<< 野村采配の陰り? 〜1日 楽天vsソフトバンク | main | 今オフの編成をシミュレーションする 〜横浜ベイスターズ >>

スポンサーサイト

  • 2007.04.08 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


今オフの編成をシミュレーションする 〜西武ライオンズ

ダブルストッパーの退団・伊東勤監督とフロントの対立・昨ドラフトの迷走故、西武球団創設以来最大の危機とも言われた開幕前。
ところが蓋を開けてみれば、的確な若手抜擢でチーム力を維持し首位争いを繰り広げている。
また、これまで伊原春樹前監督の遺産で戦ってきた面も否めなかった伊東も、大胆な機動力野球を展開するなど監督能力は徐々に上がっている。
課題は強さを維持しているにもかかわらず中々伸びてくれない観客動員数なのだが、これは良く言われているインボイス西武ドーム交通アクセスの悪さを考えれば仕方ないか。実際交流戦でドームに来たセリーグチームのファンから「二度と行きたくない」との声も挙がっているらしいし…


・現在のチーム状況

中島裕之・片岡易之・赤田将吾・中村剛也・栗山巧・高山久・炭谷銀二郎…湯水のように湧き出てくる若手野手。ドラフト戦略とともに、ファーム組織の充実がなければここまでの選手排出は無理である。
これら若手の中心にドッシリと座るのがカブレラ・和田一浩。かつての長打力はやや衰えたものの、走者を返す執念はすさまじく、2人で打点王をめぐり激しい鍔迫り合いをしている。
その上トレードがビシッと決まるのだから強いはずである。広島からトレードで福地寿樹を獲ってきた時は「ハ?足だけの男がこのメンバーに割って入れるものかよ」と思わされたものだが、見事に打撃開眼。赤田の成長を阻害する事無く、機動力野球の一角を担っている。
彼らの脇を固めるベテラン陣も福地をはじめ江藤智・高木浩之・平尾博嗣と各ポジションに散って好バランスを保っているし、人材を排出し尽くしたと思われがちのファームにも後藤武敏・大島裕行・黒瀬春樹・松坂健太と好素材はまだまだ居る。
前途洋々の野手陣に比べ、一方の投手陣は微妙な位置に立っている。エース・松坂大輔の数年後の大リーグ移籍が現実的で、西口文也・石井貴の引退がそれと同時に起こってしまうと…と考えると危うい。先発は20歳・涌井秀章、抑えは26歳・小野寺力を中心としての再構築が必要だ。今の陣容は数年前まで「投手王国」の看板が掲げられていたチームとは思えず、その看板にあぐらを掻いていたという印象が強い。


・戦力外選手

A=椎木匠 宮崎一彰 高波文一 柴田博之 河原純一 田崎昌弘 小野剛
B=貝塚政秀 許銘傑 後藤光貴 杉山春樹 張誌家

これ以上在籍し続けていても戦力になれなさそうな選手を中心に人選した。個人的には、椎木田原どちらが引退後ブルペン捕手になるか興味深い(正直どうでもいい)
台湾コンビの許・張はそろそろ潮時だろう。故障もあり全盛期の力はもう残っていないだろうし…


・3年後の主力候補

こうして陣容を組んでみると、野手は候補が多彩で色々考えすぎて迷い、投手はそもそも人材不足で迷う、というように打高投低が露骨過ぎる未来となってしまった。まあこの辺は、今年からのフロントの編成力に期待するしかない。
野手はハッキリ言って上手く行き過ぎており、あえて語るまでも無い。外国人抜きでも重分強力なオーダーが組めるほどである。
そんな中で考えるのが、誰を4番に据えるか。実績・精神力からすると和田で文句無いが、それだと3年後に37歳になる和田がどれだけ力を保てているのかが問題になる。若手に目を向けると、今季の成績からすれば中島が筆頭。しかし三振数の減少と、ホームラン数がここ2年思ったほど伸びないことから、広角に打てる3番打者の道を歩もうとしているのかもしれない。それならば、と候補に挙がるのが中村。今年は徹底マークされているのか不振であるが、その体格から溢れ出るパワーは魅力十分である。
下位打線にも頭を悩ませた。ここでは9番にGG佐藤を置いてみたが、9番に必要なのは上位打線の繋ぎ役。そういう面では高山をファーストに回して佐藤友亮を入れた方が適材適所かもしれない。松坂健の将来性にも期待したい。
一方の投手であるが、松坂大がメジャー移籍し、西口・石井貴が引退すると仮定すればお先真っ暗と予想できる。グラマン・ギッセルが残ると仮定しても、帆足和幸・星野智樹・大沼幸二・長田秀一郎(先発としてモデルチェンジ中)が復調しなければかなり苦しい顔ぶれである。山崎敏でも東和政でもなく、あえて全く実績がない西川純司・松川誉弘を入れたのは未完の大器の魅力というやつだが、正直涌井小野寺とコンビを組めるだけの新人を獲得・抜擢しないと物足りない。
そもそもどうしてこうなってしまったか。それは西武特有の「カッコつけ」の選手獲得によるものではないか。猪爪義治(99年4位)・青木勇人(99年6位・現広島)・三井(00年2位)・杉山(03年8巡目)・山本歩(05年即5巡目)など、経歴が特殊な選手がやたらと多い。野手はきちんと、スカウトの眼力が冴えて育成力豊かなファームで鍛えて、という流れが出来ているのに、投手はヘンに変り種の素材を獲る結果ファームでつまずく、といったことが原因ではないだろうか。恐らく数年来の「投手王国」とまで呼ばれた充実ぶりが背景にあったから、「あとは変り種の投手をこの陣容に送り込んで人気を呼びたい」というヘンな欲が生まれたのではないかと分析する。しかしそろそろ目線を正して、将来の主力と成り得る選手に手を伸ばしてほしい。

  野手              投手
1 赤田   中      先 涌井     リ  小野寺
2 片岡   二         帆足        三井
3 中島   遊         ギッセル      星野
4 中村   三         松永        大沼
5 和田   指         長田        西川
6 栗山   右         山岸        松川
7 高山   左
8 炭谷   捕
9 GG佐藤 一
  


・重点補強ポイント

・即先発が出来る投手(希望枠行使)
・完成度の高い高校生投手
・守備力の高い内野手
・走攻守3拍子タイプの高卒外野手
・打力の高い捕手


となると、今年から上位指名は投手を中心としたドラフトを展開しないと間に合わなくなるだろう。カッコつけとか竹内和也(01年5巡目)などのスケールの小さな投手とかは必要ないから、とにかく柱と成り得るべき選手を獲るべきである。高校生に関しても、松坂大・涌井のように大物への果敢なアタックは必ず吉と出る。それを安易に「すぐ使える即戦力」に走るから、安藤正則(97年1位)長田(02年自由枠)・山崎(03年自由枠)のような失敗作が生まれるのである。松坂大にしても、堤義明元オーナーの「鶴の一声」が無かったら、近鉄に入団した宇高伸次を逆指名する事が決まっていたらしい。宇高がまるで活躍できず仕舞だった事を考えると…あなおそろしや。
一方良好な野手陣だが、まず整えたいのが捕手の構成だ。伊東勤(現監督)という名捕手が居座っていた事もあり、他ポジションへのコンバートが盛んなのが西武捕手の特徴。高木大成・和田・貝塚・GG佐藤・星…。捕手登録ではあるが上本達之も一軍では実質ファーストだった。それに輪をかけて椎木・田原のベテランが虫の息状態で、炭谷という大捕手候補が現れても、数の面では貧弱すぎる。だから今年も高校・即戦力ともに1人ずつ獲って炭谷に刺激を与えてやりたいところ。となると野田浩輔は…後述する。
スラッガーが多数いる内野手は、反面守備名人と呼ばれる存在が高木ぐらいしかいなのが寂しい。かつての上田浩明のような全ポジション待機の選手が居たっていいと思い補強ポイントに加えた。
外野は、センターを努める赤田将吾の成長度に不満を感じるのと、23歳以下が2人のみという点から、3拍子揃った高校生を確保するのがベストか。


・具体的なドラフト

希望枠候補としては、もちろん大隣憲司(近畿)・金刃憲人(立命館)・岸孝之(東北学院)・高崎健太郎(21歳)の名がすぐ挙がるが、いずれも他球団入りが濃厚な空気となってきており苦しいか。となると残ったのは高市俊(青学)木村雄太(21歳)・陶山大介(21歳)辺りか。特に高市は変幻自在の実戦派なのですぐに先発でやれる可能性大だ。
高校生も、1巡目では投手を果敢に獲りたい。もちろん斉藤佑樹(東京)・田中将大(北海道)・前田健太(大阪)の一級線を。
長らく文を割いた捕手に関しては、昨ドラフトでは炭谷の他、スローイングを含めたディフェンス面で一流の吉見太一を獲ったので、打力重視の素材が良いかも。社会人の新田玄気(23歳)なんかはどうだろう。高校生は高森勇気(岐阜)の他、福田永将(神奈川)も隠れた好素材か。
守備名人という事で、一芸名人が揃っていそうな社会人に目がいくのだが、お手本として名を出した上田は高卒選手だった。投手と違って至急性は無いポイントなので、じっくり育てる腹積もりでも悪くない。候補としては、謝敷正吾(大阪)・原田翔(福岡)に期待。社会人ではというと、東名真吾(23歳)がスローイングも素晴らしく第一候補。走力も兼ねている寺内崇幸(23歳)もいい。
外野はやはり上田剛史(岡山)を中心に、武野谷恭弘(埼玉)・山内裕詞(千葉)・中山亮(佐賀)が候補か。


・お薦めトレード

野田浩輔+後藤武敏 ⇔ オリックス・香月良太+阿部真宏

西武・オリックス両者の立場で説明する必要がある。
先程捕手の整備云々と述べたが、炭谷の成長により行き場を失う筆頭候補としては野田であろう。何だかんだいって細川亨はスローイングで成長著しいし田原将来の裏方バックアップ役として貴重だし。そこに、オリックスに不足な大砲をセットにして、リリーフと守備名人を一遍に補強するという意図で組んでみた。
さて対象のオリックスであるが、実績のある20歳代の大砲は相川ぐらいのものという致命的な欠点があるから、一軍経験もある大砲は塩崎真・水口栄二・平野恵一・後藤光尊と飽和状態の二遊間を一人出してまでも欲しいだろうと推測。香月も不調で行き場を失っているから、何が何でも死守する、という存在では無いから恐らくは成立するだろう。
そんな事を考え巡らせながらの理想である。

スポンサーサイト

  • 2007.04.08 Sunday
  • -
  • 01:52
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2006/10/10 5:47 PM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2006/11/15 11:05 AM