<< 次代の若鯉の話 〜30日 巨人vs広島 | main | 個人的には城所と明石に奮起して欲しい >>

スポンサーサイト

  • 2007.04.08 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


今オフの編成をシミュレーションする 〜中日ドラゴンズ

昨年の屈辱を背に、今季の優勝はもう秒読み段階に入っている。
それでも一軍の陣容を見ると、阪神に匹敵する危機的状況。おそらく今季も大幅な血の入れ替えが行われることだろう。
尚、落合博満監督がこのような選手の大幅入れ替えを行う理由としては、
 ー磴ても結果を出せなければクビを切られるのがプロ、と思っている
◆\犬抜き重視体質の一層により中日特有の持続力の無さを改善するため
 よく自分の事を叩く星野仙一に対する挑戦状
ぁー造話韻覆詁蛤杣圓砲覆蠅燭い世

といったことが考えられるが、,鉢△半々であると推測する。
その成果は今季の優勝により出つつあるので、後は日本一だけだ。


・現在のチーム状況

年齢構成だけを見ると阪神と同じく、野手=ベテラン重視・投手=バランスが取れている といった状態。ただ、渡辺博幸・高橋光信・英智・井上一樹・奈良原浩が適材適所で奮闘している点が、桧山・片岡が全く打てずにベンチが機能していない阪神とは大きく異なる。
クリーンアップの中心的存在に、29歳の福留孝介が控えているのもプラス要素。4番ウッズの将来は全く不透明なため、後5年は彼を中心として打線が組まれるだろう。そんな福留をサポートする存在の5番打者として森野将彦が成長を遂げているのも大きく、ファームにはまだ森岡良介・平田良介・春田剛が控えている。対照的に屈指の1・2番コンビ、荒木雅博・井端弘和が停滞気味なのが気がかりだが、今年から後釜を用意する腹積もりでも十分間に合うだろう。
一番の危機は36歳で成績も落ち込んでいる正捕手・谷繁元信。どんなに粘ってもあと3年ぐらいが耐用の限界だろうし、将来の正捕手にと獲得した前田章宏が伸びてないから、ここは重要な補強ポイント。
一方の投手。今季の顔ぶれには一切文句は無いが、選手寿命が不安定なポジションだから何があるのか解らない。落合もそれを理解しているからこそ毎年大胆なメンバーの入れ替えを敢行していると思うが、その反面川上憲伸の後釜を担うエース候補が現れず、寂しい気も…。それでもそんな中から佐藤充のような存在が飛び出すのだから、ファームの指導力は高い方か。

・戦力外選手

A=柳沢裕一 清水将海 立浪和義 川相昌弘 アレックス 樋口龍美 遠藤政隆 落合英二 金剛弘樹 ドミンゴ ガルバ 石川賢 小林正人
B=澤井道久 上田佳範 櫻井好実 川岸強 鳥谷部健一

毎年、大量に選手の入れ替えが行われている落合中日。今季もそうなるだろうから、そんな事も考えながら選択した。(赤字は既に解雇済みの選手)
立浪は「レギュラーで無くなったら、自分の選手生活はそれで終わり」と本人が言っていたのを丸呑みにしつつ入れた。川相は、奈良原の加入により行き場を失いつつあるのでコーチ専任となるだろう。今季の重点補強ポイントは捕手という噂もあるので30歳過ぎのキャッチャー2人、成績が停滞しており契約が切れるアレックス、経験豊富なリリーフだがほとんど出番の無い遠藤・落合は容易に想像でき、これまでの過程からしてまだ在籍年数少ないが樋口・金剛・石川・澤井も危うい。


・3年後の主力候補

阪神同様、野手に一軍で結果を残している若手が殆どいないため読みづらい陣容である。しかし落合主導のドラフト補強に切り替わっても、投手・野手をバランスよく獲得しており危機管理はきちんと行っている点が阪神とは大きく異なる。
それでも現在のレギュラー陣は3年後には全員30歳台になっているから気が抜けない。あえて井端よりも2歳若い荒木を予想から外したのは、井端と違いバッティングが淡白である故、新風を送り込むつもりで森岡を入れてみた。この森岡含め、厚い一軍層の中打席を経験した平田・新井良太が3年後の主力とならなければ苦しい。福留は3年後も安泰だろうが、森野の将来はちと読めないのでサードの用意は必要。その筆頭候補なはずの03年のドラフト1巡目・中川裕貴も順調な成長曲線を描いておらず、堂上剛裕もやや物足りない。むしろ彼の弟・直倫が獲得できれば用済みとなってしまう危険が大きい。
全く読めないのがレフト。ここでは長打力に加え俊足を兼ね備えた新井を挙げているが、むしろバッティングで内角の捌きが巧い春田の方がレギュラーに近い距離にいるかもしれない。W中村(中村公治・中村一生)のファームでの成績も侮れない。
投手はどうだろう。川上・岩瀬仁紀という先発・リリーフの大黒柱は34歳・35歳になっている。特に岩瀬はピッチングに勢いが失われつつあるので残っていないかもしれない。
その他のメンバーでは、半分育成目的で獲得した外国人・マルティネスは今のままだったら来年はともかく3年後は危うい。年齢構成を見ると、28歳になっている朝倉健太川上を押しのけてエースと呼ばれる様になっていればひとまず安泰なのだろうが…。仮にそうなれば、肩のスタミナに不安のある中里篤史をリリーフエースとして育成するのも面白いかも。
先発候補としては、吉見一起・佐藤亮太・長峰昌司といった面子が中心となり、今後ドラフトで獲得する投手とともに競争を煽っていきたいところ。チェンは緩急が使いづらいタイプであり、高江州拓哉は技巧派サイドスローなのでリリーフタイプとして見られる可能性大。齋藤信介高江州とは違ってストレートに勢いのあるサイドスローだが、ファームでの起用法から鈴木義広のようなリリーフとして育てられるのが妥当だろう。


  野手              投手
1 森岡   二      先 川上     リ  岩瀬
2 井端   遊         朝倉        平井
3 平田   右         佐藤充       高橋聡
4 福留   中         中田        鈴木
5 森野   三         中里        川井
6 外国人  一         吉見        高江州
7 新井   左
8 小山   捕


・重点補強ポイント

・将来の正捕手候補
・先発タイプの高校生左腕投手
・走塁能力が高い外野手
・二遊間を任せられる高校生内野手
・スラッガータイプの高校生内野手


これからの落合に注文をつけるとしたら、外国人野手への依存の高さを解消することを挙げたい。過去10年に渡り4番にはパウエル・ゴメス・アレックス・ウッズという外国人スラッガー(アレックスはメジャーではチャンスメーカーだったが)が居座り続けてきたが、それを改善してほしい。その理由は、近年の外国人スカウト能力が低下していると思うからだ。ほとんどの球団が「他球団の選手の解雇待ち」と化しており、とてもじゃないがこれからの優良外国人の流れは途切れそうであるどの球団も。
という事で、現在の野手に必要なのは福留とコンビを組めるだけの主軸候補。その観点で見ると昨年も平田・春田・新井を獲るなど良いドラフトだったが、彼らはまだ不透明故、競争心を煽る意味でももう少し数を増やしても良い。
正捕手である谷繁の後継者作りも必要。期待の前田がファームでも足踏みしており、そろそろ新たな芽を作るべき。尚、フロントは今年豊富な大学生捕手を狙っているらしい。
後は強豪球団故の弱点補強・将来性重視を目指す。過去2年間は即戦力重視のドラフトだったので、今年は高校生を多めにしてバランスを取りたい所。


・具体的なドラフト

スラッガーとして、既に中日球団も狙いを定めているのが堂上直(愛知)である。現在のポジションはショートで、若干の弱さがあるショート・スラッガーの同時補強としてまさにうってつけの人材なのだが、守備面で見るとショートで通用するかは不透明。強肩は目立つものの、際立っているのはそれだけ。それでもショートで育てるのか、それとも今江敏晃(ロッテ)・吉村裕基(横浜)のようにコンバートの道を歩むのか。その他の内野候補としては、走塁重視で選ぶなら井上将大(群馬)・森亮介(福井)、梶谷隆幸(島根)。守備力では謝敷正吾(大阪)・原田翔(福岡)といった候補が挙げられる。スラッガー候補としては、投手からのコンバートになるが磯部泰(東京)が育て甲斐がありそうだ。
フロントが視野に入れている大学生捕手。谷繁の後釜だけあって、強肩かつ長打力のある選手が候補になると思うが、それだと高森勇気(岐阜)平野和樹(京都)ら高校生の方に魅力を感じる。それでも大学生を選ぶなら、巧打力・守備が優れている清水誉(関西学院)を推したい。
左腕候補は、甲子園では散々だったが川角謙(神奈川)と、樋口裕史(埼玉)・池間裕也(沖縄)ぐらいか。
走力のある外野手としては、第一に大学生・前田将希(早稲田)を推したい。


・お薦めトレード

山井大介 ⇔ 巨人・川中基継
川井進  ⇔ オリックス・迎祐一郎


落合主導のトレードは、投手を放出して野手を獲得するという方針が徹底しているのが特徴。そんな点に即して思考してみた。
上記は立浪の引退・井上一樹の衰退で左打者が足りなくなると思い、また落合自身ベテランの操縦術に長けているという点を考えての理想。
下記は平田・新井が育ってくるまでの繋ぎ・煽りという部分を想定して理想を掲げてみた。

スポンサーサイト

  • 2007.04.08 Sunday
  • -
  • 12:59
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM