<< 投手酷使の伝統も… | main | 今オフの編成をシミュレーションする 〜東京ヤクルトスワローズ >>

スポンサーサイト

  • 2007.04.08 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


今オフの編成をシミュレーションする 〜オリックスバファローズ

ソフトバンクの項で「こういったチーム(若手の競争が激しいチーム)の将来を考えるのは楽しい」と書いたが、オリックスのような見るからにズタズタなチームのことを考えるのもまた楽しかったりする。これも球団とは何の関わりも持たないズブの素人という立場の心境であろう。(逝け)

開幕前こそ清原和博フィーバーで盛り上がったものの、結局は「清原以外何の話題性も持たないチーム」に成り下がったオリックス。世間はやれ清原が打った活躍したと注目していればいいが、宮内義彦オーナーまでもがそれに気をよくし、早くも来季の年俸大幅アップという話が出てくるのはぬるま湯体質という他無い。宮内清原以外の選手の事を塵だとでも思っているのだろうか。
昨オフの補強は、「スラッガー不足故清原・中村でとりあえず輸血をし、彼らが居る間に新たな和製大砲を育てる」という観点なら納得も出来た。しかし結局は興行を考えての事でしかなくがっかりした。岡田貴弘を獲ったのも外れ1位でしかも分離ドラフトが出来たから獲れただけのことだし…


・現在のチーム状況

新顔以外は去年とあまり変わっていないメンバーであり、新陳代謝はかなり遅れ気味である得に野手。
ようやっと台頭してきた相川良太(29歳=遅い!)が場数を踏んでいるが、正直清原中村の陰に隠れて目立たず、彼らを起用すると弾き飛ばされるなど苦しい立場に居る事は変わり無い。北川博敏もすでにベテランの域。痛めた肩と相談しながらの今後の選手生活となるだろう。
中村勝広監督は昨年までGMという事もあり、編成部門についても多少発言力があると思われる。開幕前のインタビューでは、「外国人は野手・投手ともに3人ずつ欲しい」という持論を展開し、「後はデイビー・セラフィニに続く3人目の投手ですね」などと占めていた点からそう推測した。しかし外国人野手3人制は完全に裏目に出た。ガルシア・グラボースキー・ブランボーは八方美人的な起用をされ本領を発揮できずに現在に至っている。
外国人に限らず、日本人も故・仰木彬前監督を踏襲する日替わりオーダーであった。しかしロッテの項でも述べたように、中心的存在がいなければほとんど機能しないのが日替わりオーダー。昨年も谷佳知の不調で機能したとは言い難かったし、90年代に機能していたのもイチローという中心選手が居たからに他ならない。そのイチローみたいな存在を育てていこうという気兼ねが全く見えないのが非常にもどかしい。
そんな中現在20歳代で最も多い打席機会がある選手を調べてみると、キャッチャーの日高剛だった。それも相川と同い年でギリギリの29歳。それでもここ数年正捕手的存在だったことを考えると当然だから、問題は他選手。相川・後藤光尊・平野恵一・大西宏明を中心選手に仕立て上げ、彼らの後を森山周・迎祐一郎・岡田貴弘ら若手が続く陣容にならなければ、正直オリックスの3年後は無い。
投手にも同じことが言える。川越英隆・デイビー・吉井狸人というベテラン勢の依存を少しずつ減らし、平野佳寿を中心とした先発陣を再構築する必要がある。リリーフ陣は、加藤大輔・菊地原毅・大久保勝信の不調で、質の面で物足りなくなっている。最盛期の加藤大久保のようなストレート、菊地原のようなスライダーを投げられる投手を育て上げるのは一筋縄ではいかないので、時間と手間をかけての抜擢・継続起用・育成が望まれる。


・戦力外選手

A=吉原孝介 中本和希 三木仁 ブランボー ガルシア グラボースキー 山口和男 セラフィニ オバミュラー 小川裕介
B=鈴木郁洋 (水口栄二・牧田勝吾) (下山真二・早川大輔) 野村宏之 前川勝彦 (萩原淳・吉川勝成) 

球団合併の影響か「ファームずれ」している選手がまだ残っており、当然第一点はこれらの選手となる。外国人3人制は、仰木が去年やった「ガルシア・ブランボー(05年ver)にサイモン」「JP・ケビンスチュワート」というように、主力を煽るという意図がないのならば止めてもらいたい。
正直、Bには清原中村そしてを入れたかったが、実現の可能性はほとんど無くなってしまったので除外。楽天という血の入れ替えが急務なチームが同リーグには居るが、合併球団・オリックスだってその姿を笑って観ていられる状態ではなかろう。トレードも積極的に活用して、陣容を整えることから始めたい。


・3年後の主力候補

野手は上記で語り尽くしてしまった感が拭えないが、まだ書いていく。まず悩んだのが、平野恵を内野と外野どちらで育てるか。アマチュア時代「平成の牛若丸」と評されたほど二遊間の守備には定評あり、プロ入り後も広い守備範囲を遺憾なく発揮してきた。それを考えると内野で起用したいが、二遊間は正直言って飽和状態。水口が衰えるとしても、それでも後藤・塩崎真・阿部真宏・森山周といる。ならばその守備範囲をセンターで生かすのが得策だろう。ただ、くれぐれも今年のような便利屋起用は勘弁してもらいたい。94年の仰木就任以来ずっと「日替わり打線」の呪縛にかられながら戦ってきたのがオリックス野手陣。しかしそれは仰木であるから出来た采配であって、他の監督には真似できないだろう(日本一になった96年は130試合で129通りのオーダーを組んだ)。来季は呪縛から開放される年である。仮に平野恵をセカンドに据えるとしたら、森山をショートに回し後藤はサード。そして攻守に素質十分なかシュアな打撃の由田慎太郎を外野に入れるというオーダーが考えられる。
後藤は本来ならチャンスメーカータイプだが、クリーンアップが弱いということと、後藤自身スラッガーの素質も多少あることから3番に据えた。しかし本来ならば広角タイプの外国人を獲得して、4番には岡田を据えるぐらいの理想を掲げたかった。2番に入れた森山も、今の巨人・脇谷亮太のような起用をしていけばもっともっと伸びていくと思うが…
不満なのがキャッチャーで、日高のままで良いとはどうしても思えない。攻守に中途半端なシーズンが何年も続いているし…それでも他に良い候補が居ないので彼に落ち着くしかないのだが。
投手は…うーん、西武と同じぐらいの危機的状況ではないか。今のところ20歳代の主力が平野佳加藤・ユウキぐらいなんですけどどうなってんですかオリックス?
確かに金子千尋・山本省吾・中山慎也・前川勝彦・高木康成・香月良太・歌藤達夫と数こそ豊富だが、これから大きく成長する資質のある選手は中山ぐらいのものだろう。現時点で20歳代前半の金子・高木・香月・松村豊司・近藤一樹・岸田護は残しておくが、他は3年後までに一掃する、ぐらいの再編成が求められるのではないか。そうなるとリリーフ左腕が居なくなるので、ここは文句無く重点補強ポイント。先発にも、平野佳とコンビを組めるだけの素材が欲しいところだ。
まあここではあくまで現有戦力で、という事で3年後のメンバーを予想すると以下の通り。


  野手              投手
1 平野恵  中      先 平野佳    リ  加藤
2 森山   二         中山        ユウキ
3 後藤   遊         近藤        岸田
4 外国人  指         高木        軒作 
5 岡田   左         阿部健       香月
6 相川   一         松村        金子
7 大西   右
8 日高   捕
9 田中   三
  


・重点補強ポイント

・先発タイプの高校生投手
・高校生内野手(タイプ不問)
・リリーフタイプの即戦力左腕投手
・ディフェンス型の即戦力捕手

上記の素材、特に高校生はとにかく数を取るべきだと思う。チーム全体で決定的に高卒選手が少ないので、「第二のイチロー」というコンセプトを立てられないのが今の状況。イチローが居た球団は紛れも無いオリックスなのにな…
特に3年後のエースという視点は必須。平野佳だけでは全然物足りないので、左右満遍なくその素質を持ち合わせた投手を獲りたい。
年齢的に外野より内野のほうが厳しい状況なので、清原・中村・北川が姿を消す前に補強しておくのがベストだろう。外野は岡田・由田・迎の成長待ちが望ましいと思う。
歌藤・山本がすっかり目立たなくなり、頼みは菊地原だけというリリーフ左腕。その菊地原も31歳だから、枚数確保は必要。
捕手は吉原・鈴木の解雇で足りなくなるのと、上記の通り正捕手・日高が頼りないという点で挙げた。


・具体的なドラフト

さて高校生投手であるが、1巡目指名で大物争奪戦に喰い込む勇気が今年のオリックスにあるかどうか。当然第一候補としては、田中将大(北海道)・斉藤佑樹(東京)の二大スターに、実戦力のある前田健太(大阪)である。素材重視で獲得しても、阪急時代からの即戦力重視の伝統に押し潰されてしまうのは容易に想像できるので、是非とも斉藤前田を獲りたいところ。彼らよりランクは落ちるが、野田雄大(青森)・樋口裕史(埼玉)・堀岡直希(富山)らもリストに入れておきたい。
左腕であるが、片山純一(23歳)・服部泰卓(23歳)といった社会人が候補。鈴木誠(21歳)も面白いが、名前が某元大リーガーと一緒なので考えづらいか。(逝け)
内野手で不足していると思うのは、30歳代中盤〜後半に偏っているスラッガーの方だろう。今のままでは田中彰の成長が無ければかなり苦しい状況なので、
サード・ショートなら尾藤由和(山形)・須田和也(茨城)・井上将大(群馬)・伊集院峰弘(鹿児島)に、巧打力も併せ持つ村山正誠(静岡)といった素材。ファーストなら武藤大将(岐阜)・伊奈龍哉(滋賀)に注目だ。チャンスメーカーは、若い世代にも森山・柴田亮輔がいるのでとりあえずは傍観か。あえて獲るとしたら、守備の堅い梶谷隆幸(島根)がお勧め。
キャッチャーであるが、実は今オフフロントもその補強を考えているという。もちろん賛成である。ディフェンス重視ならば当然、嶋基宏(国学院)が候補である。


・お薦めトレード

阿部真宏 ⇔ ヤクルト・佐藤賢orロッテ・浅間敬太

内野の新旧交代をしたいという事で、西武の項でも語ったが、20歳代後半ながら成績が中途半端な阿部真を候補に挙げる。もちろん狙いは中継ぎ左腕の強化である。
守備重視の即戦力内野手の需要があるチームはヤクルトとロッテ・西武辺りだろう。もしかして楽天も手を挙げるかもしれないが…。ロッテの場合加藤康介も考えたが、彼自身先発タイプなのと、年齢の若さに魅力を感じたので候補には浅間を入れた。
ただこれはあくまでも輸血。菊地原が大成功したからといって二匹目のドジョウを狙うというのは虫が良すぎるので、あくまでも補強手段の中心はドラフトである、という自覚が今後フロントに欲しい。

スポンサーサイト

  • 2007.04.08 Sunday
  • -
  • 02:38
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM