<< 今オフの編成をシミュレーションする 〜読売ジャイアンツ | main | 乱打戦ならぬ珍打線? 〜14日 ヤクルトvs横浜 >>

スポンサーサイト

  • 2007.04.08 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


今オフの編成をシミュレーションする 〜東北楽天ゴールデンイーグルス

チーム設立2年目。設立時の寄せ集めな陣容からとりたてて大きな選手入れ替えも無い。
それでも僅かではあるが成績は向上。チーム防御率はリーグワーストながら、4点台に収まり何とか投手陣の体制は整った感があるし、総得点もリーグワーストだがチーム打率は4位と悪くない。言わば打線は繋がりに欠ける、という事であるが、これはチーム編成が無茶苦茶であるのが原因。言い換えれば、空気が汚い。フェルナンデス山崎武司ら中軸がいくら個人主義に走ったところで繋がりは生まれないからで、これからは高須洋介のような泥臭さを持ち合せた選手を作り上げたい特にスラッガー。
年齢構成はかなり歪なので、フロントは本気でチームを浮上させたいのなら、今オフは大幅な選手入れ替えが望まれる。来季もそこそこ使えるから残留、では何時まで経ってもチーム力は上がっていかないからだ。


・現在のチーム状況

今季から就任した野村克也監督。その実績は語るまでも無く素晴らしいものであるが、外国人補強だけでなく監督も「他球団で実績を残した人物」で人選するというのがいかにも臆病なフロントらしく、選手の能力よりもこちらの方が今後の最大の不安要素。
個々の成績を見てもかなりの向上を魅せている野手陣であるが、実は昨年もチーム打率は5位と楽天なりに健闘している(日ハム打線が駄目駄目だっただけともいえるが)。その昨年の原動力は、打棒が蘇り中盤から4番・指名代打に定着した山崎武と、中途トレードが大当たりした沖原佳典の2人。
沖原は今季の落ち込みが激しく、山崎武も昨年ほどの勢いは無い。しかし沖原の役目は中日から移籍してきた鉄平と、脅威の得点圏打率を盾に3番定着を果たした高須が十分すぎるほど埋めており気にならないし、4番には西武を解雇されたフェルナンデスが座り、これにより山崎武が5・6番を打つので厚みが増した印象。磯部公一の故障具合は気になるが、それでも戦力面ではだいぶ充実してきた。
ディフェンス面ではどうだろう。最も重要なのがセンターラインで、センターに鉄平、セカンドに高須が定着しそれなりに安定しているが、ショートとキャッチャーが不安定なのが辛い。ショートは沖原の衰退で苦しくなっているのだが、彼に次ぐ出場機会を得ているのが塩川達也。走攻守安定しているが、飛び抜けたものが無いという印象。しかし年齢も考慮すれば未来のショートを託せるのは彼ぐらいのもので、2年ぐらいかけて熟成を待つのか、それともここを重点ポイントとして補強するのか。キャッチャーは野村の出身ポジションということもありその育成手腕が注目されたが、経験者だからこそ、支配下選手を過少評価して抜擢が遅れるということも考えられる。藤井彰人やルーキー河田寿司を軽視し、息子のカツノリが積極的に起用されている点から、今の楽天はまさにそんな状況に陥っていると実感する。
投手陣であるが、エース・岩隅久志の長期離脱により、何とか先発の柱となる存在を育成しようという野村の気概が感じられる選手起用が展開された。敗れても敗れても投げ続ける一場靖弘、かつてのドラフト1位というネームバリューとも戦っている山村宏樹、ドラフト上位で入団したもののプロの壁に跳ね返された松崎伸吾・青山浩二、延長12回完投するも勝ち星が付いてこない有銘兼久などなど…
リリーフでは、野村お得意のベテラン使い回し継投の下、何とか体制を整えている。福盛和男は現在こそ不調だがオールスター出場も果たすなど抑えとして奮闘。出戻りという形となった小倉恒も随分と充実したシーズンを送っている。その他、吉田豊彦・河本育之・徳元敏・谷中慎二らをショートリリーフで使い回しやりくりしているものの、このポジションは早急な手当てを行わないと来季以降戦えなくなる。ベテランが衰えたら手詰まり、というぐらい現有戦力に信頼性は置けないので、スカウトを充実させ選手を揃えることに邁進して欲しい。


・戦力外選手

A=酒井忠晴 永池恭男 バレント 鷹野史寿 益田大介 河本育之 戸叶尚 矢野英司 玉木重雄 金田政彦 冨岡久貴 佐藤和宏 バワーズ
B=吉岡雄二 沖原佳典 飯田哲也 (山崎隆広・佐竹学) 谷中慎二

ベテラン陣が多く、彼らの中には一軍未出場といったレベルの選手も多いから(特に投手)、当然というべきかAの方に偏ってしまった。バレントは年齢を見れば来季以降楽しみであるが、肝心の今季の成績が…
彼らを全員斬ってしまえば編成が出来ないのではないか、と思われるかもしれないが何てことは無い、その分ドラフトで多めに獲ればいいだけの話である。昨ドラフトでは12球団最多の11人を獲得したが、正直まだ足りないと思った。松崎・青山が即戦力級の働きをして地元の星になれれば問題なかったのだが、彼らに不安分子があった以上投手はもっと多めに獲った方が良かった。
尚Bではカツノリを入れたかったが、野村にその気は全く無さそうなので除外した。

・3年後の主力候補

あくまで現有戦力でメンバーを組むのがこのコンセプトなので、かなり頭を悩ませる羽目となってしまった。如何せん主力にも控えにもベテランが多すぎるのだ。主砲・フェルナンデスが3年後も磐石かは神のみぞ知るところだが、他に4番を任せられる人材も皆無だから、当分は外国人で繋ぎつつ、その候補となるべき人材をドラフトで獲得する必要があるだろう。
現在3番を打っているのが高須だが、33歳になる3年後も同じ打順を打っているようだったら危険信号。若手成長株の鉄平と1・2番を組ませるのがベストであるが、それにしても坂克彦のトレードは3年後を図る上で大きなマイナスである。日ハムや広島のような5年後も磐石な1・2番コンビを築ける可能性があったからであるが、今となって悔やんでも仕方ない。ショート塩川が打棒開眼すれば2番で起用したいが…サードもスラッガータイプが山下勝充・大廣翔治で信頼が置けない。終盤に塩川と同タイプの西谷尚徳が起用されているが、やはり迫力不足。
5〜7番の人選も重要なポイントである。山崎武や磯部がいい歳なので新たな人材を充てたいところだが、結局は30歳前後の竜太郎・憲史・草野大輔頼みとなる。楽しみはファームで中々の成績を残している升田慎太郎中島俊哉となるが、野村の起用優先順位は 小技タイプ>スラッガー なので、西谷・草野・牧田明久・平石洋介らとの競争となる。打てるキャッチャーとして河田が定着すれば少しは洋々となりそうだが…
投手、こと先発陣に関しては中々のメンバーが揃った。エース岩隈を筆頭に、有銘・一場・朝井秀樹と目下30歳以下のメンバー4人が定着すれば戦える陣容となるし、台湾出身のインチェ(林英傑)は今季こそ散々だったが、年齢的にも挽回のチャンスはまだまだある。地元の星と見込んで獲得した松崎・青山をあえて入れなかったのは、ピッチングに迫力が無いから。数字以上にキレを欠いたストレートを見ているとどうしても強く推せない。同期入団の木谷寿巳も同様である。片山博視の未来はちょっと読めない。体作りが順調に進んでいるのなら今季のファーム登板はもっとあって良いはずだが…(1試合のみ、イニングはなし)
リリーフ陣だが、現在野村によって使い回されているベテラン勢を外して考えるとどうしても悲惨なメンバーとなってしまう。3年後は、挙げた6人のうち20歳代も藤崎絋範1人だから成長も見込めない。今オフから徹底的なテコ入れが望まれる所だ。


  野手              投手
1 鉄平   中      先  岩隈     リ   福盛
2 高須   二         有銘        小山
3 外国人  指         一場        藤崎
4 外国人  一         朝井        徳元 
5 竜太郎  左         山村        渡辺
6 升田   三         インチェ      川井
7 河田   捕
8 牧田   右
9 塩川   遊
  


・重点補強ポイント

・即戦力先発投手(希望枠行使)
・リリーフが出来る即戦力投手
・本格派の高校生右腕
・高卒内野手(タイプ不問)
・スラッガータイプの外野手


昨年同様すべてのポジションを補強しなければならないが、だからといって昨年のような30歳の新人獲得に走るようでは愚の極みである。
散々野手の必要性を語ってきたが、巨人と違い投手に人材が集中している訳でもない(むしろ薄い)ので即戦力投手は必須だろう。岸孝之(東北学院)の希望枠獲得に躍起になっているが、個人的には実戦力のある高市俊(青学)の方が断然良いと思う。はストレートに魅力がありヒジのしなりもすばらしいが、速球・未完成型は一場が苦労しているように時間がかかる。一方でリリーフの補強や、高校生の補強も必要不可欠である。
さて野手である。内野は全員が即戦力か移籍選手であり、高卒選手が居ない。現在のレギュラー(候補)である高須・塩川・山下・草野・西谷ではチームにスケールが出ない。高校生をスラッガー・チャンスメーカーバランス良く獲りたいところである。
外野は比較的安泰であり、これも鉄平という若さとスケールを兼ね備えたセンターが台頭してきたからだろう。しかし長距離タイプは中島ぐらいのものなので、バリバリのスラッガーをここでも獲得していきたい。


・具体的なドラフト

であるが、最近は強敵・巨人が獲得目指して活動しているので、獲得できなかった場合のことは考えなければならない。高市は外れ1巡目狙いでは他球団に取られる可能性大で、よって今すぐ高市獲りに転換するか、他候補を探しておくのがベター。すぐ使えるという観点では、社会人の小松聖(24歳)・鈴木亮(25歳)・筑川利希也(23歳)が候補か。大卒では、大谷智久(早稲田)・永井怜(東洋)が完成度のそこそこある選手。
高校生ドラフトでは田中将大(北海道)獲得を目指しているとのこと。しかしこの田中も競争率は以上なので、外れ1巡目で誰を獲得するか。ウェーバー順だから真っ先に確保できる利点はあるが…増渕竜義(埼玉)・前田健太(大阪)・大嶺祐太(沖縄)は既に他球団に確保されていることが濃厚で、となると植村祐介(北海道)・仁藤拓馬(静岡)・與那嶺祐也(沖縄)辺りの本格派投手を抑えたいところだ。
高卒内野手であるが、スラッガーとなると草野・山下・西谷とコロコロ変わり形が見えないサードがベストか。糸賀良介(神奈川)・伊集院峰弘(鹿児島)・花木亮介(鹿児島)で、打撃の柔軟性も兼ねているのは花木、走塁・守備もいいものを持っているのが伊集院。チャンスメーカーだと、やはりメンバーが未固定のショートであるが、セカンドの高須も30歳なので獲得は無秩序にならないだろう。ショートで将来の柱候補は、坂本勇人(青森)・佐々木陽(栃木)・井上将大(群馬)・森亮介(福井)・梶谷隆幸(島根)・野原将志(長崎)。セカンドは謝敷正吾(大阪)・橋本光貴(佐賀)・金城長靖(沖縄)辺りか。今後2〜3年間現状戦力をやりくりする間に、高卒選手を育て上げてもらいたい。
スラッガータイプの外野手だが、これはもう即戦力で社会人・池辺啓二(23歳)ぐらいの実力を持った選手に向かうべきである。


・お薦めトレード

特になし。思えば野手を出して投手を獲る、という常用手段の繰り返しだったので、しばらくは凍結させてドラフトで陣容を整える方が先だと思い考えなかった。

スポンサーサイト

  • 2007.04.08 Sunday
  • -
  • 04:10
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2006/09/15 8:52 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2006/09/26 8:36 AM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2006/09/27 6:52 PM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2006/09/27 7:43 PM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2006/10/04 5:39 PM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2007/06/02 3:23 AM