ズレータ    59  1  .333
川崎宗則   69 24  .727
柴原 洋    52  6  .667
カブレラ    41  6  .857
本間 満    35  1  1.00
山崎勝己   17  1  1.00
松田宣浩   17  0  機会なし
田上秀則   14  0  .000
的場直樹   12  0  機会なし
本多雄一   13  2  1.00
森本 学    17  2  1.00
仲澤忠厚   10  0  機会なし
宮地克彦    9  0  機会なし
城所龍磨    5  2  1.00
辻 武史     8  1  .333
稲嶺 誉     4  1  .500
吉本 亮     3  0  機会なし
鳥越裕介    6  0  機会なし
江川智晃    2  0  機会なし
井手正太郎   1  0  機会なし
小斉祐輔    1  0  機会なし
斉藤秀光    0  0  .000
金子圭輔    1  0  機会なし

※左から、得点数・盗塁数・盗塁成功率
※赤字はチームトップ


<投手>

・先発成績

斉藤和巳     26( 0) 18  1.75 7.2  .204 2.42
和田 毅      24( 0) 14  2.98 6.2  .232 2.37
新垣 渚      23( 0) 13  3.01 6.2  .233 3.07
杉内俊哉     21( 1)  7  3.34 6.1  .261 3.32
神内 靖      13(13)  5  3.13 5.0  .261 2.90
寺原隼人     15( 1)  3  4.01 5.0  .295 2.47
田之上慶三郎   5( 0)  1  5.16 4.2  .365 2.38
高橋秀聡      4( 0)  0  5.14 5.1  .265 3.00
DJカラスコ     3( 0)  0 14.81 3.1  .440 9.58
倉野信次      1( 1)  0  2.84 6.1  .351 1.08
西山道隆      1( 1)  0 11.57 2.1  .471 5.40


※左から、先発登板数(救援登板数)・先発勝利・先発防御率・平均イニング・被打率・与四死球率
※平均イニングは四捨五入(?)した値、.1=3分の1、.2=3分の2
※赤字はチーム最多・最良(各率・平均イニングは規定投球回到達者内での最良)



・主要リリーフ成績

馬原孝浩   51  0 32  .824 1.07  1.65 .235 2.30
藤岡好明   62  0 23  .758 1.06  2.60 .220 3.70
吉武慎太郎  60  3 15  .700 1.09  3.02 .277 3.15
三瀬幸司   40  6  8  .725 0.82  4.68 .226 3.03
篠原貴行   50  1 15  .820 0.69  3.41 .284 3.41
竹岡和宏   22  5  0  .818 1.30  1.88 .295 2.51
佐藤 誠    17 10  0  .647 1.82  2.32 .278 2.61
神内 靖    13  5  0  .692 1.79  3.22 .261 2.90

※左から、リリーフ登板数・5回終了以前の登板数・6回開始以降で3点以内リード時の登板数・無失点率・平均イニング・防御率・被打率・与四死球率
※無失点率=(無失点試合数/全試合数)
※平均イニングは先発と同じだが、1試合辺りのイニングが短いリリーフ故四捨五入(?)はしていない  目安として、0.33=3分の1  0.67=3分の2
※赤字はチーム最多・最良


<共通事項>

・出場選手登録抹消

全抹消人数:51人
野手:投手 = 23:28


井手 2  水田 2  竹岡 2  仲澤 2  カラスコ 2
領健 1  吉本 2  倉野 2  江川 1  高橋秀 3
三瀬 2  神内 2  寺原 2  新垣 1  辻   3
宮地 2  荒金 2  西山 1  松田 1  カブレラ 2
杉内 1  金子 1  佐藤 1  小椋 1  陽   1
稲嶺 1  鳥越 1  星野 1  城所 1  田之上 1 
吉田 1 斉藤和 2 斉藤秀 1



<野手・コメント>

2003年の「100打点カルテット」が懐かしくなってくる今日この頃。小久保をあっさり無償トレードした事から、おそらくフロントはわずか3年でここまで弱体化するとは思っていなかっただろう。このままではヤバイと気付きバティスタを2年契約の1年目で解雇するなどして若手を育てようという気持ちは感じられるが、抜擢された若手がすぐ結果を残すなんて考えは通用しなかった。
規定打席到達者は4人で、順当な顔ぶれ。松中のホームラン数の減少は気掛かり。例年通りなら間違いなくOPS10割の大台に載っていたはずなので悔やまれる。さらに城島・バティスタの移籍で徹底マークを受けたズレータも成績を落とし、来季以降の見通しが危ぶまれる。暴力事件が取り沙汰された印象の今季だが、詳しく野球メモをつける努力の人なので盛り返して貰いたいのだが。大村は盗塁成功率が後1割ぐらい欲しい。川崎は故障撲滅が最優先課題か。
問題なのがその他のメンバーだ。3番定着が期待されたカブレラだが、結局今季も大した成績を挙げられず(むしろ悪化)にシーズンを終えた。元はといえば井口が抜けた後のセカンドにと獲得した選手であったが、今や守るポジションは外野とサードである。助っ人外国人にしては俊足・堅守を期待されての入団だったから、クリーンアップの期待をかけられた今季の不振はある意味運命か。このカブレラが6番・7番に下がるときは対右なら柴原、対左は田上、というのが中盤以降のパターン。田上は移籍を機に花開いたが、打率.283なのに出塁率3割に達しない早打ちぶりは3番にはちょっと…という印象。柴原が04年以降、対左打率が軒並み.240以下という点からしても是非改善してほしい問題だ。他の3番経験者は大道・辻・小斉だが、いずれも結果は出せず。3番が軽いと、安定感ある大村・川崎の1・2番で一死二塁としても3番凡退→松中敬遠というパターンが増大する。否、既に5番・ズレータが徹底マークにあっているので増大している。早急な解決策をとらなければならない。
下位打線はほぼ壊滅状態。春先は打率ベストテンに入るほどの躍進を見せた本間ですら平凡な成績に落ち着き、貧弱ぶりは最後まで解決しなかった。何せ規定打席到達の4人以外は、全員(打数少ないが)投手の斉藤和(.286)よりも低打率という体たらくで、99〜02年の投手偏重ドラフト指名のツケは深刻である。そんなチーム事情から今季は様々な選手を試したのだろうが、果たしてサードは松田江川が一本立ちできるのだろうか。城所は押しも押されぬヒットメーカーとなれるのだろうか。仮に若手が成長・進境を見せたとしたら、得点圏打率が変に高い山崎は一つ打順を上げ、日ハム・金子クラスの打者を9番に置いて下位から上位への打線の繋がりを生みたい。城所・本多の機動力も来年はもっと生かしたいところ。常時スタメンとはいかなくても、出番のない日は代走要員として全試合ベンチ待機させてもいいのではないか。
そんなチーム状態であったが、抹消人数は意外にも少ない。故障離脱者がカブレラぐらいしか出なかったことが大きかったのだろうか。どうでもいいが、ズレータが10試合の出場停止期間があったにもかかわらず抹消されていないのはやや不可解だった。


<投手・コメント>

主力が円熟期に入って万々歳、といいたいところだが、所々不安定な面も露わになりつつあるので決して油断はできない陣容である。
エースは斉藤和。若かりし頃は慢性的なルーズショルダーに悩まされ、それが開花までかなりの年月がかかった要因と成り得たのだが、見事に克服した後は、松坂世代の3人はじめ実力者の後輩が現れても、押しも押されぬエースとして投げ続けている。ここに挙げた6部門中5部門がチームトップ。試合数以外は堂々のリーグトップでもあり、勝利18、防御率1.75は圧巻の域。他の成績でも、5完封、201投球回、205奪三振とリーグトップを総なめ状態で死角が見当たらず。西武・松坂がアメリカに渡る来季はパリーグのエースの座は確実だろう。
過去2年、10勝は挙げるものの物足りなさを感じていた和田も今季はボリュームアップ。新垣も後半戦調子を落としたが及第点で、先発3人はまず安泰。来季は平均イニングを7に乗せることが出来たら尚良いだろう。問題は4番手以降で、前述3人と組んで4本柱を形成するはずの杉内がまさかの不振で二軍落ち、後半戦はローテが上手く回らずに失速の一因となった。生命線が一にも二にもストレートのキレというピッチャーなので、来季以降の復調は簡単そうで難しい。寺原・神内の23歳コンビもかなりの場数を踏んだが、神内は後半戦も両刀使いの役目は変わらず、寺原は完投もあれば初回ノックアウトもあり全く未来が読めない。ともに上昇気配は見えているものの今のままでは物足りなさのほうが目立つ、特に寺原。その他のメンバーは軒並み5試合以下。高橋秀・西山の今後には期待が持てるが、多分大隣に出番奪われるんだろうな…
馬原に繋ぐ絶対的な選手が居なかったリリーフ陣。前半こそもたついたがすっかり安定度を増した馬原にバトンを渡すまで、吉武・藤岡・篠原・三瀬が踏ん張るものの、印象度は今一つだった。無失点率で見ると篠原が安定しているが、故障明け故か平均イニングは3分の2程度でしかない。彼と同じ左腕の三瀬も、被打率こそトップレベルだが勝負所で打たれ過ぎて防御率を悪くした。昨年最後まで最優秀中継ぎを争った吉武もパワーダウン。被打率が上がり、接線リード時登板も少なくなって信頼薄。そんな状況だからこそルーキー・藤岡が台頭してきたのだが、被打率.220にしては防御率が物足りないか。与四死球率ももう少し下げたい。
この4人はいずれもショートリリーフで飛び抜けた成績も残していないから、どうしても先発が長いイニングを投げ(最低先発上位4人の平均イニングである7回途中辺りまで)、その後を1〜2人が投げしのいで馬原に繋ぐという勝ちパターンとなる。先発の完投数も21と多く強力先発陣が機能したのは間違いないが、ロッテのようにローテが6人揃うという事が無く、それ以外のパターンとなると苦しい試合となった今季。ロングリリーフ要員の神内が先発に周り、佐藤がシーズン途中で故障離脱したのも痛く、シーズン終盤は柳瀬・吉田も含めた総動員体制で中盤〜終盤を乗り切ろうとした試合も多かった。(ちなみに柳瀬はプレーオフ男のイメージが強いが、シーズン後半も10試合登板で被打率.119と素晴らしい。一方吉田は2年間の故障明けで結果を残せず、登板機会を与えられた事によって引導を渡された格好)
斉藤和の抹消2度というのはマジックで、1回はオールスターを挟んでの、もう1回はシーズン終盤で登板機会が無いための抹消で実質フル稼働。その他主力で目立つのは神内・三瀬の2回ぐらいか。神内はローテーション投手としての信頼度取得、三瀬は昨年の危険球騒動(つうか全面的に阪神ファンのせい)の後遺症からの脱却が望まれる。

スポンサーサイト

  • 2007.04.08 Sunday
  • -
  • 23:07
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM