<< 今オフの編成をシミュレーションする 〜西武ライオンズ | main | 今オフ最大の引導 〜2日 広島vsヤクルト >>

スポンサーサイト

  • 2007.04.08 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


今オフの編成をシミュレーションする 〜横浜ベイスターズ

牛島和彦監督の辞任騒動はとりあえず落ち着いたようだが、もし牛島に辞任する気が無いとしたら、「球団の姿勢に対する不満を行動で示した」という事に他ならず、球団はもっと牛島をバックアップしなければならないだろう。
そもそも4年以上監督を続けた人物が2人(三原脩・別当薫)しかおらず、阪神以上に監督の首を挿げ替えるチームだという印象が強い。特に上がり目だった大矢明彦、3年連続Aクラス権藤博でも2〜3年で斬るのは異常という他無い。親会社がマルハからTBSに替わりドラフト戦略もガラリと変わったが、この監督の周期の短さだけはしっかりと受け継がれているのがなんとも。
このTBSに対する不満は普段からしょっちゅう言っているのでここでは述べない。TBSという害虫が球団に関わり、現在の横浜はどうなっているかだけを語る。


・現在のチーム状況

今思えば、牛島が開幕からずっと4番佐伯貴弘に拘ってきたのは、欲しかった4番候補の外国人を獲ってくれないTBSに対する抗議の表れだったのかもしれない。今になってベバリンを起用し直しているのもそうかも。
まあこの辺はどうでもいいので、本題。野手・投手ともに随分と新星を起用しているものの、使うのが1年遅かった、というのが本音。昨年はAクラスを確保した訳だが、石井琢朗・佐伯・種田仁・斉藤隆・川村丈夫らベテラン勢を頼みにした反動が今年になって表れている。ベテランが奮起したから3位に滑り込めたが、内川誠一・古木克明・龍太郎(現ロッテ)らを蔑ろにしていた罪は重い。
それでも野手の方は形が見えている。4番の座を奪った村田修一を中心に、吉村裕基が大躍進を魅せるなど前途は明るい。将来は今居る若手だけでもメンバーが組めるほど充実しているので、後は誰がどの打順・どの役割をこなすのか微調整をする段階。監督の腕の見せ所である。
一方の投手。親会社がTBSになってからというもの、巨人や阪神のような「ドラフトでの即戦力投手の大量獲得」が行われるようになった。しかし、せめて上位指名だけでも戦力になればだいぶ違ったのだが、那須野巧・高宮和也がどうかという感じで後は全滅状態。特に森大輔・染田賢作が全く戦力になっていないのには「何のための自由枠だろう」と思わされる。そのため牛島は、約12人の一軍スタッフのうち8人ぐらいできりもりする戦略を立て少数精鋭で乗り切ろうとしているのだが、エースの三浦大輔はじめ3年後には未来が全く見えないメンバーであるが故、新旧交代は重要な事項となる。


・戦力外選手

A=万永貴司 福本誠 鈴木尚典 田中充 ベバリン ソニア 佐久本昌広
B=佐伯貴弘 田中一徳 (染田賢作・村西哲幸) 森大輔 (後藤伸也・堤内健) 

鶴岡一成の11年目に代表されるように、簡単には首を切らないのが横浜フロント。多村仁相川亮二もこの我慢の戦略から飛び出した。監督の首は早く切るくせにな…
それでも戦力になっていない30歳代の選手は恐らくもう駄目だろうと思い、田中充とともにAへ。
このフロントの戦略故、僕の自己主張の激しいBでも中々思い切って名前を出せなかった。それでも外野の層の厚さからドラ1・田中一は他球団に出してやれと思うし、戦力になっていない即戦力投手、もう目の無さそうな年数が経った高卒投手の整理は必要なのではないか。
あ、佐伯に関してはノーコメントの方向で(逝け)


・3年後の主力候補

野手は無問題、投手は問題山積みという事から西武と同じ状況と思いがちだが、西武と違って投手はメンバーだけは揃っている。
まず野手から述べると、真っ先に考えるのがショート・石井琢の後釜。ここには狙い撃ちで獲った藤田一也が控える。守備範囲とフットワークはかなりのもので、後は経験である。走塁ももっと積極的な姿勢が望まれる。
外野の右中間コンビ、金城龍彦多村仁の3年後はどうなっているか。金城はこの時33歳で、多村が毎年故障ばかりしていることを考えると両方残っているとは考え難い。多村を予想から外したのもそのためである。むしろ成長著しい吉村を外野に回し、守備に難のある古木を一塁で育てた方がずっと良いと思う。
こうして見ると8人が固定され、良いメンバーだと思うが、現状からして古木・藤田・小池正晃の将来は読みづらい。むしろ1〜2つは意識的に流動ポジションにして、河野友軌・内藤雄太・石川雄洋・小田嶋正邦らの突き上げ効果を呼んだ方が得策かもしれない。
さて、問題の投手であるが、こうしてメンバーを人選してみると意外に良いスタッフになった印象である。三浦は3年後は36歳になっているが、ストレートの速さで押す投手では無いので急激な衰えは無いと思い、エースの座を守っていると予想。怖いのは門倉健で、ストレートが衰えたらどうしようもなくなる典型的な投手。土肥義弘は故障が続いており、戻ってきた時にどうなっているかが勝負。
リリーフでは、クルーンが3年後も居るとはまず考えられないので、その補填はどうするのか。また外国人を獲ってくるのか、それとも加藤武治ら現有戦力でカバーするのか。個人的には大魔神2世の呼び名高い岸本秀樹にその大役を託してみたいが。
さて今季数多く起用された若手であるが、これら若手を先発・リリーフにどう振り分けるのかも牛島の今後の課題である。秦裕二・高宮・牛田成樹・三橋直樹と両刀使いにより力を試されている選手が多く、これからの動向が非常に興味深い。ただ全員ストレートの球威が今一つな上、サイドスローなどといった特徴も無いので、全員先発タイプなのではないかと思ったりもするが。
那須野山口俊は文句なしに将来のエース候補。ともにヒジの故障歴があるので、大事に大事に育ててもらいたい。


  野手              投手
1 藤田   遊      先 三浦     リ  加藤
2 小池   左         那須野       高宮
3 金城   中         吉見        木塚
4 村田   三         秦         岸本
5 吉村   右         牛田        三橋
6 古木   一         山口        岡本
7 内川   二
8 相川   捕
  


・重点補強ポイント

・走力・守備力が高い内野手
・走力に長けた外野手
・将来性高い高校生投手
・リリーフが出来る左腕投手


今季もフロントが視野に入れているのは例年通り投手だが、ぶっちゃけ現有戦力の成長待ちでも良いのではないか。投手は不足しているリリーフ左腕を補強しつつ、高校生の本格派を数人獲得するというスタンスでいいと思う。社会人屈指の右腕・高崎健太郎(21歳)を希望枠で獲得しようとしている今年だが、どうしても「吉川染田も働いてくれないから今度は高崎だもん」という子供の言い訳みたいに感じてしまうのは僕が深く考えすぎだからなのだろうか。
さて左腕についてだが、高宮がリリーフで苦労し二軍落ちしたように、先発タイプの選手でもリリーフにはめ込めばそれなりにやってくれるだろうというのは巨人並みの発想でしかない。下位指名でもいいから、しっかりとしたリリーフタイプの左腕(できれば変則が好ましいが今年は中々居ないなあ…)を獲得したい。
野手は、主力候補がしっかりしているので、チームに不足している機動力に喝を入れられるような存在が欲しい。


・具体的なドラフト

その機動力であるが、石井の後釜であるショートと、そもそも安定して走れる選手が多村しかいない外野は重要ポイントだ。ショートは藤田野中信吾が育てば万々歳なのだが、藤田には積極性と経験、野中は打撃の向上が望まれるところ。
その点を踏まえ候補を探すと、高校生での第一候補が森良介(福井)。パンチ力もあり守備も安定しているが、一番の魅力は足である。宇高幸治(愛媛)も一定の打力を持ち合わせており面白い存在。社会人の足立和也(24歳)は即ベンチ入りが期待できる存在。外野では、走力のみという一芸名人ならば川頭了(長崎)、即戦力は前田将希(早稲田)か。
ポイントに入れなかったが、6人しか居ない捕手も、清水誉(関西学院)・高谷裕亮(白鷗)ら豊富な大学生から1人獲っておきたい。
さて高校生投手であるが、どうも1巡目で田中将大(北海道)ら大物を狙っているようだ。外れ1位候補としては仁藤拓馬(静岡)を推したい。ストレートの回転がすさまじく、ただのスピードタイプではない。巧く育てれば阪神・藤川球児のような存在になれる素材である。
リリーフタイプの左腕としては、技巧派ながら一定の球威がある黒澤優(大阪商)・片山純一(23歳)が候補か。個人的には、ファームで好成績を弾き出している稲嶺茂夫・岡本直也をもっと有効活用してもらいたいものだが。


・お薦めトレード

特になし。今年の佐久本山北茂利という左腕トレードの失敗で、フロントはいい加減自分達の手でリリーフ左腕をアマチュアから獲る・育てるという事を学んでもらいたい。
考えてみれば、森中聖雄・河原隆一以来一人も居ないといっても過言ではないのではなかろうか。もちろんホルツは自前とはいえないだろうし…

スポンサーサイト

  • 2007.04.08 Sunday
  • -
  • 04:50
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2006/09/18 3:09 PM